2010年01月29日

「刀語」アニメ第1話の海外反応

元ネタ myanimelist.net



ぐふぅ、時間が無いっ。ていうか既に(ry
そんな訳でサクッと。
お題は記事タイトルの通りですが、管理人を含めてこの作品を知らない
人達の為に、概要をウィキペディアから抜粋。
『刀語』(カタナガタリ)は、西尾維新のライトノベル作品。イラストは竹が担当。全12話で、作者初の時代小説となる。
「刀を使わない剣士」と、それぞれある1つの能力に特化した12本の「変体刀」と呼ばれる刀を持った者たちの戦いを描く。
舞台となるのは「尾張時代」と呼ばれる中世の日本で、戦国時代から将軍家の天下統一までの流れなどは作品独自の経緯を辿っているが、おおまかな歴史や文化などは史実の江戸時代などに似ている。物語の原因となる「変体刀」が造られた戦国時代と、主人公2人の過去の因縁を作った奥州の反乱が起きた時期、物語の舞台となる反乱から20年後に大別される。

あらすじ
刀を使わない剣術「虚刀流」の七代目当主である鑢七花は、姉の七実とともに不承島で暮らしていた。しかし、奇策士とがめの言葉により、伝説の刀鍛冶「四季崎記紀」の作った刀、完成形変体刀十二本を集めるため旅に出ることになる。

主要登場人物
鑢七花(やすり しちか) − 本作の主人公。虚刀流七代目当主
とがめ − 物語の発端である「刀集め」の提案者。策士ならぬ奇策士
      を自称する、尾張幕府家鳴将軍家直轄預奉所軍所総監督
鑢七実(やすり ななみ) − 前日本最強。七花の姉
真庭蝙蝠(まにわ こうもり) − 卑怯卑劣が売りの忍者

といった感じです。
自分も今日、初めて知ったり。西尾維新さんの化物語は大好きだけど、
どういう訳かこの小説を読みたいとはあまり思わなかったので、これまで
スルーしてたんですよね。果たしてこのアニメ化、見事なスタートを
切ることが出来たのか・・・・・・興味のある方は続きをどうぞ。 :)


Katanagatari Episode 1 Discussion
01-25-10


HoaRy 男性
ここはアニメの話題オンリー、このエピソードより先の漫画の話題はNG。
------------------------------------
なんだー?オモロイ目してるな〜。:D
とがめ役のゆかりんの声がちょっと合ってない気がしたなあ。
でもまあ直ぐに慣れると思うけど。
「私に惚れていいぞ」(笑)
会話してたよねー・・・・・・・ずいぶん長いこと。
ほんと会話ばっかりだったよ。敵と闘ってる最中ですらそう。
それが1時間続くんだからちょっと疲れちゃう。
七花 [ しちか ] は、プライスレスなリアクションを何度も見せてくれた。
第4の壁を破ったシーンも最高だったよ。
ストーリーは自分が想像してたものと少し違ってたね。
それでも次回が凄く楽しみだ。これから、1話で1本の刀を巡る話になる
というのは勘弁してもらいたいけど。

Yokurama オレゴン 18歳 男性
このアニメ、かなり素晴らしいんじゃないか。次回が楽しみ過ぎる。
それに、50分という長い1話の尺も最高だよ。

noteDhero ジョージア 24歳 男性
過剰な台本、過小なアニメーション、しょぼい演出。
何か無理やりシャフトっぽくしようとしてるように感じたよ。
しかし、それが上手くいってなくて、シャフトどころかカートゥーン
ネットワークの番組
みたいになってた。
誰かが既にコメントしてるけど、あの対話はこのアニメの装飾品。
キャラクター達を特徴付けるために使われてる。
上手いと思ったのは、姉が1000は多くない、1000000は多いと突っ込んで
主人公が納得してたシーンだけだけどな。
更に言うと、キャラ達の顔や体が凄く表現不足だったし、忍者は演技過剰。
それが妙に神経にさわったよ。そんな訳で俺はこれが好きになれなかった。
まぁでも、最初の説明話が終わったんでこれから面白くなるかもな。

Monochrome アメリカ 20歳 女性
この第1話はグレート・・・・・・・じゃなかったわね。
会話ばっかりだったし、メインヒロインは鬱陶しかった。
でも、このキャラデザは好きだし、もっと面白くなるんじゃないかって
気がするわ。歴史ものの良作ってレアだけどねー。

