2008年10月29日

NY市の司書、図書館で娘のマンガを宣伝して罰金。でもウハウハ?

元ネタ  animenewsnetwork.com


ずっと順番待ちしてたニッポンの評判―世界17カ国最新レポートをやっと借りれた。
昨晩、半分ぐらいまで読んだけど・・・・・・・
メチャクチャ面白いぞー!!!
と叫びたくなるほどのヒットでした。自分にとっては。^^
今回は中身を紹介してる時間がないので、amazonの紹介文を引用。
「日本人男性はキュート」(オーストラリア)、「中国人は大嫌い、でも日本人は大好き」(トンガ)、「アイロンもビジネスマンも、日本製は信用できる」(ドバイ)----。日本人がまじめに働いてきた年月は、世界で確実に評価されていた。「クール・ジャパン」への熱いまなざし、意外なほど根強い「親日」の精神。「日本が世界でどう思われているか知ってほしい」という願いを持った、各国在住の書き手による最新レポート。
やっぱり実際に海外に長年住んでる人達の話は面白い。
そんな訳で、しばらくこの本をプッシュさせて頂きます。
ニッポンの評判―世界17カ国最新レポート (新潮新書 276)

さて本題ですが、記事タイトルの通り。
NY市の名門高校に勤める司書が、自分の娘が絵を担当したマンガを
図書館でディスプレイまでして強く推薦していたことが問題になり
罰金を科せられたそうです。娘を応援したい親心は理解できますが、
さすがにこれは公私混同、職権乱用?のそしりを受けても仕方ないかと。
あのニューヨークタイムズがこの件を記事にして、それをソースに
北米大手アニメサイトのANNが記事を書いてました。
こういった親バカ的なニュースに海外のオタクたちがどう反応するのか
気になったので取り上げてみました。たぶん袋叩きでしょうけど・・・
では、興味のある方は続きをどうぞ。:)


Librarian Fined for Promoting Daughter's OEL Manga
posted on 2008-10-24 21:43 EDT

Shakespeare's Macbeth: The Manga Edition

ニューヨーク市の名門ブルックリン工業高等学校の司書Robert Grandtは、
彼の娘Eve Grandtがイラストを担当し先日出版されたシェークスピアの
マクベスのマンガ版(この劇の要訳をCliffsNotesスタイルで描いたもの)を
宣伝したことにより、市のConflicts of Interest委員会から500ドルの
罰金を科された。

Grandtは、図書館会報でこの本を取り上げたり、図書館内に「これまでに
書かれた本のベスト」という飾り付けをした。
Conflicts of Interest委員会(市の公務員の倫理行動規則を監督する)は、
Grandtが市の職員としてニューヨーク市憲章の2604(b)(3)項に抵触すると
判断した。

罰金に加え、Grandtはこの違反を認める事とこの件で提訴する事を
放棄する旨の書類にサインをするよう要求された。
2月からスタートしたWiley社のマンガ版シリーズは、シェークスピアの
ハムレット、ジュリアス・シーザー、ロミオとジュリエットなども含まれる。
ナサニエル・ホーソーンの緋文字、マーク・トウェインのハックルベリー・
フィンの冒険も来年2月に出版が予定されている。
各々の本のイラストレーターには別のアーティストが起用され、デザイン学校
の教授Adam Sextonが監督する。
このシリーズは、を英国のマンガ出版社SelfMadeHeroのシャークスピア漫画
シリーズとは無関係だ。それらは、シェークスピアの英雄やプロットを現代
やSF、ファンタジーを舞台に使用している。

Source: New York Times


☆ この記事へのコメント ☆

Splitter
なんでマクベスがヘルシングのアンデルセン神父にそっくりなんだ?

