2006年10月27日

中村の価値が分らない人はサッカーを観るべきではない byストラカン EveningTimes記事

元ネタ EveningTimes online 24/10/06 

またまた俊輔の記事です。
何か止まらないですよ。でも仕方ないんです、現地記事を読んでて今1番楽しいのは中村俊輔の記事なんですから。

この元記事、タイトルだけ見るとテルファーを褒める記事の筈なんですが、記事の途中で俊輔大好きのストラカン監督のコメントが出てくると、もう駄目です。最初はテルファー擁護の発言をしてるのですが、いつのまにか俊輔賛辞の発言に切り替わっています。本当この監督は面白過ぎです。

これではあまりにもテルファーが可哀相なので、僕が彼についての意見を言っておきます。まず昨シーズンのテルファーですが、はっきり言ってお荷物でした。彼はストラカンが監督就任時に連れて来た選手で、実力は平均かそれ以下でした。しかし、ストラカンは彼を使い続ける事に固執しそれが分っているテルファーはチームの為に自分を犠牲にする様なプレーは全くしませんでした。だって彼には試合で良いプレーをしてスタメンを確保する必要がないのだから。彼はDFですが昨シーズン貰ったイエローカードが1枚だけです。その1枚も相手選手との口喧嘩が原因で、敵をイエロー覚悟の危険なタックルで止めて貰った警告は一度も無いのです。こんな選手、特にDFは他にいないと思います。守備をしないと批判される俊輔ですらタックルでイエローを貰ってますからね。

そして今シーズン、ネイラーという左サイドバックを獲得して以来、右サイドバックにテルファーではなくウィルソンが入り、彼はスタメン落ちしました。セルサポからも以前から彼のプレーには批判が多かったのでこれでテルファーも終わりかと思われましたが、ウィルソンが怪我をしてまた彼に出番が回ってきました。マンU戦でテルファーが途中出場CLデビューするのを観た時、何の冗談なんだと思った方も多かった筈です。実際、その試合の彼は酷かったですしね。ところが、その後の国内リーグ戦では昨シーズンとは全く違うテルファーがピッチにいました。敵をタックルで止め、味方のカバーリングに走り、敵にパスするのを止めました。そして昨シーズンの唯一の褒め所の俊輔とのコンビネーションも健在でした。これには管理人もビックリです。

しかし、勘違いしないで下さい。僕は今のテルファーを賞賛しているのではありません。彼はセルティックのディフェンダーとしてやるべき事を及第点レベルでやっているだけなのですから。これで賞賛していたら、他の選手も毎試合絶賛しなければいけなくなります。でも、今のテルファーなら俊輔の相方として王者セルティックの右サイドバックとして許せるかなと勝手に考えています。

Unsung hero Telfer deserves applause not chorus of boos
陰のヒーロー、テルファーにはブーイングの合唱ではなく拍手喝さいが相応しい。

by Alison McConnell 24/10/06

伝統あるセルティック・サポーターを幸せにし続けるのは、気高くも移ろいやすい仕事です。そしてゴードン・ストラカンがその仕事を本当に味わう機会を得ぬ間に、先週は終始笑顔のままという結果に見えた。

3つの勝利、リーグ首位、そして多くの賞賛。

その一方で多くの人が気付いた様に、セルティックサポーターの前でプレーするということは、厳しいプレッシャーと終わりの無い監視を与えられるとういことです。そして、ポール・テルファーはカップ戦決勝の宿敵レンジャーズ戦でハットトリック決めたとしても、彼の応援歌を十分に聞くことはできないのかもしれない。

このディフェンダーはオールド・トラフォード<マンチェスター・ユナイテッドのホームグランド>でマーク・ウィルソンが足を負傷して以来、セルティックのスターティクング・イレブンに戻ってきており、ストラカンはこの選手がパークヘッドではある種の身代わりとして叩かれていて、その貢献度に値する認知を得ていないと考えています。

テルファーは火曜の夜のベンフィカ戦で良いプレーをしましたし、その週末の試合でも彼のオーバーラップは中村俊輔と完璧に合っていました。

「ポールの周囲で起こっていることには、人々が彼を槍玉にあげる誰かに選らんでいる状況から開放してくれるまでは様子をみるつもりだ。何故なら、彼らはいつでも誰か1人を叩かずにはいられないんだから。」ストラカンは言った。「でも彼は先週、我々の為に素晴らしい働きをしたし、マザウェル戦では我々のベストプレイヤーだった。」

