2006年07月21日

アニメ 涼宮ハルヒの憂鬱  Ask John

元ネタ Ask John 「What's John's Opinion of Suzumiya Haruhi?」

質問 : ”涼宮ハルヒの憂鬱”のジョンの評価は?

以前のコラムで、あなたは”涼宮ハルヒの憂鬱”が大ヒットしていると言及しました。そして、確かにアマゾンドットコムの日本サイトでは、そのエンディングテーマがCDシングル売上げ1位として登場しました。
TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」ED主題歌 ハレ晴レユカイ

しかしながら、あなたは「どれだけアニメ産業の創造力を高められる?」のコラムで、このアニメが市場に媚びたキャラクターで安っぽい仕掛けを利用していると述べていた。私が話した他のアニメファンの意見と似ています。
では一体何がこのアニメの成功に寄与したのでしょうか?


回答 ;

”涼宮ハルヒの憂鬱”のTVアニメシリーズは、日本で放映され始めてから3ヶ月で世界的なセンセーションと化した。このアニメへの関心の高まりは、秋葉原中の本屋で谷川流の原作小説が売る切れてしまう原因となった。キャッチーなエンディング曲のCDは、あっという間にベストセラー商品となり、エンディングアニメーションもストップモーション・ガンダム・アニメでパロディ化された。そして今、このアニメキャラクターを基にした、多数のファンにより描かれたパロディ同人誌が続出している。英語圏のアニメファンコミュニティでは、このアニメは熱い関心と崇拝の的だ。

このアニメへの私の個人的な反応は様々です。議論の余地も無くこのアニメは感動レベルのアニメーション品質と好ましいキャラクターを見せています。美術デザインと色彩は、明るくて魅力的です。オープニングとエンディングは共にずば抜けた作画で描かれ、視聴者を飽きさせない。エネルギッシュな雰囲気と多彩な登場人物は、このアニメを活き活きとさせ観る事を楽しくさせています。しかし、物語の中核の謎を維持する為に、視聴者には登場人物の思考や動機に対する洞察を極僅かしか与えられない。イルリバーシブル、モメント、パルプフィクションの様な時間軸を前後させる映画の物語の進展は、緊張を高めたり、知らせたい予備知識を視聴者に与えたりする為に、慎重に構成されています。ところが、このアニメではこれらの目的のどちらも達成されていません。登場人物達を紹介する前に、いきなり話の真ん中で視聴者が冗談を「得た」後に、新しい登場人物達を紹介する仕掛けは面白いのですが、シリーズが進んでいく内で、時間の流れを遡るエピソードは文字通り物語が後退している様に思えます。

一旦、登場人物の個性と相互関係が確立していれば、突然の時間の後退は単に気を散らされるだけではなく、明確な性格描写と相互関係から、表面的なモノに移るというのは、逆効果ではないかと感じます。序盤の出来事がシリーズ終盤で本当の意味を持つ様になるというのは、つかの間のひらめきを生みますが、混乱も生まれてしまいます。何故なら、このアニメは序盤の出来事が物語りの終盤で登場人物達と彼らの関係にどんな影響を及ばしたかについて説明できていないのです。支離滅裂なシナリオ構成の為、次々に明らかなになっていく物語の展開という感覚が欠如しています。それぞれのエピソードがカプセルに包まれている感じで、視聴者には登場人物達が進展していく感覚が決して得られない。私達は彼らが変わって行くのを見ていない。ただ、彼らが変わったのを見せられただけ。非常に劇的であるべき主要な出来事は孤立してしまい、結局無意味に感じられます。何故なら、それらが前後関係を無視して配置され、未来へのそれらの影響が決して説明されないのだから。視聴者に登場人物を紹介してから 登場人物達が重要な物事の本質が露呈する瞬間に遭遇している場面を表現して、登場人物達がどう反応し成長していくかを視聴者に見せてあげ、視聴者に登場人物達へ感情移入させてあげるのではなく、このアニメは物語の要素を視聴者へランダムに落としていくだけです。パズルのピースを組み立てる事は楽しいかもしれませんが、その過程ではどんな発見、共感、驚きといった感覚も排除されてしまいます。

