2007年02月02日

日本の小説が韓国人読者のハートを鷲掴み ブルネイ・タイムズ

元ネタ The Brunei Times

以前、このブログで村上春樹氏の「海辺のカフカ」海外書評
記事にしましたが、村上氏の作品が世界中で楽しまれているのは
みなさんも良くご存知だと思います。

そして最近は村上氏だけでなく本当に色んな日本人作家の小説が、
翻訳されて海外で販売されるようになりましたよね。
島田荘司氏の「占星術殺人事件」をアメリカのamazonで見かけた時は
うっすらと感慨に耽ってしまいました。
学生の時に読んでかなり衝撃を受けたあのトリックを
海外の人達がどう感じるのか興味がありましたが、
購入者のリビューが載っていなかったので解りませんでした。残念。

島田荘司JPN.jpg島田荘司Eng.jpg

こういった日本の小説の海外進出は迷惑な隣人の韓国にも及んでいるようです。
事あるごとに反日感情を爆発させている彼らが日本人作家の作品を書店で買うという事実を「ツンデレ」の一言で片付けるの簡単ですが、そこには韓国の大衆文化が抱える根本的な問題があるように感じました。それをココでハッキリ指摘すると何やら不味い気がするので控えますが・・・・・。

今回の元ネタはブルネイという一般の日本人には馴染みの薄い国のものですが、The Korea Heraldの韓国人記者が書いたものを転載しているだけです。
他にもマレーシアのウェブニュースサイトで転載されているのを見かけました。
韓国人記者が書いたにしては公正でバランスが取れてますが、
チラチラと愛国心や日本に負けている苛立ちが透けて見えます。
まあそれは彼らの仕様だから仕方ないですね。

Japanese writers appealing to Koreans' literary taste
韓国人の文学的な趣味に訴えている日本の作家


韓国の出版業界は、ますます増えつつある翻訳された日本の小説を原動力とした“ジャパン・ウェーブ”に対処する事と、同時にその事態を受け入れる事に苦悩している。それはアジア地域における韓国のポップカルチャー・ブームの欠点を示唆しているのだ。

韓国のポップミュージック、ドラマ、映画は国内外で楽しまれ続けているのに、国内の小説家達は悪戦苦闘しており日本や他のアジア各国へ作品を輸出できないでいる。

対照的に、韓国の出版社はここ数年で急増している日本の小説を楽しんでいる韓国人の読者に応えるべく、主要な日本の小説の翻訳権を獲得する為に奔走中だ。

韓国書店協会連盟は、先週の国内ベストセラー・ブックス・ランキングの誰もが望むトップ10枠を3冊の日本の小説が占有したと発表した。

2006年全体で見ると、僅か6冊の韓国の小説だけがトップ20リストに入り、日本の小説に苦戦しながらその内の5冊がランキングリスト入りした。

教保文庫(これは国内最大の書店になる)は最近、過去4年間のベストセラー作品ランキングのデータを公表した。それには急速なペースで増加している日本の小説の影響が、韓国の小説の地位に深刻な驚異をもたらしている事を示していた。

去年を例に取ると、31作品の日本の小説がトップ100リストに入り、韓国の作家達の23作品を上回っていた。

そういった傾向は2〜3年前から始まり、その後韓国での日本の小説の普及拡大は加速している。国内の出版社は、村上春樹の様な有名な作家だけでなくあまり知られていない著者のものまで翻訳した小説を絶え間なく過度に出版しているようだ。

そして特徴的な変化は、文学嗜好のある韓国人読者にうけている日本人作家の幅の広がりだ。

以前は村上や吉本ばなな、江国香織といったえり抜きの作家だけが、ここで熱狂的な支持を得ていた。だが今は、奥田英雄や恩田陸、吉田修一、そして日本の若手グループ作家までもが韓国の読者と出版社から注目を集めている。

この根底にある問題は、どうして韓国は日本の小説に捕らわれているのかだ。

批評家は日本のゲームやコミックブック、音楽に慣れ親しんでいる韓国人の20代と30代の増加を指摘する。今日の韓国の若者は、文化的な製品に対しいかなる愛国心に基づいた意欲も見せようとしないので、本当の文学的な娯楽を与えてくれる小説なら何でも手にする傾向があるのだ。
たとえそれが日本や中国のものだとしても。

もう1つの理由は、日本人作家達がその作品で見せる独自性や創造性、そして想像力の及ぶ範囲だろう。それらのクオリティの高さが世界中からファンを獲得している。

それと同時に、韓国のヒット小説の欠落も国内の出版情勢における日本の小説の急速な増加の要因だ。

韓国の主流作家達は、さまざまな興味を持ち、世界文学へ心を開いているポストモダンな韓国人読者に追いつけないと語っっている。

今日の読者にとっても、朝鮮戦争のような伝統的な出来事(北朝鮮との再統一とイデオロギーの衝突など)はどうでもいいのだろう。なのに、多くの韓国人作家は未だにそういった内容の時代遅れの本を濫造しているか、創造力に欠ける個人的な家族歴(このテーマはもう国内の読者の関心を失った)に頼る傾向があるようだ。

とりわけ、韓国の読者が気楽な日本の小説だけでなく本格的な文芸作品まで読んでいるという事は、日本の小説が韓国の出版市場において主要トレンドとして定着している事を示唆している。
(By Yang Sung-jin, The Korea Herald/ANN)

banner2.gif



韓国が世界に誇る ノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録
韓国が世界に誇る ノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録坂 眞


おすすめ平均 star
star笑える韓国人だが、大統領になってしまうとは笑えない
starやばすぎるノムヒョン
star出版が早すぎたようで。。。。
star日本を仮想敵国視していた韓国大統領
star凄いねこれ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ラブやん 7 (7)
ラブやん 7 (7)田丸 浩史


おすすめ平均 star
star5,6巻読んで終わったと思ったら
star終焉近し
starあの・・
star『ママは小学四年生』ッ!!
starいつもどうり

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

To LOVEる-とらぶる 2 (2)
とらぶる 2巻.jpg矢吹 健太朗 長谷見 紗貴

集英社 2007-02-02
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
To LOVEる-とらぶる 1 (1)
魔法先生ネギま! 17 (17)
エム×ゼロ 1 (1)
BLEACH 26 (26)
ハヤテのごとく! 10 (10)
posted by のぶ at 03:37 | 東京 ☀ | Comment(23) | TrackBack(0) | Novel/Books(小説・本)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。