2009年10月01日

化物語 アニメ第12話「つばさキャット 其ノ貮」の海外反応

元ネタ animesuki.com


※ アニメの感想なので当然ネタバレを多く含みます。
  それが駄目な方はここで引き返して下さい。



まずはお知らせから、ここのところリンクをしても良いですかと訊ねてくれる
メールがいくつか来てますので、ここでまとめて答えさせて頂きます。
当方はリンクフリーですので、宜しければ是非リンクして下さい。
一つ一つメールで回答できなくて申し訳ありません。

次いで、没ネタというか何というか・・・・・・・
海外大手サイトANNで「かんなぎ」のファンアート・コンテストが
開催されていて、先日その勝者たちが決定したようです。
大賞が2人選ばれてるようですがその1人の作品を見て下さいな。

Grand Prize Winner (Nagi-sama)
andrew_wong_it__s_a_fight_by_agwong.jpg
Andrew Wong

・・・・・・・・・・・・・・・・
上手いけど、キモい。
まるで、あの部長のカラオケのようだ。^^
他の作品はコチラで見ることができます。
それなりに見るべきものがあるかもしれませんよ。
リネージュ2 エルフ (1/7スケールPVC塗装済み完成品)リネージュ2 エルフ
(ナギよりも神々しい美しさだったので・・・)

さて、本題へ行きます。
お題は記事タイトルの通り。
ついにTV版の最終回まで来たかぁ。
個人的にはかなり感慨深いものがあったりします。
「化物語」という小説と出会い衝撃を受けてから数年。
思いがけないアニメ化が決定してから約1年。
そしてアニメ放送から数ヶ月。
この第12話で1つの区切りがつき、もう少しで終わるのかと思うと妙に寂しい・・・
それでは興味のある方は続きをどうぞ。 :)


Bakemonogatari - Episode 12 Discussion / Poll
2009-09-25


monir
「化物語 第12話」討論スレッドへようこそ。

ガイドライン
・放送前には予想・期待で盛り上がれよ
・ネタバレすんなよ
・動画プリーズとか言うなよ
・みんな仲良くやれよ
・活発に議論し続けてくれよ

SageGaiGar アメリカ 男性
ワォ・・・・・・サブ<英語字幕>が無くて言葉が分らないのにゾクゾクしたよ。
車内での掛け合いは、これまでのどんな失敗も補って余りあるものだった。

zetsumei
これは本当に美しいエピソードだった。
会話から音楽、ムード、その他もろもろが、正にパーフェクト。
戦場ヶ原はあれ以上もうキュートになりようがないと思ってたのに・・・・・・・
このエピがとっても大好き。

Blablabla
今回はサブが出るのを待たずに字幕無しで観た・・・・・・・・・
これには、 " 10点満点を凌駕 " という採点項目が必要だと俺は思う。
最初の数秒から(アイ・ラブ・ひたぎ弁当にはやられた)最後まで、戦場ヶ原は
俺たちがどんなに彼女を恋しがっていたかを再認識させまくった。
猫少女も良くやったよ。お前は撫子ちゃんより遥かに称賛に値するが、
戦場ヶ原がちょっと凄すぎたんだよ。

suka-pon-tan 女性
Perfect 10点満点。今シーズンのベストエンディングでしょこれは。

Woland イタリア 男性
今回に限って、次回予告は公式サイトだけでしか観れないみたいだ。
http://www.bakemonogatari.com/special/yokoku13.html

zato_1one
彼氏との初デートに父親を招待して、その父親の真後ろでイチャつくとは・・・
こんなこと、戦場ヶ原以外の誰に可能だろうか。 ^^;
このエピは本当に最終回みたいだったね。
そしてこれで、戦場ヶ原への阿良々木の気持ちはハッキリしたはず。
間違いなくお互いラブラブ同士だ。
戦場ヶ原蕩れ [ Tore ] ・・・・・・・・XD サブが早く出ないかなぁ。

monir
↑ その大胆な行為の素晴らしさはここにあるんだ・・・・・・・
戦場ヶ原は、自分が心惹かれた男を父親に合わせることによって、父親から交際の
了解をゲットしたんだよ。彼女はこの恋愛の最後の障害を取り除いた訳さ。
そう考えると、相変わらず彼女は狡猾だよね。^^;
それから、「つばさキャット」のストーリーが全然進展しなかったわけだけど、
俺はその事がちっとも気になってないことに気付いた。不思議だよ! ^^

