2009年02月16日

神アニメが今日からキッズステーションで再放送開始!

先日お伝えした通り、今日は時間が無くて翻訳記事ではなく変な記事です。
日記・雑記といった類のものなので、それならいいやという方はここで
引き返すのが吉かと。^^

今回のお題は、2月16日の今日からキッズステーションで再放送される
自分が数年前たまたま目にして感動し「神アニメ」と認定した作品。
その時は、興奮のあまりネットへ感想を書きなぐりました。
それを、加筆・修正し再構築したものが以下になります。
と言っても時間の都合でほとんど手を加えてません。
ですので、読みづらい・理解できない点が多々あるかと思いますが、
それでも構わないという方は、どうぞ暇つぶしにでも読んでやって下さい。:)


ハチクロショックから数日、まだ心の傷の癒えない管理人は
ハチクロに変わる何かを、この秋の新作アニメに求めていた。

しかし、新作アニメは自分的にはどれもこれもイマイチからイマサン
どうして、こんなxxxアニメばかりなんだよ・・・。・゚・(つД`)・゚・
そして、やり場の無い喪失感を抱えたまま地上波・BS・CSを
彷徨っていた自分は、まさにアニメ難民

もはやこれまで・・・と思っていた時に、目に飛び込んできたとあるアニメ。
それが、ここまで俺の心を虜にするなんて。
このアニメには、最近のアニメが失ってしまった多くの魅力がある

・やたら熱い主人公
・先の読めない展開
・さくさく進むストーリー
・萌えキャラなんて一切無し
・とにかく続きが観たくなる面白さ。


一言で言うとこのアニメはまさに、ネ申..._〆(゚▽゚*)

ちょっと引っ張り過ぎたけど、
ある意味、ハチクロを超えているこのアニメのタイトルは、

karabaka_title01.jpg
ネタじゃないんだ。本当に面白いんだよ。
仕方ない。
空手バカ一代の面白さを紹介しよう。イヤさせてくれ!

まず予備知識から、
空手バカ一代は、伝説の空手家・大山倍達の生涯を描いた、
梶原一騎・つのだじろの同名マンガが原作です。
アニメでは、主人公の名前が飛鳥拳(あすか・けん)になっている。

自分はアニメはもちろん、原作マンガも読んだ事がありません。
アニメを初めて観たのも第5話あたりからです。orz
だから紹介できるのも話の途中からです・・・(^_^;

では早速、第5話(です。多分・・・)の冒頭から、

karabaka_02.jpg
ちょっ!?
猛牛っ(笑)

いきなりコレですよ!
まさに空手(素手・武器なし)で、猛牛との死闘。
空手バカ一代の看板に偽り無しです。

しかし、これは無茶だ。さあ、どうなる!?

karabaka_03.jpg
チェストゥォオ
オオオオ!!!


正拳突きキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
だが、相手は牛相撲の無敵の横綱牛。

果たしてどれだけ効いているのか!?

karabaka04.jpg
・・・・・・・。
どてっ・・・
karabaka05.jpg
あれ?
倒れちゃった


・・・・・・・・一撃・・・・・・・

・・・・一撃・・・・・・・・・必殺・・・・・・

一撃必殺ぅううう!!!

この凄まじい結末に、
飛鳥の弟子の有明少年(声優・神谷明!)も驚愕

karabaka_06.jpg
や、やったぞう!
(猛牛、弱っ!)


そして、この死闘の観衆の中に意外な物が・・・


karabaka_07.jpg
カメラいたっ!?
撮影してるよ・・・・・


・・・・・・という事は、


eigaka400.jpg


そして、わずか数秒後・・・・・

karabaka_08.jpg
上映!(早っ)

karabaka_09.jpg
しかも大人気!(笑)

その頃、“牛殺しの飛鳥”として一躍有名人となった飛鳥は、
karabaka_10.jpg
「飛鳥さん、映画どこも超満員だそうですよ。」
「うーん、そうですか・・・。」

流石です。
映画とか名声などは、全く眼中にありません。
本当に空手バカ一代の看板に偽り無しです。

凡人の自分には飛鳥の映画のギャラがとても気になります。^^
ここまで、かなり怒涛の展開ですが、
本編では、たったの2分の間の出来事なんです。
もの凄いスピードです。

これがもし、某龍玉なアニメなら次回一杯まで猛牛と
戦っているはず。髪も金髪になってるかもしれません・・・・・・・

映画“猛牛と戦う空手”が大ヒットし
一躍、時の人となった飛鳥拳(あすか・けん)

名声に驕ることなく、静かに茶を楽しむ
飛鳥の元へ、弟子の有明が駆け込んで来た。

karabaka_11.jpg
有明「先生ぇえ!!!」

飛鳥「どうした有明、そんなに興奮して」

有明「これを読んで下さい!!!」

有明の持ってきた新聞には、空手界の権威・加藤七段が
飛鳥の牛殺しを厳しく批判していた。そこには・・・・・、

karabaka_12.jpg
「飛鳥空手は邪道」
 by 加藤七段

どう見てもディスプレイおじいさんです。
とても空手七段には見えません。

この人、これまでも飛鳥に嫌がらせをしていたらしく
有明は既に我慢の限界、

有明「先生!、断固抗議するべきです!」

飛鳥「まあ落ち着け、こんなことはとっくに予想していた事だよ」

あくまで冷静な態度の飛鳥にシビレを切らした有明は、

karabaka_13.jpg
「先生は悔しくないんですか!」

魂のこもった熱いセリフです。
非常に残念ですが、とぼけ役ばかりの
最近の神谷明さんからは、もう聞くことはできません。

この弟子の魂の叫びに、
飛鳥は素晴らしい態度で応えます。


karabaka_14.jpg
飛鳥「有明。お前の言うことも解る。
俺とて、未だ完成された人間などでは無いからな。」


asuka_kimepose400.jpg
「けなされれば怒りもする!
そして、腹も立つ!!」


正直コレにはやられた!
これまでの怒涛の展開でクラクラしていた所に、
この決めセリフ(笑)でノックアウトです。

だってありえないよ・・・あのポーズであのセリフは・・・・・
どっかにこのAA(アスキーアート)がないかなあ?
職人さんお願いします・・・・・・

最近のぬるいアニメに慣れてしまっていた自分には、
空手バカ一代のバカっぷり熱さはあまりにも強力でした・・・が、
こんなもんじゃないんだ
このアニメの凄さはっ。

本当にまだまだこんなものじゃないんだ、
空手バカ一代の持っているポテンシャルは・・・・・


karabaka_15.jpg
「とぅぅほっっ!」
(いやマジでこんな掛け声なんです)
加藤七段への怒りを正拳突きで発散させる飛鳥に
有明はあきらめずに説得する、

有明「今の先生には牛殺しの飛鳥という絶対の強みがある。
世間はみんな先生の味方になります。
今を逃したら時(とき)はありません!」

まるで、君主をそそのかす軍師の様な有明
少年らしからぬ有明の計算高い策士ぶりに飛鳥は、

karabaka_17.jpg
飛鳥「今が絶好のチャンスという事もお前の言う通りだ。
利口な人間なら必ずそうするだろうなぁ。」

有明「先生、じゃあどうして!」

karabaka_19.jpg
「武蔵は己を極めるため
剣の技を磨いたという。この俺も・・・・・<中略>・・・・


karabaka_18.jpg
「・・・・・遥かなる超人の境地を目指して、
一人、旅する覚悟なのだ。」


飛鳥の心の師である宮本武蔵。
彼の様に生きたいという、答えになってるのか
なっていないのか良く解らない言葉に有明も、

「せ、先生!・・・・・」(この人、何を言ってるんだ?)