Agoston
これはないわ。この男と娘が可哀相だよ。
だって、いくら宣伝したってこんな本は誰も買いやしないんだから。

fighterholic カリフォルニア
残酷な結末だな。

Juhachi
へい、これこそ良い宣伝じゃないか。そうだろ?
たぶんこの男はわざとやったんだよ。馬鹿なNYタイムズが無料で
このマンガをPRしてくれると踏んでね。

Agoston
そいつは面白い視点だな。でも、NYタイムズがこんな瑣末なことを
取り上げるとは思えないけどね。

Paploo
このシリーズのハムレットを持ってるよ。シェークスピアのマンガ化
としてかなり高いクオリティだったな・・・・・・ちなみに、これらは
通常、本屋のシェークスピアコーナーに置かれてるんだ。
この司書には気の毒だったね。彼は娘を誇りに思い、彼女の作品を紹介
して助けてやりたかっただけなのに。こんな個人的で小さな事には
もうちょっと対応の仕方があるだろ。

rankothefiremage
確かにこれは市のルールを破ったのかもしれないが、市議会だって
強引に任期を延長しちゃったじゃないか。そうだろ?

marzipan.dragon
ふむ、俺もこの父親にちょっと同情するね。もう少し良く考えてから行動
した方が良いと思うが、娘の作品を応援したいという気持ちは理解できる。

BleuVII
最初は、「ひでえ、じゃあ他のどこで自分の家族を誇ればよかったと
言うんだ?」と思ったけど、よく記事を読んで彼がこのマンガを推奨
したあおり文句「これまでに書かれた本のベスト」を見たら、さすがに
これはやりすぎ、おっちゃんが悪いわと考え直した。

CCSYueh サンディエゴ
娘を誇りたいなら、HPでも作って作品を紹介すれば良かったんだ。

frentymon ピッツバーグ
>NYタイムズがこんな瑣末なことを取り上げるとは思えない

いや既に記事になってるから。このANNの記事はそれをソースにして
書かれてるんだよ。まあとにかく、これは軽い違反に軽い罰則さ。
500ドルの罰金は必ずしも厳しすぎる罰ではないし、家族の作品を
宣伝するのはあまり褒められるマナーじゃあない。
例えば、俺を捕まえた警官以外は全く他に車がいない深夜2時の高速道路で
スピード違反として400ドルの罰金を取られたぐらいの感じか。
めっちゃ不当でもないし、酷い無法行為という訳でもない。

Teriyaki Terrier
>こんな個人的で小さな事にはもうちょっと対応の仕方があるだろ

誰か一人を特別扱いしたら、他の全ても特別扱いしなくちゃいけなく
なったりするんだよ。彼は間違ったことをしたし、他にもっとやりようが
あった。それなのに、こんな軽い罰則で済んだんだから彼は喜ぶべきだよ。

Mr. sickVisionz
「これまでに書かれた本のベスト」には笑った。お父さん言い過ぎ。

ikillchicken バンクーバー
妥当な結末じゃないか。たった500ドルの罰金で済んだんだから、いきなり
破産することもなければ、借金をすることもないだろ。
彼が娘を応援したかったのなら、友達に彼女の本を薦めるべきだったな。
図書館で顧客との日常的な会話の合間にさりげなく薦めることだって
できたはずだ。なのに、彼は少しやり過ぎてしまったな。

atlanime
厳密に言うと、今回の人達によって「書かれた」本じゃないけどね。
だから、本当の意味での身内推薦ではないな。本物の作者はもう何世紀
も前に死んでるんだから。

Leon Evolon
罰がちょっと厳しい気もするが、一人を見逃したら後に続く奴が出て
着ちゃうからな。それと、「これまでに書かれた最高の本」てのは・・・・・・
まあなんだ・・・・・・もう少し謙遜てのを覚えれば、長い目で見て
彼の人生を助けると思うんだ。

Zin5ki ロンドン
この罰金が本当に厳しいかどうかは自分には分らないが、正直に言って
この件の当事者たちを同情する気にはなれない。

Paludis
でもさ、マンガって全てのコミックの総称的な言葉なのか?
俺は、日本製のコミックという意味だとばかり思ってたよ。

hikaru004
へぇ〜、きっと今ごろ当初の予定よりもこのマンガを増刷してるんだ
ろうなあ。だから、この司書は我ながらよくやったと自画自賛すべきだよ。
そして罰金は彼の娘が払うべきだね。XD
ほんと親ってのは大変だな。