GHmimi 21歳 女性
悪くはない・・・・・・・こんなちょっと妙に感じるアニメーションだとは
予想してなかったけどね。それでも悪くはなかったわ。
七花が最後の方で「愛してるぞ」と言うシーンで思わず笑っちゃたわ。
あれは、とんでもなく変な言い方だったわよね。:D

loli_slayer イスラエル 25歳 男性
これ、1話50分で全12話ってことなのか?そいつは最高だな!
しかし、テキストを減らしてアクションを増やして欲しいところだ。
化物語のスタイルだってのは承知してるけどさ。
でも、最終奥義の動きはクールだったよ。

wakka9ca モントリオール 22歳 男性
最終奥義で、北斗の拳を思い出した。(笑)
あの会話だらけにも関わらず、後半はかなり面白かったよ。

lordzenchi カリフォルニア 男性
うーん、第1話を英語字幕で観たんだけど、こう言わざる得ない・・・・・・
これって会話が多過ぎるうえにアクションが少なくないか?
第1話だから、このアニメの設定や舞台背景を語らないといけなかった
という理由なら良いんだけどね。とりあえず、第2話に期待しよう。

saxophone15 カリフォルニア
会話で埋め尽くされてたけど、俺は楽しめたよ。
間違いなく次回も観るつもりさ。でも、こんなに長い時間の1エピソード
は初めて観たなあ。こういうのがもっと他にあっても全然構わないけど。

DeathfireD ニューハンプシャー州 24歳 男性
物語はとても良い・・・・・・・だが、グラフィックが酷い。
悪いけど、このアニメのビジュアルと雰囲気がどうにも我慢ならない。
このカートゥーンみたいなフィーリングに俺が慣れると良いんだが。

funkybranca 19歳 男性
凄く気に入ったよ! 音楽は良いし、総じてビューティホーな作品。
それに俺は、会話の多いアニメのファンだしね。(そうじゃなきゃ、
化物語のファンなんてやってられいない)
そんな訳で、このアニメは俺への贈り物って感じだ。次回が待ちきれない。

vault2049 ベネズエラ 21歳 男性
とんだサプライズだ。本当に予想外だったよ。
俺は、このアニメが戦国バサラみたいな訳の分からない作品になると
思ってたのに、どうやら間違ってたみたいだ。
あの会話劇と表現方法は、狼と香辛料を彷彿とさせるね。
それは、俺を今後もこのアニメに注目させるだけのものがあった。
声優陣はいつも通り素晴らしかったし、サウンドトラックは驚くほどの
仕上がり。CDをゲットするのが楽しみだ。
その反面、アニメーションが最大の懸念材料。
あの目は、面白くはあるけどどうにも場違いな印象を受ける。
キャラクター達のアニメーションは、映画のポカホンタスを思い出させて、
これっぽっちも感銘を受けることはなかったな。

Naruleach カリフォルニア 21歳 女性
私は本当にこのアニメが気に入ったわ。会話が突拍子も無くて面白い。
それに、あの一風変わったアートスタイルが良いわよね。
「七花 x とがめ」のカップリング最高! 

Racu ルーマニア 19歳 男性
プロットはナイス、アートはイカン。

Zubatuba 24歳 女性
ワ〜オ、ここの否定的な意見には驚いちゃったわ!
私はこの第1話がとっても大好きだわよ!
「会話が多過ぎる!」なんてちっとも思わなかったし。
キャラデザとアニメーションのスタイルは、このアニメにもう1つの
魅力を加えてたわね。会話のほとんどは面白かった(忍者のセリフは
少し鬱陶しかったけど)し、ラブストーリーは突然に思いもよらない
方向へ発展しそうだわよ。
とにかく、今のところこのアニメは今年のベスト2ってところね。
もちろん、ベスト1はデュラララ!!よ〜。:)

ZCloudy-Sky ギリシャ 21歳 男性
俺はこの第1話に10点満点を進呈するっ。
どの面を見てもパーフェクトだったと俺は思ってるぞ。
素晴らしいOPとED、最高のキャラ達、素敵な音楽、偉大な声優達。
とにかく俺はこのアニメが大好きだ。
今後も、第1話と同じ様なクオリティーであることを願う。