と、どう感動していいか解らない様子。

しかし、飛鳥は更に畳み掛ける様に言う、

「有明、俺はバカかもしれんぞ!正真正銘のな!」

asuka_bakasengen.jpg
「はーはっはっはっーはっは」

バカ宣言キタ━━(゚∀゚)━━ッ!!

満足そうに高笑いの飛鳥。
それを見つめる有明の顔が、ひどく
嫌そうに見えるのは気のせいでしょうか?

空気を読む気などサラサラ無い飛鳥は突然、

karabaka_20.jpg
飛鳥「有明、俺の胴着を持って来てくれ。」

有明「さっそく稽古ですね、先生。ありがたい、体がうずうずしてたんです。」

張り切る有明に何故か無言の飛鳥は、

karabaka_21.jpg
有明「先生!、何処へ?僕との稽古は?」

飛鳥「すまん、君との稽古は戻ってからだ。ちょっと出かけてくる。」

有明を華麗にスルー(笑) (つД`) カワイソウ

振り回されっぱなしの有明。
しかし、策士・有明の頭脳は急速に回転していた、

有明の心の声:(おかしい!孤立した先生に出稽古に行く場所などない
はずだ。そうだ!あーは言ってもやはり腹の虫が治まらず、先生は加藤七段
の道場に、抗議の道場破りに行ったんだ!そうでなくっちゃあ・・・・・・
karabaka_22.jpg
・・・面白くなるぞう!)

加藤七段を叩きのめす飛鳥という妄想に夢中の有明。
やっぱり、飛鳥があんなに熱く語った
宮本武蔵の例え話は理解されてなかった模様。

しかし、勘違いした策士・有明の
次の行動が楽しみになってきま・・・!!!


karabaka_23.jpg
ちょっ!?有明それは・・・(笑)
ストーキング!!! キタコレ( ゚∀゚)=3

期待通りです。
さすが飛鳥の一番弟子。
策士の様に振舞っても、根っこの部分は師匠と同じようです。

さあ、面白くなってきました。
これで飛鳥の行く先が風俗飲み屋という落ちもありですが、
管理人には想像もつかない何かを期待してしまいます。

そして遂に飛鳥のたどり着いた場所は、

karabaka_24.jpg
どう見ても道場です、ありがとうございました。


karabaka_25.jpg
「やってくれるぞ!道場破り間違いなしだ。」

予想通りの展開に鼻息を荒くする有明。
しかし、何かオカシイと気づいた彼が看板を良く見てみると、

(バカな!ここは柔道の道場じゃないか!
今度は、柔道に対して道場破りをするつもりなのかなあ?)

肩透かしを食った気分の有明が道場の中を覗くと、

karabaka_26.jpg
 Σ( ̄□ ̄*)
そこには、無様に畳に沈み込む飛鳥の姿が。
ありえない光景に驚愕する有明、

有明の心の声:(バ、バカな!飛鳥先生が、たかが町道場の
黒帯当たりに手も無く投げられているっ。
何をやっているんだ先生は、あれは柔道の組み手じゃないか。
空手を使えばあんな奴ら、簡単に倒せるものを。)

何度投げられても立ち上がりボロボロになる飛鳥。
柔道家たちからも笑い声が上がる。

信じられない光景に目をそむける有明、

karabaka_27.jpg
 「醜態だっ!!!」
「どんなつもりか知らんが、あこがれ抜いて
青春を託した先生の、あの醜態!
こんな無様な姿を見たくないっっ。
イヤッ許せん!!!

怒り心頭に達し、我を忘れ師匠にダメ出しをする有明。

まあそれだけ飛鳥に心酔しているのでしょう。
男同士の美しい師弟愛の裏返しです。ウホッ
是非、腐女子の方々にはこの二人で想像を逞しくして頂いて
や○い本を製作・販売して欲しいものです。空バカ普及のために。

もう我慢しきれなくなった有明は飛鳥に、

有明「先生ぇ!、牛殺しの飛鳥ともあろう人が、何故だまって
投げられっ放しになっているんですかっ!」

飛鳥「有明、後をつけて来たのか。しょうがない奴だ」


道場の人達「牛殺しの飛鳥ぁ?」「映画で有名な生きた超人の飛鳥か!」
「おおーーー!」「ざわ・・・・ざわ・・・・・・・ざわ」AA略


正体のばれてしまった飛鳥は、稽古の相手がいなくなった為
みんなに素性を隠していた事を謝罪し、有明と道場を立ち去る。

その帰り道、有明は率直な疑問を飛鳥にぶつける、

karabaka_28.jpg
「いったい先生は何を
考えておられるんですか、
何故いまさら柔道を?」


そう、それだよ有明。
みんなそれが聞きたかったんだYO!
空手家の飛鳥がどうして?

ちょっと皆さんも想像してみて下さい。飛鳥の答えを。



いいですか?
それじゃ、行きましょう。

空手家の飛鳥がなぜ柔道を?、その答えとは、






asuka_kumagorosi400.jpg
「有明、俺はな、近々、クマと闘うつもりだ。」
飛鳥先生の生声でどうぞ 


・・・・神・・・・
                

 

・・・・・神・・・・アニメ・・・・・






神アニメ認定!!!