Zetsubo
↑ 俺も全く気にならなかった。
このシリーズは、暦が主人公で彼の成長がメインテーマのはずなんだが、
今のところ、あの女、ゴメンなさい! せん・じょう・が・は・ら・さまが
このアニメを支配しているよな。羽川も彼女に迫るほどの勢いではあるだが。
Senjougahara Fascination. [ 戦場ヶ原 蕩れ]
確かに、これは新しい流行になったよ。

Kaoru Chujo
ワンダフル。何というエクセレントな最終回だよ。
戦場ヶ原・・・・・・アァゥ、戦場ヶ原。すいません、ひたぎさんでした。
あの俺が観た中でベスト告白の1つ " I love you " シーンを思い出したよ。
斎藤千和には最上の称賛をおくりたい。
彼女とクリエイターたちは、素晴らしいキャラを創り上げた。
ひたぎさんは、まるで銀河の全ての星々の様に輝いてたよ。

Tabrisrp フランス
このエピの最後の部分は信じられないほどアメージングだったな。
もう完璧と言っていいかもしれん。エンディングソングの歌詞が、あのロマンス
ストーリーに凄く合ってて感動した。
俺はシャフトのスタイルを特に好きではないんだが、今回はこれしかないって感じだ。
君の知らない物語君の知らない物語

qwertyman アメリカ 20歳
俺にはこのエピが完璧とは言うことができない。なぜなら神原がいないからだ。
彼女こそ、俺の化物語への真の愛。
しかし、それにも関わらずこのエピは素晴らしかった!
オゥ、ところで原作小説では、ひたぎは阿良々木に車内で何と囁いてるんだ?

Raiga 17歳 男性
戦場ヶ原(スミマセン、ひたぎさんでした)が言葉を選んでる2つのシーンが
俺は大好きだよ。「結局、そこに落ちつくのな。」 XD

guanin カナダ 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
もう言葉が出てこないよ。
極めて優れた作品を観たあとに泣きたくなるような心情だ。
まだこの作品は終わってないけどな。(笑)

bakemono12_01.jpg
戦場ヶ原ファンのみんなは喜んでくれ!
このエピはお前らを天国の入り口まで連れていってくれるかもだ。
最初から最後まで、「ひたぎ & 阿良々木」尽くしだったからな。
車内でのシーンは爆笑ものだったよ。
阿良々木が、戦場ヶ原と呼ぶと、彼女は父親に彼が呼んでるわよと伝え
ちゃうんだ!(笑)
手袋を加えたら、ひたぎの父親が碇ゲンドウと間違えてしまいそうなシーンが
いくつかあったのは本当だ。

それから布団(?)シーン。
その会話のほとんどが理解できなかったけど、彼女が話してるとき彼女の悲しみを
感じることができるはずだよ・・・・・・そして、そのツンデレちゃんの手を
阿良々木が握り締めたシーンは、俺がこれまで見たどの " rabu-dabu " シーン
よりもスイートだった。あの、ひたぎの告白シーンよりもさ!
そして最後にとうとう彼女のデレデレな面がベールを脱いだ。
あんな風に話す彼女を見たのは初めてだよ!
オゥ・・・・・・何という蕩れへの導き方だ・・・・・・・

serenade_beta
・・・・・? このエピのタイトルは「つばさキャット」だよね・・・・・・アレ?
ついに、ひたぎが再登場してくれたよ。
これは本当に良いエピソードだった。でも、TV放送の最後ということで、
つばさキャットが中途半端に途切れる印象を与えるよりは、という理由で
このエピが挿入された感じがする・・・・
最後はひたぎよりもその父親をより好きになった・・・・・Otou-san... (´;ω;`)

Azuma Denton
bakemono12_02.jpg
本当にあの弁当を作ってたのな・・・・・・・・^^;

   Raiga 17歳 男性
   俺もそれ見たよ。XD  小さなカニみたいなのがキュート。
   俺もこんな弁当を食ってみたい・・・・・・・・

Ice Block フィリピン 男性
戦場ヶ原 ひたぎ 蕩れ〜
これはもう何て言えばいい? 間違いなく今年1番のロマンティクエピソード。
斎藤千和の素晴らしいパフォーマンスでさらに魅力をました会話を添えた。