Fabrice オーストラリア 18歳 男性
かなり長い、でもかなり面白い。 全12話で12本の刀か。
主人公の刀を持たない剣術という戦闘スタイルが興味深いよね。
それと、あのお姉さんが・・・<3

Annisa 女性
興味深い物語、イマイチな表現。
このアニメが会話まみれなのは理解してる。
ライトノベルのアニメ化だし、しかも原作者が西尾維新ときてる・・・・・・
あの化物語を書いた人だものね。
アートスタイルは素晴らしいし、アニメーションも滑らか。
だけど、会話の多いシーンは睡眠薬を飲まされたかのようだったわ。
演出がその会話をこれっぽちも面白く見せてはいなかったし、キャラが
とても表面的で深みというもの感じれなかった。
要は、インパクトが全く無かったのよね。
暦とひたぎの会話は凄く楽しくて、聞いていてリズムを感じたし、
" オチ " も秀逸だった。翻って七花ととがめの会話は、退屈で棒読み
な感じ。ああ、シャフトの新房がやってくれてたら・・・・・・。


そうそう、これは自分も思ったよ。
新房監督は置くとして、会話の部分の見せ方が化物語に比べると
いまひとつで、ちょっぴり退屈に感じたのは否めない。
まぁキャラの性格が全く違うから、かけあい漫才みたいなのは無理
だとしても、もうちょっと演出で何とかならなかったかなあと思う。
メインの二人と思われる七花とどがめが、ボケでも突っ込みでも毒舌
という訳でもなさそうなので、今後も会話劇が続くとしたら少し心配。
刀語 第一巻 絶刀・鉋【完全生産限定版】[Blu-ray]刀語 第一巻 絶刀・鉋【完全生産限定版】[Blu-ray]

さて、刀語アニメ第1話に対する外国人たちからの反響ですが、
「過剰なセリフ、過小なアクション」
という意見が多かったかな。
化物語の流れで、会話が多くなるのは分ってたけど、化物語ほど楽しい
会話じゃなかったこともあり不評。楽しめたという人もいますけどね。
アクション不足と感じた人が多くいましたが、確かにそんな感じだった
かなあ。あと、アニメーションやアートスタイルに不満を持つ人も
結構いましたね。アメリカのカートゥーンの様だというコメントが
何人からも出てて笑った。

とはいえ、予想以上に良かったと言ってる人もかなりいますよ。
実は自分もその1人。O_O
正直に言うと、このアニメには何も期待してなかった。
正確には予備知識がほぼ皆無だったので期待しようがなかった、ですけど。
原作が西尾さんとはいえ、戯言シリーズにあまり引き込まれなかった
自分は、化物語と同じ原作者というだけでは何ともだったので。
しかし、実際観てみると、会話シーンでの中弛みやアニメーション、
演出に少しもの足りなさを感じはしたけど、総じて楽しめる内容でした。
最初はどうかな〜だった主人公も、最後にはもうちょっと見てみたいと
思わせるだけの魅力を感じるようになったし。
それに、OP・EDの音楽もかなり好きな部類。
刀語 OP主題歌 「冥夜花伝廊」刀語 OP主題歌 「冥夜花伝廊」

個人的には、翻訳文中の女性も言ってる様に、今年のアニメでは
デュラララ!!に次いで2位の位置に付けてます。
デュラララは、もっとストーリーが動いてくれよと焦れてるのに
それでも観ていて十二分に面白いから困る。これから、まさかの展開が
あるらしいので続きが観たくて仕方ない。ホント原作を読んじゃおうか
って勢いです。刀語は面白いけどそこまでではないですね。
この辺が自分内ランキング1位と2位の差だったり。^^

banner2.gif←いつも応援ありがとう! m(_ _)m


今日のホビーのベストセラーからこれをチョイス。
これは良いメガネっ娘。
映画を観てないから知らないけど、
やはりツンデレなんだろうか・・・・・・・
ヱヴァンゲリヲン新劇場版 真希波・マリ・イラストリアス (1/6スケールPVC塗装済み完成品)
ヱヴァンゲリヲン新劇場版 真希波・マリ・イラストリアス (1/6スケールPVC塗装済み完成品)
壽屋 2010-05-25
売り上げランキング : 16


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by のぶ at 23:59 | Comment(151) | TrackBack(1) | ANIME(アニメ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。