ここまで読んでくれてる人、まだいる? ^^;
しかし、熱いなあ・・・・・・・・・・・・当時の自分。
だけど、あの時は空バカに衝撃を受けて確かに興奮してました。
この回を観た後は、かかさず空バカを観るようになり、挙句には
2ちゃんねるの実況にも参加してた。
もしかしたら、ここの閲覧者にも仲間がいるかも・・・・・・
ていうか、いて欲しい。

とにかく、まだ空手バカ一代を観たことが無いという人は、一度試してみる
ことを強く推奨します。そして、理屈抜きで楽しんで下さい。^^

みんな!オラに力をわけてくれ!!
genkidama150.jpgオラより強え奴があと3人!
人気ブログランキング←ここをクリックして下さい。m(_ _)m


再放送に踏み切ったキッズステーションに乾杯!
空手バカ一代 DVD-BOX 1
空手バカ一代 DVD-BOX 1梶原一騎 つのだじろう

おすすめ平均
stars本格空手TVマンガ
stars故・大山倍達氏の半生が、今ここに!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by えいち at 23:35 | Comment(137) | TrackBack(0) | ANIME(アニメ)
この記事へのコメント
  1. 1?
    Posted by ・ at 2009年02月16日 23:38
  2. テラ熱いw
    Posted by   at 2009年02月16日 23:42
  3. 3イエーイ
    Posted by at 2009年02月16日 23:47
  4. ぜんぜん先が読めないぜww
    Posted by at 2009年02月16日 23:49
  5. censored
    Posted by at 2009年02月16日 23:50
  6. このチャンネルは契約されていません。
    予約できません(8901)
    Posted by at 2009年02月16日 23:50
  7. censored
    Posted by at 2009年02月16日 23:55
  8. むしろ、先が読める奴は病院行けってレベルだな
    Posted by at 2009年02月16日 23:57
  9. 中島らものエッセイ思い出した。懐かしい…
    Posted by at 2009年02月16日 23:58
  10. censored
    Posted by at 2009年02月17日 00:01
  11. 空手バカ一代が嫌いな男子なんていません><
    Posted by   at 2009年02月17日 00:05
  12. 空手バカ一代は、男塾と一緒でまじめに読んでいた世代と同化してこそ楽しめる傑作です!
    Posted by at 2009年02月17日 00:05
  13. なんてストレートなア フ ィ ブ ロ グ だ
    Posted by at 2009年02月17日 00:06
  14. 管理人さん力入れすぎワロタ
    Posted by at 2009年02月17日 00:11
  15. censored
    Posted by at 2009年02月17日 00:17
  16. censored
    Posted by at 2009年02月17日 00:25
  17. >空手バカ一代は、伝説の空手家・大山倍達の生涯を描いた、
    >梶原一騎・つのだじろの同名マンガが原作です。

    え〜と・・・、違うから。
    大山倍達を元ネタに梶原一騎が創作したもので、
    実像とは掛け離れた話しだから間違えないようにね。
    Posted by at 2009年02月17日 00:31
  18. 長いwでも全部読んでしまいました。たまにはこういうのもいいですね、面白かったです
    ですが空手バカ一代を見ることはないと思いますw
    Posted by at 2009年02月17日 00:31
  19. censored
    Posted by at 2009年02月17日 00:31
  20. 漫画版もおもしろいよ
    Posted by at 2009年02月17日 00:31
  21. そういえば、タイトルは知ってるけど内容は?なアニメだったな
    Posted by at 2009年02月17日 00:33
  22. censored
    Posted by at 2009年02月17日 00:33
  23. 管理人さんの気持ちはよく分かる・・・分かるが・・・
    興奮しすぎ
    Posted by at 2009年02月17日 00:35
  24. 少年マガジンの連載をリアルタイムで読んで西池の極真会館へ通ってたオレが通りますよ
    Posted by at 2009年02月17日 00:35
  25. あかね色に染まる坂かと思ったら、なんだ、ギャグアニメか
    Posted by   at 2009年02月17日 00:37
  26. censored
    Posted by at 2009年02月17日 00:40
  27. censored
    Posted by at 2009年02月17日 00:43
  28. アニメも見たし原作も読んだ
    3回ぐらい再放送見てるしその度に泣いたり驚愕したり
    あの怪獣王佐竹がオープニング見ただけでむせび泣くんだぜこのアニメ
    Posted by at 2009年02月17日 00:43
  29. 名キャッチコピーの宝庫ですよね、ケンカ十段とか
    Posted by 犬彦うがや at 2009年02月17日 00:47
  30. censored
    Posted by at 2009年02月17日 00:48
  31. >>17
    >>22
    そういうのは粋じゃねえな

    矢追純一のUFO特集を見て「これはウソだから」と言うような物だ
    Posted by at 2009年02月17日 00:48
  32. censored
    Posted by at 2009年02月17日 00:57
  33. >>31
    すまんw

    だが熱いのは梶原一騎の特徴だな。
    巨人の星、あしたのジョー、愛と誠、名作ぞろいだと思う。
    Posted by at 2009年02月17日 01:00
  34. censored
    Posted by at 2009年02月17日 01:03
  35. 管理人が絶賛してるだけに面白そうだw
    Posted by   at 2009年02月17日 01:06
  36. 強い奴があと4人に増えてるぞw
    Posted by   at 2009年02月17日 01:26
  37. 空手はアニマックスでやってた頃2ちゃんの実況で一話で10スレ使ってしまうほど人気あったぞw
    Posted by at 2009年02月17日 01:28
  38. 荒らす意味がわからん
    Posted by at 2009年02月17日 01:30
  39. なんか今までにない荒らされ方だな
    Posted by at 2009年02月17日 01:31
  40. >>37
    漫画しか見たことないけど、実況はおもしろそうだな、突っ込みどころ満載で
    Posted by at 2009年02月17日 01:35
  41. このアニメがTVのアニメ特集とかで
    取り上げられないのは極真館から
    抗議を受けたくないからだよね?
    今だとお笑いアニメとして紹介するしか
    ないもんね
    Posted by at 2009年02月17日 01:40
  42. お前だんだん富樫に似てきたな
    Posted by at 2009年02月17日 01:51
  43. ぜひ見たいけど、
    キッズステーションを見れる環境じゃないんですよねえ。
    地上派でやって欲しいなあ。
    昔の漫画やアニメって今の感覚で見ると
    凄かったりしますよね。アニメじゃないけど
    昔「男組」っていう漫画があって、
    今読むと「関東番長連合」(笑)というのが
    出てきて、日本刀持った高校生や鉄下駄履いた
    高校生が出てきて、
    高校生とはとても思えない死闘をするんですが、
    あの荒唐無稽さが最近の漫画にはないのかもと思ったりする次第。
    Posted by at 2009年02月17日 01:53
  44. 今やってないかもしれないが、
    ど根性ガエルの傑作選が好きだった。
    昔のアニメは見ていて感慨深くなります
    ぴょん吉可愛いよぴょん吉
    Posted by at 2009年02月17日 02:01
  45. >43
    情報過多の時代になって、子供たちまで変に理屈っぽくなっちゃったからねえ。
    昔のような熱いノリがすべてって感じのものは時代に合わなくなってしまった。
    Posted by at 2009年02月17日 02:04
  46. マス大山は戦時中にパイロットを志願してたし
    (年齢が足りず在学中に終戦)
    道場には神棚を飾ってたから良い在日
    Posted by at 2009年02月17日 02:06
  47. ワラタ
    Posted by at 2009年02月17日 02:14
  48. こういうネタというかなんというかそういうの大好きだぜ!