こういうのをずっと楽しみに待ってたんだ。ryoが、「君の知らない物語」の歌詞
に化物語の原作から取った部分があると言ってたのを読んだときからね。
実際にそれは俺の期待を全く裏切らないものだったよ。

lovelysan フロリダ 28歳
ロマンスより神秘を求める化物語ウォッチャーの俺としては、このエピソードが
ここの他のメンバーほど楽しめなかったと正直に言わなきゃならん。
ちょっぴり退屈を感じることすらあったな。
だが公平に言うと、俺が戦場ヶ原ファンじゃないからだろうな。
とはいえ、ラストシーンが気に入ったことは認めるよ。
あれはスイーツだった。

Hypernova ニュージーランド 24歳
俺がもしひたぎの父親だったら、彼のようにジッとシートに座って運転する
なんてことはできっこないな。きっと、事故らない為に車を止めてから、腹を
抱えて大爆笑してたはずだ。
彼らは結婚式のプランを立てることもできるな。
「娘を頼むよ」というのは、父親から花婿へ言う言葉みたいなもんだから。

X10A_Freedom
エンディングロールへの入り方が良いわ〜。
あの歌詞は、正にこのエピソードにピッタリだよね。

Shadow X 21歳
このエピの素晴らしさには本当に驚いたよ。
最後の星空のシーンはとにかくファンタスティック。
それで、 " 10点満点越え " の投票ボタンはどこにあるんだい? ^^

windseer
誰か気付いた? 戦場ヶ原の父親は右のシートで運転してたよ???
ドライバーシートって左側だよね?

   Raiga 17歳 男性
   日本では違う。それだけの話だよ。

aulzon
I really loved it.
車中でのシーンが最高に面白かったよ。星を見ながらの一連のシーンも
大袈裟に盛り上げようとせず、本当に見事だった。
あそこで流れた「 Staple Stable 」のインストが凄く良かったよ。
俺のたった一つの不満は、2人のキスを映像で見せてくれなかったこと。
視聴者の想像にまかせるというのがアニメのよくある手法なのは知ってる。
だけど、俺は彼らのキスシーンをとても見たかったんだよ。
戦場ヶ原の父親はもっと若いかと想像してた。しかしそれでも十分にクールだった
と俺は思うけどね。

   HawthorneKitty
bakemono12_03.jpg
bakemono12_04.jpg

Freeter
戦場ヶ原・・・どれほごお前に会いたかったことか。:D
このエピソードは、何故このアニメのベストキャラが戦場ヶ原なのかを
証明していた。彼女は普通に羽川へのスポットライトを奪って注目を
全て自分に集めてしまった。
彼女が阿良々木に浴びせた毒舌の数々が俺の横腹を刺激しまくりだったよ。
戦場ヶ原は、真にツンデレの進化形だ。
これから多くのキャラが彼女に追随していくのを是非見てみたいね。

MAQI
エッチな話を囁き、耳に噛り付くひたぎさんが最高です・・・・・・・・
思わず我を忘れるところだったよ・・・・・・^^;

Bladecatcher 17歳 男性
あんな風に太ももを擦られると、俺ならパンツを濡らしちゃってるだろうなぁ。

kokoku
ここまでで最高のエピだったよ・・・・・・もう何回観直したことか・・・・・

DragoZERO アメリカ 23歳
ワ〜オ・・・80%もの人が10点満点に投票してるよ・・・・・これはスゴイな。
だがそれだけ本当に素晴らしい、最高のエピソードだった。
羽川がいつ登場するのと不思議だったんだが、結局これはひたぎと暦についての
回だったな。制作者は、残りの3話をストリーミングで見れない人の為に、1つの
良い結末をここで見せてくれたんだろうな。
しかし、やっぱひたぎさん良いわ〜。
暦の耳に何事かを囁くと、彼の耳が真っ赤になりアホ毛が総立ち、そして
足をまさぐってる時は、スピードメーターもレッドゾーンを振り切る勢いだよ!

Azuma Denton
オーマイガッ・・・・・・・・
とてもロマンティックでユーモア漂うエピソードだった・・・・・
ほんとナイスTV版最終回。
そしてシャフトにサンキュー。戦場ヶ原蕩れを忘れないでいてくれて。

戦場ヶ原が父親を連れてきたせいで、阿良々木が戦場ヶ原と呼べなくなったのが
面白かったね。それに、当の戦場ヶ原は阿良々木を " ゴミ " 呼ばわりだし・・・
Are ga Deneb, Altair, Vega...
オール・ハイル・戦場ヶ原! 蕩れ〜・・・・・・・ ^^;