「彼はボールをキープして、良いパスを出していた。彼は良い雰囲気でプレーしていて、いくつかの素晴らしいクロスをあげていたし、私達が彼にそこで敵のパスを奪う必要があると感じた時、彼はそこにいた。」

「私に関する限りでは彼はただの犠牲者なんだ。だって私が彼をいくつかのクラブへずっと一緒に連れて行ってたんだから。それだけのことだよ。」

「ナカとテルファーはマザウェル戦で、実際に勝つ為の原動力を私達に与えてくれていた。左サイドからは上手く攻める事ができていなかったからな。少しプレッシャーをかけられてもいたが、彼らは上手くやっていたと思う。」

中村も、またいつもの様にストラカンの賛辞の受取人だ。そしてそのセルティックのボスは、この日本人ミッドフィルダーの才能を正等に評価できない者はお金を払ってサッカーの試合を観るべきではないと確信している。

「もし中村を過小評価する人がいるのなら、それは本当に問題だよ。そんな人はサッカーを観に行くべきではないと私は思う。」ストラカンは言った。「彼はボールを操ることに関しては天才だ。彼には他の誰にも思いつかないパスコースが見えている、そしてそこへパスを出す事が出来るんだ。」

「私は彼の様な選手をあまり見たことが無いといつも言ってるだろ。彼の展開力とボールタッチはファンタスティックだよ」

「もし中村の出る試合で私が心配する事があるとしたら、それは我達が彼に頼り過ぎてるかもしれないということだな。我達は他の選手にもゴールの演出をして欲しいと感じている、だが努力してそうなるだろう。」

セルティックが確立した8ポイント差を付けてのSPL首位という成績が彼らのパフォーマンスを如実に物語っているのですが、実は更に昨シーズンのこの時点よりも2ポイント上乗せしている。

12ヶ月前ハーツはリーグ首位に立っており、まだ一度も負けていなかったが、彼らはその成績を持続させる事ができませんでした。

ポール・ルグエンの監督就任はレンジャーズに弾みをつけると期待されていました。そして逆にストラカンのチームは概して見限られていました。偉大なセルティックの監督は平然としていましたが。

「私は様々な意見に我慢しなければならないし、その事については問題ない。」彼は言った。「昨年、私がこの仕事に就くのはあり得ない事だったのに、私達は差をつけてリーグ優勝をした。昨シーズン、多くの人が色んな意見を言っていたが、私は聞き入れなかったしその事に不満も言わなかった。」

「私はただやるべき事をやっただけ。そしてそれを私達は再びやっているんだ。」

banner2.gif←俊輔ファンの方は応援をお願いします


中村俊輔 スコットランドからの喝采
中村俊輔 スコットランドからの喝采東本 貢司

おすすめ平均
stars俊輔のいたスコットランド
stars非常に勉強になる
stars日本人向けではないです。。。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by のぶ at 16:36 | Comment(8) | TrackBack(0) | Persons(注目の人物)

2006年10月26日

僕にはもっと得点が必要 by中村俊輔 EveningTimes記事

元ネタ EveningTimes online 23/10/06

また俊輔の記事です。
前回記事のランキング応援は少なかったんですが、こりずにまた書いちゃいました。
そうしてしまうほど、今の中村俊輔には魅力を感じています。

CELTIC01.jpg
↑クリックでセルティック日本語公式サイトに飛びます。

昨シーズン、俊輔はストラカン監督の掲げるパスサッカーをセルティックに浸透させチームの優勝にも貢献しました。しかし、アウェーなどで敵のプレッシャーが厳しい時には上手くパスが回らず攻撃の組み立てもままならないなんて事もありました。それを踏まえて試合が膠着した状態の時、自分ひとりで打開できるドリブルやシュートを俊輔は今シーズンの課題にを挙げていました。

そして正に今、その努力が実を結び始めたと管理人は感じています。
最近の俊輔はほとんど全ての得点へ絡んでいますし、攻撃の組み立ても完全に俊輔中心になっています。新加入選手のヤロシクやネイラー、グラベセン、ミラーも実力を認めて素直に俊輔にボールを渡す様になりました。コンビネーションがイマイチだったウィルソンとたまに暴走するグラベセンがいない今、俊輔は伸び伸びとプレーしている様に見えます。