    つーかハチクロショックって言われてドラマのほうかと思ったw
    Posted by at 2009年02月17日 02:24
  49. なんで誰も「つのだじろ」に突っ込まないんだ!?
    「つのだじろう」だよ! 管理人さん「つのだ☆ひろ」とごっちゃなってるよ! 
    本当にバカ一代が好きなの!?
    Posted by at 2009年02月17日 02:54
  50. 管理人時間もてあましすぎワロタ
    Posted by at 2009年02月17日 03:15
  51. このアニメは普通におもしろい
    Posted by at 2009年02月17日 03:41
  52. タイトルは「空手バカ一代」でも原作は「虹を呼ぶ拳」じゃないか
    Posted by at 2009年02月17日 03:42
  53. 61.44.190.114 troll
    Posted by at 2009年02月17日 03:45
  54. 髪の毛のある倍達には違和感を覚える。
    Posted by at 2009年02月17日 03:48
  55. >道場には神棚を飾ってたから良い在日

    なにこれ?
    学校のは無理だろうけど普通 道場と呼ばれるもんには まず飾ってあるでしょう
    ってか ちと古い家ならどこかにある
    昔はないのが不自然なくらいなんだ

    1973年の作品 つまり35年以上前のアニメ
    絵は古臭いのは当たり前 ある意味荒唐無稽
    それは覚悟しておいて
    Posted by at 2009年02月17日 04:05
  56. censored
    Posted by at 2009年02月17日 04:23
  57. う〜ん、この時代の作品はどれも今見ると一周回って笑えるものばかりですよ。
    空手バカ一代が特別面白いわけではない。
    Posted by   at 2009年02月17日 04:24
  58.    /.   ノ、i.|i     、、         ヽ
      i    | ミ.\ヾヽ、___ヾヽヾ        |
      |   i 、ヽ_ヽ、_i  , / `__,;―'彡-i     |
      i  ,'i/ `,ニ=ミ`-、ヾ三''―-―' /    .|
       iイ | |' ;'((   ,;/ '~ ゛   ̄`;)" c ミ     i.
       .i i.| ' ,||  i| ._ _-i    ||:i   | r-、  ヽ、 
       丿 `| ((  _゛_i__`'    (( ;   ノ// i |ヽi. 
      /    i ||  i` - -、` i    ノノ  'i /ヽ | ヽ     
      'ノ  .. i ))  '--、_`7   ((   , 'i ノノ  ヽ
     ノ     Y  `--  "    ))  ノ ""i    ヽ
          ノヽ、       ノノ  _/   i     \
         /ヽ ヽヽ、___,;//--'";;"  ,/ヽ、    ヾヽ
    Posted by なぜ誰もこれを貼らないのか… at 2009年02月17日 04:31
  59. したり顔でテキスト批判してるバカが多すぎワロタwww
    Posted by   at 2009年02月17日 05:41
  60. >「つのだじろう」だよ! 管理人さん「つのだ☆ひろ」とごっちゃなってるよ! 
    爆笑した。何か違和感あると思ったらそれか。
    あとテキスト批判してる奴はわざとだろう。翻訳を読んでる分際でブログ主の個人的感想とかを書くな、って完全に管理人さんへの抑圧だもんな。あと米欄を殺伐とさせて、アクセス数でも低くするのが目的とか?まあせいぜいやってろや。
    Posted by at 2009年02月17日 06:09
  61. 218.221.251.229 troll

    Posted by at 2009年02月17日 06:21
  62. それと、大山倍達は戦後、空手で優勝してアメリカでヒールプロレスラーとしてデビューするが、その前から様々な活動しており、石原莞爾にも師事していた。
    石原が東京裁判に出廷した際、乗っていたリヤカーを引いていたのが、後の大山。
    Posted by at 2009年02月17日 07:01

  63. censored
    Posted by at 2009年02月17日 07:05
  64. ワロタ
    これアニメ化してたのか
    つーか結局それが面白いアニメかどうかなんて人それぞれの感性によるよ
    おれは萌えがあればつまらんアニメでも楽しめる
    Posted by at 2009年02月17日 07:20
  65. censored
    Posted by at 2009年02月17日 07:47
  66. なんか文句言ってるやつが多いけど、
    ここは管理人の個人的なブログなんだから管理人の好きなように書きたい記事を書けばいいと思うよ
    外野の言うことなんか全く気にする必要なし
    ちなみに俺は萌えアニメみたいなのよりこういう記事の方がまだ面白い
    Posted by at 2009年02月17日 08:47
  67. 翻訳記事よりもこっちのほうが面白かったww
    これはチェックするわ。
    Posted by at 2009年02月17日 09:05
  68. 別に思ったことくらい書かせてやれよ…管理人の記事もコメントも
    Posted by   at 2009年02月17日 09:26
  69. 文句があるなら読まなきゃいいだけの話。
    それはそうと、これは友達と一緒に見てみたいアニメだなぁ
    Posted by   at 2009年02月17日 09:43
  70. censored
    Posted by at 2009年02月17日 10:23
  71. ランキングのことを書きすぎてちょっとうざいデス
    Posted by at 2009年02月17日 10:55
  72. 空手バカ一代懐かしいなぁ。
    それはそれとして、荒らしているのは他の翻訳ブログで自作自演をしてた奴じゃなかろうか。
    Posted by   at 2009年02月17日 11:11
  73. ※70
    ここは2chじゃありませんよぉ(笑)
    文句たれてるアフォどもは英語の勉強もできないくらい頭悪いのかねえ あはははは
    Posted by at 2009年02月17日 11:36
  74. 他人を自分の駒のようにコントロールしたがり
    それに無自覚な人間っているんだよな
    自分の思い通りにならないとプライドを傷つけられたと思い込むヤツ
    Posted by at 2009年02月17日 11:45
  75. 1974年頃のアニメだったかな。
    …う〜ん、古いアニメは俺にはあわんなぁ。
    ところで、実写版のハチクロは台湾版がオススメです。
    Posted by Posted by at 2009年02月17日 11:49
  76. censored
    Posted by at 2009年02月17日 11:55
  77. 久しぶりに面白い記事だった
    つまらん記事訳すくらいならこういうのをもっと増やしてくれ
    Posted by at 2009年02月17日 11:58
  78. 荒れてると思ったらやっぱりw
    こういうの読みたいなあって意見はともかく
    個人ブログは別に誰かへのサービスのためじゃなし
    管理人さんは好きなこと書けばヨロシ