Joe_fh
このエピソードの全てが正にグレートだった。
しかし、あのラストシーンにはそれ以上の何かがあったよ。
正直、これほど驚かされたのはちょっと記憶にない。
あのエンディングにマッチした会話とロケーションは、本当に忘れらないものに
なりそうだよ。総じてこのエピは単純に美しかった。
この1話での戦場ヶ原のキャラの掘り下げは衝撃的なほどだ。
俺はこのアニメが本当に大好きだよ。当然、10点満点のパーフェクト。


自分もしばらくはあのラストシーンを忘れられそうにない。
原作を読んでたからED曲の歌詞との繋がりは分っていたのに、
予想を上回る仕上がりで素直に感動できた。
海外でもこの結末がかなり好評を博してます。
これほど綺麗な締め括りは久しぶりに観たって感じで。
確かに微妙な終わり方のアニメって多いからなぁ・・・・・・
まぁ実際にはこれが本当の最終回ではないですが。
あ、でもこのラストにも1つだけクレームがついてましたね。
キスシーンが見たかったという、向こうでは良く聞く注文です。
何でしょうねぇ、彼らのキスへの拘りわ。謎だ。
しかし、既にたくさんキスシーンの2次創作が出回ってるみたいで笑った。

さて、今回の化物語アニメ第12話 " つばさキャット 其ノ貮 " の反響ですが、
「戦場ヶ原、いや、ひたぎさん蕩れ〜
これでもう良いと思う。^^
待ちに待ったひたぎさんが再登場。
しかも、最初から最後までやりたい放題の独壇場。
これで戦場ヶ原ファンが狂喜しないわけがない。
みなさん蕩れまくってましたよ。実際に「 Tore 」と書かれてたし。
「 Fascination 」というどっかのサブが強引に英訳した言葉を使ってる人も
いたりしたかな。ま、何にせよごく一部とはいえ、海外でも流行ってるようなので
ガハラさんもきっと本望でしょう。

ラストのロマンスパートだけでなく、そこに至るまでのコメディーパートも
受けてましたね。特に「戦場ヶ原」と呼ぶ阿良々木を父親を使ってからかい、
「ひたぎさん」と言わさせてたシーンが大受け。
その影響で、「 Senjyougahara, sorry Hitagi-san 」みたいに書き込んでる
外人さんがたくさんいた。正に、失礼噛みました状態。(笑)
その真宵ネタを誰かやってくれれば最高だったのに。
ところで、ダシにされてた父親ですが、あの声がやはり注目を浴びてたり。
どうしても碇ゲンドウを連想させてしまう模様。
個人的には、誰もマダオのことに触れてなくて寂しかったですが。^^
化物語 第二巻 / まよいマイマイ (完全生産限定版) [Blu-ray]化物語 第二巻 / まよいマイマイ [Blu-ray]
(はにかみました。てへっ! を観るまでは死ねんよ・・・)

あとは、「つばさキャット」なのに何で羽川そっちのけでこれで終了なの?
なんて事情を良く知らない人のクレームがついてました。
最終回だから無理やり戦場ヶ原の話を挿入してまとめたのか、なんてのも。
でもこのストーリー展開は原作に忠実だった筈ですよ。
これは「つばさキャット」の章の中での一場面だし、ここで2人の仲が決定的な
ものになることが、羽川の物語に関与するわけですから・・・・・たぶん。
まだ残り3話が公式サイトで無料配信されると答えてる人はいましたが、詳しい
原作ネタバレを丁寧に教えてあげてる人はいないようでした。
だから、「つばさキャット」を最後まで観た外国人は、そのとき、この第12話が
TV版最終回の為にとってつけた話ではなかったと悟るでしょう。
その反応がまた楽しみだなと。O_O

banner2.gif←いつも応援ありがとう! m(_ _)m


今日のDVDのベストセラーからこれをチョイス。
先日発売された「ひたぎクラブ」は品切れの様子。(受注生産だから?)
それなのに、売上げ1位のままってどれだけ売れたんだか。
まずは成功おめでとう。そしてその売上げ資金ででシーズン2を頼む。O_O
化物語 第五巻/つばさキャット 上【完全生産限定版】 [Blu-ray]
化物語 第五巻/つばさキャット 上【完全生産限定版】 [Blu-ray]
おすすめ平均
starsつばさキャット其ノ貳
starsひたぎさんメイン、翼ファンは下巻に期待です
starsこれで良いよ
stars総集編が途中に入ると

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by のぶ at 22:36 | Comment(160) | TrackBack(1) | ANIME(アニメ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。