Olliff テキサス
この司書が罰金に値するというのには同意。だがこの処罰は甘すぎると思う。
上で誰かも言ってるように、この司書は首になっても不思議じゃなかった。
500ドルの罰金は馬鹿馬鹿しいほど軽い。特にメディアによって無料でこの
マンガが露出したことを考えればね。このANNの記事だけでも恐らく500ドル
以上の宣伝価値がある。NYタイムズなんてその20倍以上の価値があるだろう。
この荒業は、もし軽い罰で済むということを知っていたのなら、たくさんの
無料広告を打つという司書の計画だった
のかもしれないな。


これは穿ちすぎだと思うけど、本当にそうだったら凄いやり手だ。
そういう推理がありなら、ここはもう一歩妄想を逞しくして、実はこの
マンガの絵を担当した娘が父親を上手く操ってここまで話題を大きくした
というのはどうだろう。きっと娘は今ごろウハウハでこんな感じに・・・・・・
keikakudouri12.jpg
ニヤァ、計画通り。
みたいな。^^;

この件の外人さんたちの反応は、自分にとってちょっと意外だったかも。
公私混同した父親の司書を情け容赦なく叩くレスばかりかと思ったのに、
500ドルの罰金ですら厳しいという意見が半数ぐらいいました。
こういう親子の情絡みには弱かったりするんだろうか。
いつもはノーマーシーなのにね。ちょっと不思議。

でもさすがに、「これまでに書かれた本のベスト」とまで娘の本を
もちあげる厚顔無恥さには呆れてる人が多かった。
自分も良くそこまで臆面もなく言えるなあと逆に感心したり。
このお父さん、約5万円の罰金で済んだけどここまで騒ぎになったら
職場の図書館でも色々言われてそうですね。
でも、あの面の皮の厚さがあれば大丈夫かも。^^

banner2.gif アンデルセン神父に似てる・・・・・・のか?


某所で取り上げられてたので便乗。
ジワジワと人気が出てる模様。
ゆるい変態ギャグだけどいやらしさはなく笑えるとのこと。
マンガ家さんとアシスタントさんと 1 (ヤングガンガンコミックス)
マンガ家さんとアシスタントさんと 1 (ヤングガンガンコミックス)ヒロユキ

おすすめ平均
stars頭が真っ白に
stars変態と言う名の紳士だよ
stars抱腹絶倒!
stars生活感たっぷりのギャグ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by のぶ at 20:28 | 東京 ☀ | Comment(93) | TrackBack(0) | News(ニュース)
   
この記事へのコメント
  1. Posted by ハヤシ at 2008年10月29日 20:36
  2. 1ばん?!
    Posted by at 2008年10月29日 20:36
  3. 3ばん?
    Posted by   at 2008年10月29日 20:41
  4. ヒロユキの漫画は流石におもしろい
    Posted by n at 2008年10月29日 20:51
  5. 日本…高校の図書室には本好きな眼鏡の図書係
    米国…高校の図書館には娘びいきのおっさん司書
    Posted by   at 2008年10月29日 20:57
  6. 実は出版社と販売店が共謀した計画。
    でも出版社は販売店を支える事ができず破綻。
    Posted by at 2008年10月29日 21:52
  7. 写真の女の子は子役のプロなんだよな?
    素人がカメラの前であんな表情できるわけないよ
    Posted by at 2008年10月29日 21:55
  8. >意外なほど根強い「親日」の精神。
    夢いっぱいだねえ。
    Posted by at 2008年10月29日 21:56
  9. >意外なほど根強い「親日」の精神。
    こう言うのを「うちは金持ち」幻想って言うんだね。
    今の時期にこんな事を言ってるのは両津勘吉レベルだと思うけど。
    本人は屈託なく「金持ちだけどいい人」のつもりなんだよね。
    Posted by at 2008年10月29日 22:00
  10. でも「国民が進んで支える日本」は難しいと思うよ(笑)。
    Posted by at 2008年10月29日 22:02
  11. 米国人の意識調査、「日本より中国が重要」が51%に