    昔のアニメはようわからんけど管理人の熱だけは伝わった
    Posted by at 2009年02月17日 12:51
  79. 210.136.161.149 troll
    Posted by at 2009年02月17日 12:59
  80. censored
    Posted by at 2009年02月17日 13:33
  81. 管理人さんへ:
    真実の「大山倍達」についてほのめかしている書き込みが散見されますが、まず何も考えずにアニメ版なり原作なりを、ワクワクしながら見終えてください。
    そして、居ても立ってもいられず壁や空中などに正拳突きを繰り出してください。
    勢い収まらず空手道場に入門するのもアリです。

    真実を知って力が抜けるまで、その勢いを使って体を鍛えるんですよ!
    Posted by スラ at 2009年02月17日 13:50
  82. 空手バカが面白いのは同意ですが
    マンガ好きを自認する人間は知ってて当然の知識でしょうねえ。
    原作のほうが上から下まで熱さマックスなので、後編を含めて全巻読破をオススメします。
    創作の部分も含めて好きなマンガなので
    ちょっとバカにしすぎじゃないかなーと思いましたがw
    Posted by えっと at 2009年02月17日 14:09
  83. ごく普通の70年代アニメじゃん・・・

    「キックの鬼」でも見れば?
    衆人環視の中、ジムの屋根の上から一日中飛び降りるだけの話とかあるよ。
    Posted by at 2009年02月17日 14:10
  84. 空手バカ一代、戦後格闘漫画の原点だよね。
    梶原モノは濃すぎて当てられると毒だからなぁ。
    Posted by at 2009年02月17日 14:13
  85. 119.106.165.69 troll

    Posted by at 2009年02月17日 14:26
  86. censored
    Posted by at 2009年02月17日 14:33
  87. 世代が違えば見たことなくて普通だし、同じでも名前すら知ってるかどうかってことは五万とある。
    今になって再発見したとして、そんなおかしいことか?
    Posted by at 2009年02月17日 14:49
  88. ↑の管理人に文句言ってる奴らへ、別におまいらの為に書いてるんじゃないんだぜ?ブログの記事に対して知ってて当然みたいなコメント恥ずかしいと思わんの?
    Posted by blbl at 2009年02月17日 15:07
  89. 梶原一騎は演出はホント上手いよなあ。
    真実だとカンチガイして極真に入って
    ショック受けた若い人の話聞いた事あるけど
    その罪は重いなw

    個人的には原作の大山が正当防衛で人を殺してしまったエピと地下プロレスのエピが好きだ。
    アニメはエンディングの歌詞が好き。
    Posted by , at 2009年02月17日 15:45
  90. たまには、こういう記事もいいね。
    年一回位ならw
    Posted by at 2009年02月17日 16:00
  91. ブログに不満があれば来なければよい。
    前回「それは極論」とか書かれていたけど、私自身はそれがブログとのつき合い方だと思うけど?
    (例えば、今回の記事は面白かったけど、こういうスタイルがメインになるようなら、私はここへは来なくなるだろう。逆に、そういうスタイルが好きな人が集まる。ただ、それだけのこと)

    記事について。
    子供の頃は、「大山先生すげえ!俺も極真やるぞ!」とか思いながら、なぜか少林寺拳法やってたりしましたが(近場に極真なかったから。あまり長くは続かなかったけど)、さすがに二十歳を過ぎてから単行本を読み返すと「・・・・・・・」という感じでした。
    それでも「話半分としても、すげえ」と思ったよ。

    アニメは、観ていたはずだけど、主題曲しか覚えていないなあ。
    Posted by さとー at 2009年02月17日 16:20
  92. これ、うわさにはきいてた。
    これを機にみてみようかな。

    しかし、力の入れようがすごいな。
    なっげぇww
    Posted by   at 2009年02月17日 16:52
  93. 怒りは心頭に発するらしいですよ
    Posted by at 2009年02月17日 17:13
  94. こういう記事はどうなの。
    この漫画本当に面白いんだぜ。
    漫画が事実と違うなんて当たり前だろ。
    Posted by    at 2009年02月17日 17:17
  95. 1年近くこの掲示板を見てきましたが、こんなにテンションの高い管理人は初めてだぜ...(゚д゚щ)ゴクリ

    マンガは見てましたが、アニメも作られていたんですね。
    DVD出てるかなあ...?
    Posted by ハロー at 2009年02月17日 17:32
  96. 1年近くこの掲示板を見ているけど、こんなにテンションの高い管理人は初めてだぜ...(゚д゚щ)ゴクリ

    マンガはよく見ていたけど、アニメも作られていたんですね。
    DVDは出てるのかなあ..?
    Posted by ハロー at 2009年02月17日 17:43
  97. 田中信夫さんの声がさわやかで笑った。
    Posted by 翠 at 2009年02月17日 19:04
  98. 紅三四郎もよろしく。
    Posted by at 2009年02月17日 19:11
  99. 毎日更新されるんだからたまにはこういう日があってもいいだろ
    Posted by at 2009年02月17日 19:14
  100. 俺たっちゃ〜裸がユニフォ〜〜ム

    アパッチ野球軍の方が好きだ。
    Posted by at 2009年02月17日 19:23
  101. 面白かったです
    有名すぎてなんですが「巨人の星」なんか十数年前に見てポカーンしました
    途中で止められないからあなどれません
    Posted by 噛 at 2009年02月17日 20:05
  102. 日記・雑記といった類のものなので、それならいいやという方はここで引き返すのが吉かと。

    って書いてあるのにわざわざ読んで批判する奴ってなんなの?管理人さんが「面白い記事なので是非読んで!」ってウザイこと言ってたら仕方ないけどそうじゃないじゃん。
    Posted by at 2009年02月17日 20:15
  103. 90年代までのアニメと2000年代からのアニメを並べ見ると明確な違いがあるからねぇ。
    旧来のアニメオタクと、近年のアニメオタクは何か違う。
    あるいは、萌えだのツンデレだのと様々な不定形だった要素が言語化されることで陳腐化した結果なのかもしれない。
    Posted by   at 2009年02月17日 20:16
  104. 管理人さん何歳の時よ?
    私は知らなかったよ。30才だけど。
    Posted by at 2009年02月17日 20:24
  105. >103
    当時のアニメは純粋に子供のためのもの(OVA除く)、近年のアニメは大部分がマニアかその傾向にある子供のもの。その差は大きい。
    Posted by at 2009年02月17日 20:34
  106. 今回のコメ欄は、いつもと雰囲気が違うね。
    あんでだ。
    Posted by at 2009年02月17日 21:31
  107. >106
    バレンタインの直後だからだろ
    Posted by at 2009年02月17日 22:53
  108. 60.33.87.181 troll
    Posted by   at 2009年02月17日 23:03
  109. いや、知ってるんならスルーすれば?
    お勧めなんてそんなものだろ
    Posted by at 2009年02月17日 23:30
  110. 「事実を事実のまま伝えることは. どんなおもしろおかしいフィクションを書くよりも. 難しい・・・・アーネスト・ヘミングウェイ」

    と冒頭で語ってあるのに完全フィクション。確かに漫画単体としては面白いんだが、極真会館とのタイアップという裏側が見えてくるのが、悲しい。
    Posted by at 2009年02月17日 23:33
  111. 名作は年代を超えて受け入れられると再確認した。
    Posted by ***** at 2009年02月17日 23:36
  112. あと、牛や熊と戦うエピソード(創作)のくだりは、空手バカ一代のほかにも、空手地獄変や男の星座、虹を呼ぶ空手やなぜか柔道一直線にまで散々紹介されてるよね。

    今となっては知らない人のほうが多いのだろうか?