そんな絶好調とも言えそうな俊輔が、現地記者に更に頼もしい事を言ってくれていたので取り上げてみました。もっと得点取るぞ宣言も嬉しいんですが、ストラカン監督との蜜月も続いている様で安心しました。この二人は相思相愛の上、利害関係も一致しているので、俊輔にとっては最高の監督だと思います。

俊輔を象徴としたストラカン政権下のセルティックは今、史上初めてのCL決勝トーナメント出場という歴史を刻もうとしています。そしてもしかしたら、俊輔がセルティックの伝説になろうとしているのかもしれません。それを見届ける為にもこれからもワクワクしながらセルティック観戦を続けていきます。

I need to score more, says Naka
僕にはもっと得点が必要、と中村は言う

by Alison McConnell
SHUNSUKE NAKAMURA today thanked Gordon Strachan for the faith he has shown in him.
中村俊輔は今日、ゴードン・ストラカンが示す彼への信頼に感謝した。

セルティックを8ポイント差の首位に押し上げた土曜日の2-1で勝利したマザウェル戦において、この日本人ミッドフィルダーは2点ともゴールのおぜん立てをしました。

チャンピオンズリーグ、ベンフィカ戦での果敢なプレーに加えて、先週のダンディーユナイテッド戦におけるハットトリックの達成。それは中村にとって実りの多い期間でした。

ストラカンはこのプレイメーカーに対する賞賛を隠そうとしません。そして中村は(この夏の延長契約にサインをした)その賛辞に報いたくてたまらないのだ。

「監督は僕にああしろこうしろとか多くは言わないんだ。」中村は言った。
「彼は僕のする事に2,3意見を言うだけなんだ。僕を信じてくれる監督につけるというのは嬉しいよね。」

マザウェル戦では、中村はゴールスコアラーからゴールクリエイター(彼の試合での重要な要素)に変わっていた。しかし、彼はもっと自ら得点しなければならないと考えている。

中村のセットプレーでの優れた能力は評判になっている。もしタナダイス<ダンディーUのホームスタジアム>で何か驚くことがあったとしたら、それは彼の3つのゴールが流れの中のプレーから生まれたということだろう。

だが、流れの中からのゴールの味を知った中村は、それをもっと味わっていたいと思っている。

「良いパスを出すのが好きだし、チームのストライカー達に良いパスを出すのはいつも僕の喜びだよ。」彼は言った。「それが僕の長所だと思う。だけど、僕はもっと自分で得点する必要があるとも感じてるんだ。」

「監督が言ったように、僕達はダンディU戦とCLのベンフィカ戦で良いパフォーマンスを見せた。でも、もしマザウェル戦で僕達が下手なプレーをしてたとしたら、意味が無くなってしまうんだよね。僕達は上手くやれるって事をマザウェル戦で確認しなければならなかったんだから。」
(中略)
セルティックのチームメートの何人かが、祖国の代表戦に駆り出されていた時、中村には一週間の休暇があった。しかし、この選手は彼の国の代表試合に関わっていないにもかかわらず、非常に疲れる里帰りの旅に出ていた事を明らかにした。

「まとまった休みがあったから、2-3日日本に帰ってたんだ。とにかく、家族に会いたかったんだよね。」

他のチームメートと同様に、中村は次の日曜日のラグビーパーク<キルマーノックのホームグランド>への遠征に備えている。そしてこのミッドフィルダーはキリー戦では素晴らしい記録を残している、これまでの対戦で1試合を除き全て得点しているのだ。

セルティックはパークヘッド<セルのホームグランド>での開幕戦でジム・ジェフリー<キルマーノックの監督>のチームを叩きのめした。しかし、中村はキリー戦ではいつも彼に幸運が訪れるという見方には否定的だ。

「得点することはいつも嬉しいことだし、あなたが僕がキリー戦で良い記録を残してるというのなら、それはたぶんそうなんでしょう。でも僕は今、そういうことは考えてないです。」

「できれば僕達はまた良い結果を出して、今僕達がいる順位を維持したいね。」

banner2.gif俊輔ファンの方は応援お願いします


夢をかなえるサッカーノート
夢をかなえるサッカーノート
おすすめ平均
stars小学校高学年になったら
stars付属特典は単品でも売れるはず!本は”量より質”で勝負!!
stars努力の賜物
starsノートを「予習」に使う発想。
stars期待どおり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by のぶ at 00:54 | Comment(4) | TrackBack(0) | Persons(注目の人物)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。