さらに、涼宮ハルヒは小泉イツキの事を謎の転校生というステレオタイプに決め付けるが、そもそもこのアニメの全てのメインキャラクターは多かれ少なかれステレオタイプなのだ。ハルヒは私達がこれまで見てきた、フルメタの千鳥かなめ、るろ剣の神谷薫、あずまんが大王の滝野トモなどの、気が短く積極的なヒロインだ。キョンは日常アニメの典型的な受身の男性主人公。彼はトゥーハートの藤田ヒロユキ、ラムネの友坂ケンジに似ている。ユキはナデシコのルリ、エヴァの綾波、ハピレスの如月ニノマイ風味の内向的なロボ娘だ。朝比奈みくるは、藍より青しの水無月タエコ、まほろの安藤ミナワに良く似た、気が弱くて直ぐに恥ずかしがるドジっ娘だ。その登場人物達は面白くて愉快だが、目新しいものではない。

私はネタばれという危険を冒すつもりありませんが、シリーズ最終回が思いほのか常套的だったので、いささか期待はずれであり、いやむしろ、このアニメの主要テーマのひとつと矛盾すらしているのではと漠然と述べなければなりません。涼宮ハルヒが本当に望んでいたものが、実際には彼女が明確に欲しいと考えていたものでは無かったというのを知った時はちょっとガッカリしてしまいます。小泉がシリーズを通して予測している様な特定の驚異は不意に訪れたりしませんが、ハルヒの動機や欲望がシリーズを通してほんの僅かしか究明されないので、ラストの驚異は幾分ハルヒの柄に合ってない感じがします。

”涼宮ハルヒの憂鬱”がアニメのステレオタイプや出回っているパロディと同じくらい多くのお約束に依存しているにも関わらず、このアニメは上手くいっている。願望を満たしてくれるので、日本の視聴者はこのシリーズを楽しんだと私は聞いた。ハルヒやキョン、みくる、ユキ、イツキと共有する高校生活は、日本の視聴者が楽しみたかったと願う牧歌的で思いで深い青春時代なのだ。さらに、世界中の視聴者がハルヒと友達になりたいと願っていると私は想像できる、何故なら彼女は率直で外交的で、そのうえ現実ではお目にかかれないほど厚かましいのだから。キョンが気付くとしている不条理な状況への随時行う解説とハルヒの振る舞いは、エクセルサーガやマイアミガンズ、県立地球防衛軍、最終教師の様な喜劇アニメで長年使われていた手法への一種のパロディです。しかし、”涼宮ハルヒの憂鬱”では、視覚ネタよりはむしろ、対話によってそのパロディを伝えている。それは、それらをより明白に、一見画期的にしている。

”涼宮ハルヒの憂鬱”は、視聴者にウインクし何か珍しくて非凡な発見をした様な感じにさせる、エネルギッシュで鮮やかなアニメ番組です。
まさしく視聴者をSOS団の姿の見えない6人目のメンバーにしてしまう為、このアニメに巻き込まれもします。私は、このアニメが良くできていると思いますが、大傑作かどうかは個々の個人的趣向の問題です。登場人物に感情移入しているか共感したいと望む視聴者は、このアニメに容易に取り込まれていくでしょう。私の様な自分自身を登場人物に重ね合わせたりしない視聴者は、このアニメを客観的に観察しても楽しめますが、大傑作とはなりません。人気と品質は、必ずしも一致しないものです。 ”涼宮ハルヒの憂鬱”アニメシリーズの場合、その差は紙一重です。しかし、私は技術的に卓越した品質よりも、わずかに人気の方が高いと思うのです。私は”涼宮ハルヒの憂鬱”へのファンの反応は、アニメーションの技術的な特徴の批評よりも、視聴者がどう解釈をしてこのアニメを理解したかに基づいていると思います。そして、それはアニメに対する全く理にかなった反応です。

banner2.gif←援護クリックお願い

涼宮ハルヒの憂鬱 1 通常版
谷川流

おすすめ平均
stars売れる理由がわかりました
stars平野アンチの概要
stars食わず嫌いはもったいない作品
stars素人にも面白いかな?
starsライトノベルならいいのだけど・・・(ネタバレ?)