    BAKUMANの2人が「日本一の原作者梶原一騎」と言ってたけど、そう思ってる人間はもはや漫画家志望の人間くらいなのかもな。
    Posted by at 2009年02月17日 23:48
  113. 近所のワンパクが
    「山でデケェ鳥を見たアレぜってぇー新種だぜ!」
     と興奮気味に報告してきたことを思い出したぜ。
     なんか、な。

     あ、それとこれね。
     空手バカのネタってことだから一応。
     笑ってスルーもできるが、実際はフトコロの深いところもある動画だ。

    http://www.nicovideo.jp/watch/sm1058560
    Posted by    at 2009年02月17日 23:58
  114. か〜らーてひとーすーじ
    ばかーにーなりー
    はてーなーきみちーをー
    まっしぐらー
    Posted by at 2009年02月18日 00:00
  115. 梶原一騎を知らないだぁ…なめるな!
    梶原一騎は有名な作品以外は大体駄作だが
    中には教科書に採用された「おかあさん」
    のような名作もあるんだ!
    Posted by at 2009年02月18日 00:51
  116. 3月で今のアパートを出るから・・・
    もうキッズが見れない!
    Posted by at 2009年02月18日 01:49
  117. 本当か嘘かわからない話を書くってのは常人にはできないね。宮崎駿も短編マンガでやってるけど・・
    梶原は間違いなく天才だよ。
    Posted by at 2009年02月18日 06:55
  118. 60.33.87.181 troll
    Posted by at 2009年02月18日 13:57
  119. 柏レイソルが主題歌の替え歌を応援に使っているので、
    op曲を知ってるサッカーファンは多いと思いますよ。
    http://www.youtube.com/watch?v=9E2SdR5djIg
    Posted by at 2009年02月18日 14:44
  120. >118
    批判なんてよっぽどのことがない限り書くべきではない
    もし批判があるならもっとやわらかい言葉で書くべきだろう
    それとレッテル貼って中傷してる時点であなたは荒らしと同類だよ
    Posted by at 2009年02月18日 15:18
  121. 大山 倍達は偉大。
    しかし少林寺拳法の創始者、宗 道臣には全く歯が立たなかったことは記憶しておくべき。
    Posted by at 2009年02月18日 16:38
  122. 批判が多いようだけど30歳前の人は
    存在自体知らない人が多いから
    こういう面白いと思ったものは
    紹介すべきですね。
    最近は昔のアニメはCS放送で放送されて
    いるけどCS放送を見ていない
    人もいるし古い作品だからといって
    食わず嫌いの人だって多いから
    自分が本当に良いと思ってものは
    共感してもらいたいから紹介するのは
    とても気持ちもわかるし良いと思うよ。

    ちなみに自分が毎週楽しみにしている
    古いアニメは
    人死にまくりで緊張感のある「宇宙戦艦ヤマトV」
    壮大すぎて訳がわからないが引き込む魅力のある「銀河英雄伝説」
    最近のアニメには無いギャグとリアルの合作「戦闘ロボザブングル」
    ツッコミ所満載な「マッハGOGOGO」
    Posted by at 2009年02月18日 16:57
  123. 梶原一騎=高森朝雄は偉大。
    しかし読者の声に押されて、力石徹を殺さないようにしようって言ったのを、認めなかったちばてつやはそれ以上の神と知るべき。
    Posted by at 2009年02月18日 17:04
  124. 61.210.240.253 troll
    Posted by at 2009年02月18日 17:10
  125. やー、懐かしいな。
    漫画は今読むと99%創作だって分かるけど、子供の頃はホントの話だと信じてたもんな。
    アニメもう一回見てみたいな、レンタルあったら借りてみよう。
    Posted by at 2009年02月18日 22:24
  126. やべ、萌えた…。
    Posted by at 2009年02月18日 22:29
  127. 平成だけど昔の作品の方がしっくり来る
    Posted by at 2009年02月19日 00:53
  128. >>120
    >>118はそんなこと書いてないけどな。
    Posted by at 2009年02月19日 12:25
  129. ギャグマンガとしてトップレベルの作品
    Posted by at 2009年02月19日 18:51
  130. みーつめーたほーしを
    つかんでやるぞー
    てーんかむてーきの
    からーてのほしーを
    てーんかむてーきーの
    かーらーてのほしーをー♪
    Posted by at 2009年02月19日 23:34
  131. この後、有明昭吾は破門されて自暴自棄になって、無免許で車を運転して死ぬんだよな。
    Posted by at 2009年02月19日 23:34
  132. 昔のマンガを再編集して、コンビニで廉価版で売ってるヤツにあったね。
    空手バカ一代。面白かった。
    あと、「うしろの百太郎」イメージが解消されて良かったです。
    それまでは、あの画を見ると何だかオドロオドロしいものを感じてしまってたので。
    Posted by at 2009年02月20日 01:45
  133. くまwwwwwwとwwwwww
    Posted by at 2009年02月22日 12:33
  134. 空手バカ一代とか星の子チョビンとかを当時観てて、
    そろそろテレビまんがも卒業かなと思ってたら、宇宙戦艦ヤマトが始まった。
    その後もヤマトとかうる星やつらとかで卒業のタイミングを逸し続け、
    まりあ†ほりっくを愉しむ今に至る。

    世のアニメが空手バカ一代みたいなのばかりだったら、
    道を誤ることもなかったのだが。
    Posted by at 2009年02月22日 16:00
  135. >134 ご同輩!!
    キューティーハニーもお忘れなく。

    空手バカ一代を見ていた頃は普通の子供だたのに、ヤマト、ガンダム、うる星と対象年齢が上がって繋ぎ止められた感が強い。
    (自分もその流れに自ら参加した一員だが)
    ただ、道を誤った諸悪の根源はうる星やつらだ。

    >管理人さん
    この記事もそうだけど、和製メタルの記事も大変楽しかった。
    Posted by at 2009年02月24日 00:49
  136. このマンガ・アニメは実話かどうかで
    よく荒れるが
    単純に作品としてみるとすごい面白いと思う。

