2007年04月02日

諸葛亮孔明がデスノートを使っていた!? ComiPress記事

元ネタ ComiPress


東スポみたいなタイトルで申し訳ない。
そしてアンテナの高い人には既出ネタなのもゴメンよ。
でも、ComiPressでは4/1の記事でこのネタを扱ってるのです。
エイプリルフールだからという意味もあるのかもしれません。
つまり、眉唾ものの文字通りネタなのです。たぶん。

Death note (1)
デスノートは中国でも大人気で、以前にはデスノートに端を発するトラブルも
起こっていました。そのトラブルもデスノのせいと言うよりは民度の低さの
せいじゃないのと管理人は思うんですけどね。だって他の国では・・・・・。
まあそんなデスノブームの中、中国ではいつの間にかデスノートの起源
なのではという書物の事ががささやかれ始めてました。
それが「死亡筆記」です。

その死亡筆記にまつわる話を元記事で読むと、まさにエイプリルフールに
相応しい胡散臭さ全開です。翻訳しながら本当にこれで良いのかと何度も
首を捻りました。諸葛亮はまだいいとしても、始皇帝やら、あのユンケル
黄帝液の元祖、5000年前の神話上の皇帝の黄帝まで出てきますから。

という訳なので、軽いネタとしてお読み下さい。
ComiPressの記事にはソースが明記されていません。
アンサイクロペディアの中国版が大元だろうと思いますが、
調べた訳ではないので、誰か詳しい人がいたら教えて下さい。

しかし、諸葛亮孔明がデスノートを使っていたとは・・・・・、
コーエー「三国志」の新作にデスノートのアイテムが加わるに100ぺリカ。


The True Origin of Death Note... Ancient China?
デスノートの真の起源は・・・・・・古代中国に?

Sun, 2007-04-01 03:55

死亡書記.jpg最近の考古学的資料は、デスノートの概念が古代中国に由来するという説を裏付けている。

2本の大ヒットした映画とアニメシリーズを抱えるデスノート(原作ツグミ・オオバ、作画タケシ・オバタ)は、アニメとマンガファンにとってお馴染みの名前になった。2006年に、熱心な日本のファンがシゲル・ミズキの「奇跡のノート」と呼ばれる一話完結の物語を発見し、デスノートのインスピレーションになったのではと主張した。それはともかく、最近の考古学的資料では「デスノート」がその日本のコミックが生まれるよりずっと以前に、古代中国で存在していたかもしれないと示唆している。

死亡筆記 (Death Note)は、中国最古の“ book of the dead<死者の書> ”
だと言われている。エジプトの死者の書(死後の世界への過程と秩序を含む)
と似ており、中国のデスノートは“ 死後の世界への案内 ”として使われていた。
古代中国の文献によると、“ 名前を書かれた者を死後の世界へ案内する ”
という本が実在したそうだ。

“ Death Note ”の正確な起源はハッキリしないが、専門家はこの本が
中国文明の夜明けに作られたものだと考えている。

「十分な証拠が黄河流域に初期文明の存在を裏付けている。そこには、
5000年前に中国語と皇帝制度が神話上の黄帝の下で形成されたという
伝説が残っている。」


黄帝は、新しく確立した皇帝制度を強化する為の道具として、
ある種の死のノートを作ったと言われていた。

デスノート?.jpg

歳月を経て、“ Death Note ”は支配者から支配者へと受け継がれた。
多くの学者がその“ 死のノート ”を普通の本以外の何物でもないと考える
一方で、人々がかなり迷信深かった昔では、デスノートの所有者は臣下や敵に
恐怖を沁み込ませる事ができたという可能性を多くが示唆した。

“ Death Note ”の存在は多くの中国の文学と記録の中に感じることができる。
死のノートは、始皇帝の不死を探索する詩の中でも言及されている。
中国の古い言い伝えによると、三国時代(220−280)の蜀の軍略家、諸葛亮は
魏の軍隊と司令官の司馬懿へ混乱を生じさせる為に特定のノート使っていた。

現代の中国に“ Death Note ”の物的証拠が欠けている事が、多くの専門家を
失望させている。他の者がこの本は紅衛兵によって無数の古代工芸品、骨董品、
書物、絵画が破壊された文化大革命(1966−1976)のおりに破り捨てられるか、
無くなってしまったのだと信じている一方で、そういったノートは単に旧世代
から伝わった迷信の一つだという者もいる。

最近の中国で起こったこの漫画の騒動<下記の関連リンク参照>にも関わらず、
デスノートの概念の起源が実は中国にあったと知れば、先生や親たちは
間違いなく驚くことだろう。

banner2.gif

関連記事
アンサイクロペディア 死亡筆記(中文)

中国で「死のノート」に賛否両論 日本の漫画が発火点

「デスノート」の関連グッズが子供に悪影響?

注:翻訳文中の水木しげるの作品は「不思議の手帖」です。


前にも書きましたがコードギアスは人気が凄すぎて現地の声をまとめるのは管理人の英語力では無理です。何か簡単なギアスネタを探してはいますが、期待はしないで下さい。
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 04
コードギアス 反逆のルルーシュ volume 04

涼宮ハルヒの分裂涼宮ハルヒの分裂
谷川 流 いとう のいぢ


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

恋姫†無双〜ドキッ★乙女だらけの三国志演義〜恋姫†無双〜ドキッ★乙女だらけの三国志演義〜

戦国ランス ダンジョン クルセイダーズ 恋姫無双サウンドトラック 「志在千里 〜恋姫喚作百花王〜」 みにきす 〜 つよきすファンディスク 〜 いつか、届く、あの空に。初回版

by G-Tools
こっちの三国志も中国で騒動になってた気がする。
posted by のぶ at 19:06 | 東京 ☀ | Comment(34) | TrackBack(0) | MANGA(漫画)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。