    【ワシントン=弟子丸幸子】国際問題研究などを手がける米シカゴ・カウンシルが28日に発表した米国人の日本に関する意識調査で、
    日本よりも中国を重視する人が過半を占める結果が出た。
    米国の利益にとって日本と中国のどちらが重要かとの二者択一の質問に「中国が重要」との答えは51%となり、「日本が重要」(44%)との回答を上回った。

    米国にとって「非常に重要な国」のランキングでも、中国が3位で、日本は4位となった。1位は英国、2位はカナダだった。
    ただ、国際社会において中国が急速に台頭していることに関しては「日米両国が協力して中国の権力を制限すべきだ」との意見が54%に達するなど中国への警戒心が残ることも分かった。
    調査はマイケル・グリーン米国家安全保障会議(NSC)前アジア部長が監修し、7月上旬に実施した。有効回答数は1505人だった。 (19:11)

    http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081029AT2M2902J29102008.html
    Posted by at 2008年10月29日 22:02
  12. 売国奴 イメージまでも 売り払い
    Posted by 読み人知らず at 2008年10月29日 22:05
  13. ※8・9は海外に行ったことないんだろうなぁ
    Posted by at 2008年10月29日 22:12
  14. お前らってこれからほとんど記事と関係のない話で盛り上がっていくんだろ?
    そういうゴミ連中は、記事裏にでもせっせと書いてくださいね。
    Posted by at 2008年10月29日 22:12
  15. >誰か一人を特別扱いしたら、他の全ても特別扱いしなくちゃいけなくなったりするんだよ。
    その次に来るのは何だろう?
    個人が組織に盲従する社会だろうか?
    それとも組織と言う発想の限界だろうか?
    Posted by at 2008年10月29日 22:17
  16. 「うちは公務員家庭なんだから、国を語らないとどうしようもないんだよ!」
    「それはつまり魔族ということかい?」
    Posted by at 2008年10月29日 22:19
  17. >意外なほど根強い「親日」の精神。

    いいんじゃないの?
    私が学生の頃は、「日本人って外人からこんなに嫌われてる・恥さらしな日本人」的な本や記事ばっかだったし。
    今となっては「よくぞ騙してくれたな」って感じなので、これくらいの本があった方がバランスがとれるような気がする。
    (でも昔の自虐的教育かつ社会風潮を知らない若い人は、逆に片寄ってしまうかも・・・)。
    Posted by さとー at 2008年10月29日 22:30
  18. 「つまりボクは迷える子羊たちを導く羊飼いなのさ!」
    「留年生が新入生にジュース買って来いと命令を下すのは、何かが間違ってると思うよ」
    Posted by at 2008年10月29日 22:30
  19. >実は出版社と販売店が共謀した計画。
    実はマルフォイ父とダンブルドアが共謀した計画

