2006年07月22日

小説 海辺のカフカ

元ネタ washingtonpost.com 書評

KAFKA ON THE SHORE
海辺のカフカ

もし日本で奇妙な事が起こっているとしたら、きっとそれは村上春樹の新しい小説に違いない。アメリカのお気に入りの日本人小説家が匿名で出版したとしても、彼のファンは即座に彼の作品だと見分けるだろう。そして、まだ彼のファンではない初めての読者にとって海辺のカフカは、何故彼がここアメリカと彼の故国日本で共に正当に有名なのかという事の優れた証明です。
村上春樹は、読む事が本当に楽しい神秘的、哲学的でポストモダンなフィクションを創作します。彼は、よりシリアスなトム・ロビンスであり、それほど難解ではないトーマス・ピンチョンだ。

それらの二人の様に、彼は高い文化とそうでない文化を(特に我々のものを)ミックスします。彼の小説の内の2冊は西洋のポップソングの名前から名づけられているし(ダンス・ダンス・ダンス、ノルウェイの森)、彼の小説の登場人物達は、黒澤のものよりトリュフォーの映画をよく観ていそうだ。
この新しい小説で登場人物達は時折、源氏物語や夏目漱石の小説について議論するかもしれませんが、彼らに影響を与えているのは、プラトンやソフォクレース、そしてタイトルが示す通りフランツ・カフカです。

この小説を馬鹿にすることは簡単そうです。しゃべる猫、突然の魚とヒルの豪雨、高松の裏通りでポン引きをしているカーネルサンダーズの姿をした幽霊、ジョニーウォーカーウィスキーの肖像の仮装をして魔笛の為に猫の魂を集めている登場人物、アンリ・ベルグソンとヘーゲルを引用する豪華な売春婦、そして、別次元への「入り口の石」。
この小説を重苦しくさせるのも同様に簡単です。ギリシアの悲劇に関する多くの議論、性の起源についてのプラトンの神話、宿命、いろいろな形而上学的システム、音楽学、象徴性と比喩の性質、ブッダと道の教えと第二次世界大戦の間に行われる残虐行為の容赦の無い記憶。
まさに素晴らしい事は、それらのバラバラな材料から知的で意味深いのに「インディ・ジョーンズの映画か何かのようだ」と感じる1冊の小説を村上が作り上げ事だ。

例えば。
この小説は、章ごとで交互に語られる2つの平行した物語から成ります。

物語の1つは、田村”カフカ”という名の明るいが不幸な15歳の少年を主役にしています。---彼は名前の一部を借用した。彼が自分の作り話が好きだからだが、”カフカ”はチェコ語で”カラス”という意味でもあるからだ。---彼は、父を殺し母と寝てしまうというエディプスさながらの不吉な予感に囚われ、家から逃げ出す。(母は4歳の時に彼を捨てた、そしてそれ以来、彼は母もしくは姉とは一度もあっていない。)彼は東京を離れ南の島四国へ向かう。そして、多くの時間を彼の母となるのに十分な年齢の優雅で神秘的な女性サエキと、”性別のハッキリしない血友病患者”で21歳の大島が運営する私設図書館で過ごす。それらの二人は共に、この逃亡者(カフカ)が自分自身を見つけ出し、彼の暗い運命を受け入れるのを助けていく役割を果たします。

もう1つの物語は、子供の頃、第二次世界大戦の間に記憶を消され、知的成長を妨げられるという不可解な体験を受けた、中田サトルという名の知能の遅れた文盲の60台の男を取り扱っている。その損傷の代償としてか、彼は猫と交信したり天気をコントロールする能力を持っている。(彼こそが、アノ奇妙な豪雨の責任者だ。)彼は猫の魂コレクターと深くかかわりあってしまい、止むを得ず東京から逃げ出す行動を起こす。
彼はホシノという(この老人を助けると承諾した)トラック運転手と仲間になる。
---アロハシャツとレイバンと中日の野球帽を愛用する普通の男だ---
中田が開閉しなければならない「入り口の石」を求めるという一種の難解な冒険の為に、彼らもまた四国へ向かった。他の登場人物が言う様に、(これはとても気取った文章だ、しばしばそれ自体を批評している)それは、「フィルムノワールSF映画を」。

ある面で、この小説は15歳の少年が大人の世界へ入って行く際の通過儀礼の話だが、より大きな面でそれは、私達ひとりひとりが自己の完成の為、魂の仲間を探し求める(”シンポジウム”で声に出して大島がカフカと読者に説明したように)プラトンの概念上での瞑想の話だ。

ホシノは中田の中に魂の仲間を見つける。それは、仏陀の愚かでも熱心な弟子の事を彼に思い出させますが、最愛の祖父の代わりも果たします。

カフカはサエキさんの中に魂の仲間を見つける。それは、現在の彼女と彼女がかつてそうだった15歳の女の子としてカフカの夢の中へ共に現れます。そして、カフカと中田は決して出会わないけれども、彼らの平行した行動は霊的な次元で互いを補います。

このテーマとエディプス神話に関する村上の解釈は、大胆に独創的で否応なしに面白く読めるものです。フィリップ・ガブリエルの素晴らしく流暢な翻訳がそれを可能にしています。
海辺のカフカは、心から推奨します。
あなたの猫に読んであげて下さい。

Reviewed by Steven Moore
Sunday, January 30, 2005; Page BW06

posted by のぶ at 01:04 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | Novel/Books(小説・本)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。