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by のぶ at 04:59 | 東京 ☀ | Comment(9) | TrackBack(0) | ANIME(アニメ)

はじめに

海外の人が日本や日本人についてどんな風に思っているのか?

これって何故か妙に気になりますよね。
特に自分の興味があるものについては尚更知りたくなります。
だから、インターネットで英文の記事や掲示板を探して読んでみることにしました。しかし、ブログタイトルで分かるように僕の英語は中学生レベルです。WEB翻訳や辞書を頼りに王様ロック並みの直訳で頑張ってますが、HP1ページ分の翻訳に1晩徹夜なんて当たり前ですぐに挫折しそうです。
そこでモチベーション維持の為にアフィリエイトを取り入れます。10円でも20円でも成果があれば何か努力が報われたような気がして涙がホロリです。だから、もしこのブログの記事を面白い、役に立った、もっと書けと思われる人がいたら是非利用してください。

翻訳もアフィリエイトもやるからには本気でやります。
自分がどれだけできるのか試してみたいから。何事もすぐには上達しないと思いますので最初は誤訳や超訳が絶えないでしょう、長い目で見守って下さい。やればできる子かもしれませんし、褒められて伸びるタイプかもしれませんから。なので、翻訳の訂正、ご意見、ご希望、お褒めの言葉などをコメントに寄せて頂けると感謝感激です。



<雑記保管庫>

07/02/28

突然ですが、管理人は花粉症です。
7年ぐらい前から鼻づまり、目のかゆみといった症状に悩まされてました。特に鼻づまりが酷くて、夜眠っていると鼻で息ができず口で息をせざるを得なくなり口の中がカラカラに乾いて目が覚めます。夜中に何度も何度も。お陰で慢性的な寝不足になり仕事にも影響が出まくってました。



この薬がなければ、眠ることすらできなかったですよ。

ところが、去年から鼻づまりの症状が劇的に改善されて、薬に頼らなくても眠れる様になりました。何が原因で体質が改善されたのかと考えていたら、ふとアレかなと思い当たりました。

それは、一昨年の秋頃から飲み始めたカテキン茶です。


最初は、別に花粉症対策で呑み始めた訳じゃないです。単に緑茶を瓶詰めにしたデザインに惹かれて買っただけでした。カテキンも単に体に良さそうだというイメージだけで選びました。それが結果的には満塁ホームラン級の大当たり。本当にラッキーでした。

実は、以前に登頂烏龍茶が花粉症に効くと聞いて試した事があったんですがサッパリでした。それでお茶なんかで直る訳ないよなとガックリした経験があったりします。だから尚更タナボタ感が強くて喜びもひとしおです。

念のためネットでカテキンと花粉症を調べてみると、効果があると言うサイトがいくつか見つかってやはりカテキンが効いたのかと改めて実感しました。もちろん、個人の体質によるものなんでしょう。管理人には効かなかったけど、登頂烏龍茶が効いた人もいるかもしれませんしね。

ダイエーなどの大手スーパーかちょっと大きめの店に行けばカテキン茶が置いてありますから、何やっても花粉症が直らないという方は一度試してみては如何ですか。


07/06/13

ローランド・ケルツを憶えていますか?

以前にこのブログで記事にした、アメリカ人と日本人のハーフで幼少は東北で育ち、現在はフリーライター
にして東大の非常勤講師をも勤めるアニオタです。

詳細はこちらで→正に「ロスト・イン・トランスレーション」 Japan Times記事 

この記事でケルツがアメリカでアニメ関連の本を出した事を紹介しました。
Japanamerica: How Japanese Pop Culture Has Invaded the U.S.
Japanamerica: How Japanese Pop Culture Has Invaded the U.S.


