2007年07月08日

茅原実里(長門)の邪魔をしたのは台本通り Johnny Yong Boschの憂鬱

元ネタ MySpace.com

今回は前々回に書いた桃井はるこさんがAX2007で遭遇した出来事の関連記事です。
もし読んでない方がいらしたら是非そちらの記事から読んで下さい。

桃井はるこがブログでAnime Expoをこき下ろす AnimeNewsNetwork

上の記事で「日本からのAX参加者のリポートを読めば色んな事が明らかになると
思う」と書きましたが、実際に色んなブログやHPでリポートがUPされてきてそのAX
での生体験記を読むと、やはりAX側の運営が良くないのは事実のようです。

今回の記事はSOS団のイベントに関するものなので、それについてリポートして
下さっているサイトをまずは紹介させて頂きます。

BUNKA:EXTEND SOS団コンサート in Anime Expo 2007

Springs 「ANIME EXPO 2007」内「SOS Brigade Invasion Tour」

アニメ!アニメ! SOS団 LAアニメエキスポでライブ 1万人の会場を埋める

このリポートを読んで頂ければ分かる様に、トラブルだらけって感じですね。
やっはり桃井さんだけじゃなくて他のゲストにも被害は及んでましたよ。
「音楽」にこだわったイベントをたくさん開いておいて、音響が最悪というのは
どういう事なんですかね。豪華ゲスト陣を呼ぶのにお金を使いきったとか・・・。

ま、それはさておき海外の掲示板でも色々批判されまくってましたが、その中でも
とても評判が悪かったのは、BUNKA:EXTENDさんが詳しく書いてくれていた
この部分です:
その後にステージに上がった現地版の古泉役の声優が参入し、茅原さんのアフレコ実演が行われたんですが、そのときに進行が無茶苦茶になってしまいパティ、通訳、Bosch(古泉)の3人で盛り上がってしまい、茅原さんが完全に蚊帳の外状態になってしまいました。

ゲストの扱いが露骨にヒドイと思ったのはAXでは初めてですよ。
歌の途中に止めてトークはこちら式なので、流れが止まっても仕方ないというのはありますが、ゲストがまだステージにいるのになんで3人だけで盛り上がってるのか?
 
また、なぜかステージ上のマイクも2つしかなく、(用意がまったく出来ていない)茅原さんの握っていたマイクを奪うように古泉役が使って勝手に自分たちでステージを占領してしまい、AX側の考え方がまったくわからない状態になってしまいました。

数千人が見てるステージの上で日本人ゲストを放置プレイとは・・・・・・・。

これじゃあ、実際に観てた人に日本人声優を侮辱してたとかフォーラムで書かれても
仕方ないんじゃないのかな。アメリカまで出向いていってこんな扱いを受けた
茅原さんにはお気の毒としか言いようがないです。T_T
散々待たさた上にそんな微妙なステージを見せられたお客さんたちも。

ちなみにパティというのは北米版ハルヒの宣伝をしていた偽SOS団(ASOS)の団長で
パトリシアが本名(若しくは芸名)だと思います。
当然彼女も、茅原さんのマイクを奪ったJohnny Yong Bosch(ジョニー・ヨング・
ボッシュ:古泉役)と同様に海外のフォーラムやブログで叩かれてます。
海外では日本のオリジナル声優が神格化され、英語などへの吹き替え声優は
不当に評価が低いという流れがあるので、このボッシュとパティの振る舞いは
アメリカのアニメファンたちの逆鱗に触れたとしても不思議ではありません。

しかし、そんな事はアメリカでアニメ声優を一線級でやっているボッシュは重々承知
していた筈です。あんな事をすれば、日本の声優が大好きなアメリカのアニメファン
を全て敵に回す事は分かっていたのに、一体どうしてあんな愚かな事をしたのか?

これはもうボッシュ本人にしか分かりません。
だから彼自信に語ってもらいましょう。
ていうか、既にボッシュのブログ上に彼の言い分が書き込まれてます。
という訳で今回はその翻訳記事ということになります。
では、彼がどんな言い訳をしてるのかちょっと見てみましょう。



2007年7月2日

Anime Expo 2007

Hey, あれは誰にとってもタフな週末だったよ。
俺はAXのフォラームでいくつかの否定的な書き込みを読んだ。
それに対する俺の回答がこれだよ:

re: The Haruhi Event: forum (General AX Chat/SOS autograph session outrage)

このショーの一部の間で、一人の日本人声優がパトシリアと俺に話を中断させ
られたように見えたかもしれないが、それはあういう台本だったんだ。
パトシリアと俺は故意に彼女に対して失礼な態度を取ろうとした訳じゃなくて
台本にそう書かれていただけなんだ。けれども多くのファンは俺達が彼女に対して
意地悪になっていたと思っている。真実はそうじゃないのに、君たちがそう感じて
いたのなら俺は本当に残念だよ。

re: AX Idol: forum (General AX Chat/Worst AX Ever)

あのサウンド・エンジニアは徹底的にムカつく野郎だった。
彼はAX側が追加料金として1万ドル支払わない限り、俺達のバンドにマイクを渡す
ことはできないと拒否してきた。(ところで俺はこのイベントに対してAXから
出演料を貰ってない。俺のバンドもそうだ)
そして、彼らは桃井のコンサートを俺達のバンドと入れ替えようと考えていた
でも俺は、そんな彼女を軽視するような真似はできないと断ったよ。
そんな訳で俺達はステージが始まる直前にキャンセルさせられた。
こんな風にあのショーの構成は変えられていたんだ。
俺達の友人はみんな、俺達を観る為にAXへやって来て駐車場代を払い待っていた。
そんな彼らにステージが中止になったと伝えるのはとても辛かったよ。

<これ以降日本人ゲストとは関係ないので中略>
posted by のぶ at 11:46 | 東京 ☀ | Comment(96) | TrackBack(0) | ANIME(アニメ)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。