    >でも出版社は販売店を支える事ができず破綻。
    でもマルフォイ父はダンブルドアを支える事ができず破綻。

    マルフォイ本人はキョトンとしてる。
    Posted by at 2008年10月29日 22:40
  20. >本人は屈託なく「金持ちだけどいい人」のつもりなんだよね。
    それが第一。
    他は全てそれに合わせろと思っている。
    一般人の常識の範囲には存在しない甘え。
    Posted by at 2008年10月29日 22:44
  21. 「人はパンのみに生きるにあらず」
    「充分なパンの備蓄があっての話だな」
    「そこでおりこうさんなあなたにラッキーハッピーチャーンス!ユーとミーとは充分な備蓄でウハウハ!」
    「そう言う話は族長にしてくれ」
    Posted by at 2008年10月29日 22:51
  22. そして魔が棲むとまで言われた森が切り開かれました。
    族長と新技術を持ち込んだ変な奴はたっぷりと太りました。
    「人はパンのみに生きるにあらず」
    「パン?」
    「まああれはチャーシューっぽいけど。」
    Posted by at 2008年10月29日 22:55
  23. 「大津波だー!世界が全て変わってしまうぞー!」
    「インドって仏教だったっけ?」
    「ヒンズーだろ?」
    「あのマンガな」
    「座興のマンガとして楽しむ人はいるらしいな」
    「仏教ってこいつらだけだろ?」
    「インドでは単に変な奴と思われてるんだよな」
    Posted by at 2008年10月29日 23:04
  24. インド仏教=アキハバラオタク 説浮上 
    Posted by at 2008年10月29日 23:09
  25. 私財を投じて熱心な布教活動にいそしむ人もいたという、、、
    Posted by at 2008年10月29日 23:10
  26. 大原娘  「お父様!」
    大原部長 「、、、もはやこれまで」
    大原娘  「両津さんは?あの人は他にどうする事もできませんわ!」
    大原部長 「あいつはダメだ!知ってるだろう!あれは本物のバカだ!」
    大原娘  「わたくし!両津さんの子供を生みます!」
    大原部長 「!」
    大原娘  「、、、」
    大原部長 「、、、血か、、、」
    大原娘  「オール オア ナッシング!」
    大原部長 「、、、」
    Posted by at 2008年10月29日 23:22
  27. 「ニッポンの評判」は俺も読んだけど、親日の情報だけ書いてあるんじゃなかったぜ。フィンランドでは、相手を見下してヒンシュクかってる日本人もいるらしい。向こうにはnokiaがあるってのに日本製品最高!のノリでいったおかげでな。

    まあ後はほとんどいい話だったけど。
    Posted by at 2008年10月29日 23:27
  28. 1992 マイケルクライトン著 ライジングサン

    前半は日本人が喜びそうな事が書いてある。
    しかしあるページを境に意味不明な迷走に終始しそのまま終了。
    浮気がバレたオッサンの言い逃れを連想させる。
    Posted by at 2008年10月29日 23:37
  29. 大原娘  「お父様!」
    大原部長 「、、、もはやこれまで」
    大原娘  「アメリカさんは?あの人は他にどうする事もできませんわ!ヒスパニックの勢いも本格化してるし!」
    大原部長 「あいつはダメだ!知ってるだろう!あれは本物のバカだ!」
    大原娘  「わたくし!アメリカさんの子供を生みます!」
    大原部長 「!」
    大原娘  「、、、」
    大原部長 「、、、血か、、、」
    大原娘  「オール オア ナッシング!」
    大原部長 「、、、」
    Posted by at 2008年10月29日 23:41
  30. 典型的なヒスパニックチンピラーズ 「オッオオーゥ。ただのバカに勝っても勝ったうちに入らないね。俺は天下取ると言って村を出たね。これでは単にドツボにインよ。オッオオーゥ」
    Posted by at 2008年10月29日 23:49
  31. 典型的なヒスパニックチンピラーズの皆様も大層お困りではありますが、バカがバカである限り結論はひとつでございます。
    ではお後がよろしいようで。
    チキチンドンチンドンチンドンペンペン♪
    Posted by at 2008年10月29日 23:54
  32. >これでは単にドツボにインよ。
    ようこそキューバへ!
    Posted by at 2008年10月29日 23:57
  33. >これでは単にドツボにインよ。

    ようこそドール社フィリピンプランテーションへ!
    Posted by at 2008年10月29日 23:58
  34. 「フィリピンプランテーションならデルモンテもあるでよ!
    バナナうまいでよ!
    なぜかバナナでダイエットだぎゃー!」
    「そんなムチャな」
    「何とかするのがお前達だぎゃー!」
    Posted by at 2008年10月30日 00:01
  35. ようこそ北朝鮮へ!
    Posted by at 2008年10月30日 00:04
  36. ようこそ日本へ!
    Posted by at 2008年10月30日 00:05
  37. >>11
    経済的に重要ってのは仕方がないだろ。
    日本だって中国抜きには製造できないものばかりなんだから。
    オタクの好きな裸体フィギュアだって、中国人のお姉さん達が色塗ってるんだし。