    ただやはり原作のほうが良いな。
    原作だと牛と戦うシーンでは
    正拳を頭にヒットさせただけでは死なず
    角をへし折って脳にダメージをあたえることによって倒したみたいな描写があった。
    Posted by   at 2009年02月24日 00:59
  137. マス大山…
    アニメ知りませんでした。
    漫画は…神漫画ですよ。妹と夢中で読みました。
    大人になってからでしたが…
    Posted by at 2010年06月23日 21:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
雑記ですから

08/03/22

ブログの参考にしてる面白い本ランキング。

1位
オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
外人さんがアニメを中心とした日本のオタク文化を本にしたものは珍しくなく なってきましたが、その中でもこの本はダントツで理屈抜きに面白い。 何が良いって、著者のパトリック・マシアスが、アメリカで育った本物の ギークだって事に尽きる。子供の頃から、ゴジラやウルトラマンなどの特撮や バトル・オブ・プラネット(ガッチャマン)やスター・ブレーザーズ(宇宙戦艦 ヤマト)に夢中になり、アメリカのTV会社のいい加減さに翻弄されながらも、 オタクであり続けた記録が、微笑ましいやら楽しいやらで最高です。 内容にちょっと触れると、黒人やヒスパニックの危ないお兄さん達がドラゴン ボールのアニメTシャツを着てたりとか、リン・ミンメイにアメリカの少年たちが 「デカルチャー」しちゃったり、ガッチャマンのパンチラシーンで性に目覚め ちゃったり、ガンダムWでアメリカの十代の少女たちがヤオイに走ったりとか、 もう興味がない人にはどうでもいい話ばかりなんですが、ファンには溜まらない ネタのオンパレードで一気に最後まで読ませる魅力がある、というか魅力が溢れ まくってます。
自分が知る限り、彼以外のオタク本を書いてる外人さんは、アニメを楽しんでると いうよりも評論しているので、どうも上から目線の様に感じてしまいます。 スーザン・ネイピアさんの本を読んだ時も、そんな印象を受けましたよ。 日本を良く研究されていて、あ〜そういう考え方もあるのかあと、感心する一方、 彼女には、アニメに対しての答えが既に出ていて、その持論を補強するためのアニメ だけを例に挙げるので、ちょっとそれは違うんじゃないかと反発したくなる。 翻ってマシアスは、アニメを見る目線が自分とほぼ同じなので、共感できるんですよ。 ただ単純にアニメや漫画を楽しんで感じたままを書き連ねてる。学術的には価値が無い のかもしれませんが、自分にとっては凄く価値のある本だったりします。

2位
「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)
「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)
図書館で借り直してまた読んでみた。
やっぱり面白い。
地球の裏側にある全くの異文化で育った人の感想や考え方って、日本人には 想像できないような意外性があるし、普段は気にもしなかった事を指摘されると あ〜確かにそうだなと思わず納得させられる。 この作者のコリン・ジョイス氏のように10年以上日本で暮らし日本語がペラペラ になったイギリス人が、日本語の巧みな言い回しや表現・ユーモアに感心し楽しん でいると書いているのを読むと、単純に嬉しいし興味深い。 コリンさんは「猿も木から落ちる」という諺がかなり気に入った模様。 英語での「Nobody is perfect」なんて足元にも及ばないと言ってます。 この方は、ニューズウィーク日本版の記者を経て今はイギリスの高級日刊氏 テレグラフの東京特派員をしてるのですが、日本で「全米が泣いた」というフレーズ が流行った時は、それを記事にして送ろうとしたほど気に入ったそうです。 残念ながら、他の記者に先を越されてしまったようですが、まさか「全米が泣いた」 が既にイギリスで紹介されてるとは意外というか、そんな重要性が低い記事も 書いてるのかとちょっとビックリ。
他にも、プールに日本社会の縮図を見ちゃったり、美味しいけど味がどれも変わらない日本のビールにガッカリしたり、イギリスは紳士の国と言われて驚いたりと色々な面白エピソードが満載でした。 この面白さの半分でも見習いたんもんです。^^;

3位
中国動漫新人類 (NB online books)
中国動漫新人類 (NB online books)
目からウロコが落ちました。ボロボロって。 この本の趣旨の一つに「反日で暴れる中国人がどうして日本のアニメや漫画を楽し んでいるのか?」を考察するというものがあるんですが、正に自分が常々知りたいと 思っていた事なので、本当に楽しんで読めました。 著者は中国で生まれた日本人であり、大学で中国からの留学生を教えていたりもして るので、彼らの生の声を通訳など通さずにそのまま文章にされている所が魅力です。 スラムダンクが中国でもの凄いバスケブームを起こしたり、大人気のクレヨンしん ちゃんをパクッた中国アニメが中国人の小さな子供にも馬鹿にされてたりとかも 面白いネタだったんでが、コスプレイベントが中国の国家事業として企画されている という事実にビックリ。もちろん、何で反日教育をしてる中国政府が、日本アニメ 大好きの若者が日本のアニメキャラに扮するコスプレを自ら開催するのかという理由 も、著者なりに一つの解を示してくれています。他にもアメリカで起きた反日運動の 裏側など、アニメ以外の話題にも触れており読みごたえ十分な内容でした。 管理人同様、今の中国はどうなってんの?と思ってる人は是非読んでみて下さい。

4位
世界の日本人ジョーク集
世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)
内容はタイトルのまんまで、世界中の日本人を扱ったジョークを集めて紹介しながら 著者の海外経験を通して海外の人が持つ日本人の印象や実態とは少し違う固定観念などを面白おかしく、時には真面目に語ってくれます。 著者はルーマニアに2年間在住しており、その時に「キネーズ(中国人)!」とほぼ 毎日声をかけられたそうです。親しくなったルーマニアの友人に、何故東洋人を見かけ ると中国人だと言うのかと聞くと、「あの豊かで優秀な日本人がこんなルーマニアなん かに来るわけがない。中国人に違いない。って思うんだよ。距離感が違いすぎるんだ。 日本はずっと上過ぎてね。」と言われたとか。リップサービスを差し引くとしても 他のルーマニア人にも同様の意見が多かったと述べてます。 何か読んでてこそばゆくなってきますが、こんなのもあります。 アメリカが日本人を動物に例えると何かというアンケートが実施されて、一番多かった 答えが「FOX(狐)」だったとか。どうやら「ずるい、ずる賢い」という意味だそうですが、狡猾・卑怯者ぐらいに思ってるのかもしれませんね。 真珠湾から安保のただ乗り(と向こうは思ってる)、湾岸戦争でのお金のみの貢献に 日米貿易摩擦あたりでこういう印象になってるそうです。 とまあ、こんな風にちょっと顔をしかめたくなるようネタも載ってます。
全体的には面白い内容のネタが多いし、巻末の辺りでは世界中で愛されるアニメや 漫画のジョークもあったりするので、ここの読者さんならかなり楽しめると思います。 この本が話題になった頃は、よく2ちゃんねるでもこの本に載ってるジョークがコピペ されてたので、あーこれがネタ元かあと膝を打つ人もいるでしょう。 単純な面白さで言うと前回紹介した「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート よりも上だと思う。まあジョーク集だから当たり前なんだけど。^^;

