2006年08月27日

ANIMEの定義 海外アニメサイト質疑応答

元ネタ ANN Hey, Answerman! Aug 25 2006

本題に入る前に、管理人の泣き言を少し・・・

カウンターが死にました。合掌。
死因は分りません、僕が何か悪い事したんでしょうか?
とりあえず緊急で代わりのカウンターを用意しましたが、何かドット疲れました。

それと、もうお気付きでしょうが、ランキング応援のお願いをTOPに表示させています。そこにも書いてある通り、僕が面白いと感じているものが、みなさんも面白いと感じるかどうかは、僕には分りません。だからこれまではランキング応援で訪問者の反応を計ろうとしていました。しかし、あまりにも応援して下さる方が少ないのです。英語ブログと書かれたアイコンのブログ村ランキングで例を挙げると、25日の訪問者(ユニーク数)720人に対しランキング応援してくれた方は・・・・・・3人

つまり応援したくなるほど面白いと感じた人は、240人で1人・・・・・・。
我輩は自信を無くしたでありますよ、ゲロゲーロ。
・・・やっぱり僕の面白センサーは、普通の人とは別の方向に向いてるのかも。
それを確かめる為にも、面白いと感じた方はどれか1つ、凄く面白いと感じた方は2つ、もっと書いてよと思った方は3つ全部クリックして下さい、本当にお願いします。それで結果が悪いようなら、ブログを何か他のテーマに方向転換しようと思います。そんな訳ですので、是非ご協力のほどお願いします。

はいっ、泣き言終了。
本題に戻ります。今回は、『 ANIME 』という言葉の定義についてです。
ほとんどの日本人にとって、アニメという言葉は単に外来語のアニメーション(animation)を短くして呼びやすくしただけであり、意味は実写ではないアニメーション作品全てを指しています。

ところが、海外(特にアメリカ?)のANIMEファンにとってこの言葉は、特別な意味を持っています。彼らにとって日本人の使うアニメと同意語なのは、カートゥーンであり、しかもそれは絶対的に子供向けで大人が観ていると言うと馬鹿にされる風潮があるようです。だから海外のアニメファンは、昔からことさら自分の趣味はANIMEでありカートゥーンではないと、違いの分らない一般人に主張するのです。そして近年、その海外でもANIME人気が上昇してサブカルとして定着し、メインストリームに迫ろうかという隆盛を見せ始めると、今度はアニメにインスパイアされたアニメーション作品が海外でも製作されるようになって来ました。それらの作品は明らかに日本のアニメの特徴(大きな目やスタイリッシュなデザイン、子供向けではない複雑なストーリー)を模倣しており、それまでのカートゥーンとは一線を画していました。

そして1つの問題が生まれました。
「それらの作品を何と呼ぶのか?」という議論です。

製作サイドとしては商業的にも心情的にもANIMEと呼ばれたいでしょうし、多くのアニメファンにすればそれはあくまでANIMEの模倣をしただけの偽者なのです。この議論はこれまでに散々繰り返されて、日本人により製作されたものだけがANIMEと呼ぶに値するというのが、現状では定説になっています。

しかし、日本のアニメの外国人スタッフの多用問題と、海外にはアニメが好きなあまり自分もいつかアニメを作りたいと思う人が少なくなく、その人達は日本人ではない自分が作るものはANIMEと呼んで貰えないのかという悩みを抱えていて、未だにこの議論は尽きずにいるようです。同じ事がMANGAにも言えるのですが、それはまたいずれ。

そして、今また同じ疑問を持った外国人が大手アニメサイトANNに質問し、スタッフがそれに答えるという記事がUPされていたので紹介させて頂きます。短い上にこれまでの定説どおりの回答ですが、この議論が今でもやっぱり続いているんだと変な感心をしてしまったので取上げてみました。

Definition of "anime"
アニメの定義


-- 質問 --
僕はこの事があらゆる場所で言われているのを重々承知してます。しかし、何度も何度も同じ事を聞かされて、絶えずイライラさせられているかもしれませんが、僕にもそうさせて下さい。
「あなたの『 ANIME 』の定義を教えて下さい、お願いします。」

-- 回答 --
ご存知の通り、私はこの質問が大好きではあるが、同時に憎んでもいる。

何故この問題の論議が起こるのか、私にはもう理解さえできないよ、ぶっちゃけるとね。
アメリカでは、『 anime 』という言葉の意味は『 日本のアニメーション 』の事だ。
日本では、この用語は全てのアニメーションの事を指している。
基本的に、ただそれだけの事なんだよ。
アメリカではこの言葉の意味は少し違っているんだ。
仮にアニメの視覚的特徴を帯びていたとしても、アメリカ人によって書かれて、韓国か何処かでアニメーションが製作されていれば、それは『 アニメスタイル 』なんだ。
故に、『 Avatar: The Last Airbende 』は、『 アニメスタイル 』。
『 Ghost in the Shell(攻殻機動隊) 』は、アニメ。簡単だろ。

Animeの意味を、未だに『 全てのアニメーション 』とする ”べき ”だと論議している人達は、言語の多くのロジックとルールを無視している。
我々は日本に住んではいないので、この言葉は違う意味になるんだ。
これで本当に議論は終わりだ、それともまだ他に言いたい事があるのかい?

日本のアニメ全史―世界を制した日本アニメの奇跡
山口 康男

おすすめ平均
starsアニメ研究の基本書
stars可もなく不可もなく
stars日本アニメの教科書!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by のぶ at 08:10 | 東京 ☀ | Comment(16) | TrackBack(0) | ANIME(アニメ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。