更にこの本が近いうちに日本語に訳されランダムハウス講談社より出版予定であることも
伝えていました。そしてその日本語版「ジャパナメリカ 日本発ポップカルチャー革命」が
ついに発売されましたので、宣伝させて頂きます。

ジャパナメリカ 日本発ポップカルチャー革命
ジャパナメリカ 日本発ポップカルチャー革命


表紙はかなり日本人向けに変更されてますね。
アメリカでもこっちの表紙の方が売れたんじゃないかな。
内容はまだ読んでないので全く知りませんが、ほぼ完璧な日本語を操るケルツ氏ですから
日本語も解らないのに英語に翻訳・改変されたアニメを観てアニメ評論本を書いている他の
外人作家よりはマシな意見を聞けるんじゃないかと思います。

amazonの商品説明は以下の通りなので参考にして下さい。

商品の説明

内容紹介
『ガッチャマン』『ポケモン』『トトロ』から
『ハル・ムラカミ』まで―――
日本のポップ・カルチャーはクールだ!
なぜ、今、マンガとアニメが
アメリカで受けるのか?
浮世絵、禅に続く、日本文化偏愛の「第三の波」を、
日米の最前線からリポート!

現在アメリカ人の興味をそそっているのは、
日本のポップ・カルチャーの生みの親でるクリエイターたちの奇抜さであり、
奇妙なイカレ具合であり、
何ものも恐れずに自由を主張する姿勢であると同時に、
文化を消費する日本人たちの想像を絶する貪欲さである。
アメリカ人は、いずれ書道や大相撲にも魅力を感じるようになるかも
しれないが、今、最先端を行っているのはアニメとマンガである。

(本書「まえがき」より)

著者について
ローランド・ケルツ
アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれ、アメリカと日本で育つ。
主にニューヨークでライターやエディターとして活動。
記事は「ヴィレッジ・ヴォイス」や「プレイボーイ」
「ニューズデー」等に掲載された。
2006年に創刊されたアメリカの文芸誌「Public Space」では、
副編集長として、日本文学特集を担当した。
小説も手がけ、短篇が「ゾエトロープ」に掲載された。
現在、東京大学大学院(英米文学)の講師として東京に滞在中。

うん、かなり面白そうなのは間違いない。
買っちゃおうかな・・・・・ブログのネタにもなるし・・・・・。

迷うなあ・・・・・誰か既に読んだ人いたら感想お願いします!

あと、最近やっと読破して中々興味深い内容で楽しめたので
これも紹介しときます。
萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか
萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか


今やアメリカのMANGA出版社で1人勝ち状態になりつつある、VIZの創設メンバーである
堀淵 清治氏が、アメリカでの漫画出版における艱難辛苦を当時を振り返りながら語って
います。ご存知の様にVIZは小学館と集英社の共同出資による日本の会社です。
だから自分はてっきりこの堀淵 清治氏も小学館か集英社の人だと思っていたんですが、さにあらず。
VIZを立ち上げる前は、アメリカに住んでるただの漫画好きなヒッピーだったようです。
VIZの立ち上げ直後はアメコミの会社エクリプスと組んでその販路を活用するも、アメコミの流通経路や
販売方法に限界を感じ、尚且つVIZ単独での漫画出版の野望の為にエクリプスと袂を分かつ。
その時の葛藤や苦労、その後のもう駄目かいう苦境にある女性漫画家の作品に救われたりと
VIZの成長物語がとても楽しく読める。

アメリカにおける漫画黎明期をその直中にいた生き証人とも言うべき人の回顧録。

興味がある方は是非。


posted by のぶ at 04:30 | 東京 ☀ | Comment(12) | TrackBack(0) | はじめに
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。