5位
萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか
萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか
今やアメリカのMANGA出版社で1人勝ち状態になりつつある、VIZの創設メンバーである堀淵 清治氏が、アメリカでの漫画出版における艱難辛苦を当時を振り返りながら語っています。ご存知の様にVIZは小学館と集英社の共同出資による日本の会社です。だから自分はてっきりこの堀淵 清治氏も小学館か集英社の人だと思っていたんですが、さにあらず。 VIZを立ち上げる前は、アメリカに住んでるただの漫画好きなヒッピーだったようです。 VIZの立ち上げ直後はアメコミの会社エクリプスと組んでその販路を活用するも、アメコミの流通経路や販売方法に限界を感じ、尚且つVIZ単独での漫画出版の野望の為にエクリプスと袂を分かつ。その時の葛藤や苦労、その後のもう駄目かいう苦境にある女性漫画家の作品に救われたりと VIZの成長物語がとても楽しく読める。 アメリカにおける漫画黎明期をその直中にいた生き証人とも言うべき人の回顧録。 興味がある方は是非。

6位
私の部下はイギリス人―アングロサクソンが世界を牛耳っているわけ
私の部下はイギリス人―アングロサクソンが世界を牛耳っているわけ
これは面白かったというよりも先に、はあぁ〜とため息が出た。 ある程度分かっていたとはいえ、現地で何十年も働いた人から人種差別の実情を 語られると重みが違う。ほんと彼らは有色人種を差別することが骨の髄まで染み 付いてるというか、遺伝子に書き込まれてるんじゃないかって感じですよ。 しかし、その差別も年代によって少し様子が違うという所にイギリスの歴史が 垣間見えて興味深かったです。 著者はある日本の電気メーカーの現地法人社長をされてたのですが、イギリス人 社員のくせもの振りに随分と辛酸をなめさせられたようです。日本人の常識から すると、キチ○イ認定されそうな人が普通にゴロゴロいるってのが凄いですよ。 性善説で動くと悉く失敗し、自らのお人よしぶりを痛感させられたとありますから。 ほんと改めてイギリス人てこんな人間なのか、イギリスってこんな国なのかと 驚かされました。テレビなどで英国に良いイメージしか持ってない人にはかなり ショックな内容かしれません。 本筋の現地オフィス関連の苦労話は文句なしに面白かったですが、少し話しが それる部分はちょっと退屈だったかも。
とにかく良い意味でも悪い意味でも心に残るネタが多かったです。 ビジネス書ではなくエッセイなので、そういう問題に対処する方法が詳細に書いて ある訳ではないですが、英国の負の部分を実体験に基づいて書かれた本は意外と 少ないと思うので、是非一読してみて下さい。

7位
僕、トーキョーの味方です アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由
僕、トーキョーの味方です アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由
これで4回ぐらい読んだと思うけど、いつも読後に妙な気分になる。 面白かったーと喜んだり、何じゃこれと失望したりという激しい感情じゃなくて、 慣れ親しんだ東京の話のはずなのに、何か知らない別の街を題材にしたおとぎ話を 聞かされたような、まったりした感じ。 きっとこれが、哲学者だという著者のマイケル・ブロンコが書く文章の力だね。 普通の外人さんと違い、異文化に驚くだけで終わらず、そこに哲学者らしい解釈を ちょぴり詩的に加えてるのが印象的だった。 大袈裟に褒める訳でもなく、手厳しく批判するでもなく、彼独特の言い回しで東京 の一部を切り取ったエッセイの集合を、退屈と感じる人もいるかもしれないけど、 自分にとっては、味わった事のない感慨を与えくれる貴重な本です。 ま、そんな曖昧な紹介はこの辺にして内容に少し触れると、著者は宅配便の便利さ にいたく感銘した模様。ほとんど奇跡だとまで言ってます。^^ 日本人にしたら当たり前の事だけど海外では違うんですかね? 面白かったのは、やっぱりTシャツのなんちゃって英語は最初凄く気になったみたい ですよ。女性が胸の位置に「ロッキー山脈」とか「天国の門」とかプリントされた Tシャツを着てると思わず視線が胸に吸い込まれると言ってます。^^ まあこれは定番ネタですね。でも彼の場合は、呆れるだけで終わらずそこで哲学 しているのが売りです。

8位
クール・ジャパン 世界が買いたがる日本
クール・ジャパン 世界が買いたがる日本
これはもうタイトル勝ちというか、日本人なら思わず手に取りたくなるでしょ。^^ でも、ちゃんと中身も充実してますから問題無しです。 2年ほど前の本なので、内容に新鮮味は欠けてますが、ホンダが二足歩行ロボットを 創る際、法王に神への冒涜にならないかお伺いをたてに行き、それもまた神の御心に かなうとお墨付きを頂いたとか、フランスで日本色丸出しのアニメめぞん一刻が 大人気だったというのを読むと、理屈ぬきに楽しくて堪らないのですよ。 著者はデジタルハリウッドの学長さんだったりするので、そういう世界に広がる オタク文化をビジネスや産業と絡めて解説されてもいます。

9位
シュリーマン旅行記 清国・日本
シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))
トロイの木馬で今日でのも有名なトロイアの遺跡を発見したシュリーマンはみなさんご存知でしょう。 しかし、彼が日本へ来ていたことを知る人は意外と少ないようです。もちろん自分も知りませんでした。^^  タイトルからも分るように、この本の1/3は清国(万里の長城や上海など)に割いてます。 しかし、残りの全てがあのシュリーマンが書いた日本見聞録。それだけでもう必読ものでしょ。 amazon顧客リビューのずらっと並んだ高評価ぶりを見て頂ければ自分が言う事は何も無いです。

10位
誰も書かなかったイラク自衛隊の真実―人道復興支援2年半の軌跡
誰も書かなかったイラク自衛隊の真実―人道復興支援2年半の軌跡
amazon内容紹介 : イラクと日本で何があったのか!最も危険をともなう撤収は、いかに行われたか?なぜ、一人の殉職者も出さずにすんだのか?10次、5500人にわたる自衛隊史上最大の任務―その人間ドラマと緊迫のドキュメント。
当時のマスコミ報道は本当に酷かった。今でも大して変わらないですけどね。^^ だから、自衛隊の活動は実際の所はどうだったの?という方には是非読んで貰いたい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。