    >>17
    そういや、昔は日本は嫌われ者って話多かったなあ。あの頃から「在日」の工作が盛んだったんだな。
    Posted by at 2008年10月30日 00:07
  38. つまらないこち亀ネタをどこまでやるんだ
    Posted by at 2008年10月30日 00:09
  39. 人のブログを私物化してるやつがいるな
    Posted by at 2008年10月30日 00:13
  40. 陸軍中野学校招聘西洋人講師 「日本人は世界一!トリュフだ!フォアグラだ!食え食え!これぐらい知らないと恥ずかしいぞ!経費で!俺も食う!」
    日本人 「負けました」
    陸軍中野学校招聘西洋人講師 「われわれを活かすべき!経費使ったし!」
    日本人 「具体的には?」
    陸軍中野学校招聘西洋人講師 「翻訳サイトとかどうよ?語学力を活かして。うちの子供も先生だ!俺ってアタマイー!天才!マイクロソフトは協力的だぞ?反対派は封殺だ!コンピューター翻訳にはいやがらせだ!ウヒヒー!」
    Posted by at 2008年10月30日 00:28
  41. >>39
    俺もそう思う。
    もう人気もあるんだしこんなくだらない議論コメント機能
    廃止したら?と思う。
    Posted by at 2008年10月30日 00:39
  42. >>37 そうだね。

    ■アメリカの調査機関による最新の各国好感度調査(2008年)

    24ヵ国中 日本が好きが65%を超える国(自国を含まず) 12ヵ国
    24ヵ国中 中国が好きが65%を超える国(自国を含まず) 03ヵ国
    24ヵ国中 韓国が好きが65%を超える国(自国を含まず) 00ヵ国

    ソースは、
    Some Positive Signs for U.S. Image
    GLOBAL ECONOMIC GLOOM – CHINA AND INDIA NOTABLE EXCEPTIONS
    で検索
    Posted by    at 2008年10月30日 00:45
  43. 日本の評判は俺も読んだけど、結構批判的なことも書いてたけどね。
    今の若い日本人はダメとか、AVとかが日本女性のマイナスイメージになってるとか。

    あんま面白いとは思えない。
    というか最近はどの海外の反応をテーマにした本も内容が被ってきてる。ネタ切れっぽいわ
    Posted by   at 2008年10月30日 00:50
  44. 陸軍中野学校招聘西洋人講師 「閉鎖的な島国バンザーイ!もはやボクは神様!土人村の!」
    日本人 「それじゃ単にカーツ大佐ですよ。それに日本は対馬をはさんで大陸に近いですから、あなたが思っているほど情報を鵜呑みにしません」
    陸軍中野学校招聘西洋人講師 「じゃあ、あそこはどうよ!セブリゾート!フィリピンの!スタッフとして!語学力を活かして!上流社会のたしなみ学んだし!経費で!」
    日本人 「あそこでロケしたんですよ。カーツ大佐」
    Posted by at 2008年10月30日 00:56
  45. フィリピン人 「入荷大歓迎ね!ワタシタチも大好きよ!チャーシュー!」
    Posted by at 2008年10月30日 01:18
  46. 先日Youtubeで南極基地の映像見たよ。
    米軍基地な。10年間ぐらい原発稼動させてた事もあったそうだ。さすがアメリカだな。
    それがちょっとした町になってたな。
    アラスカのとある町と言われればそう見える。
    南氷洋の漁場をにらんだ燃料備蓄基地に転進できるのかもな。
    住人はそう思ってるのかもな。
    ひょっとしたらもう子供が生まれてるんじゃないか?南極生まれの。
    後に人類の始祖とされる、その名も南極太郎。一世か?
    彼を支えに行ったらどうよ?
    全てがここから始まるとか言って。
    南極ドリーム。誰もが南極を目指す時代が来てさ。
    先見の明で資源も法律も思うがまま。
    もはや免罪符を発行する権限があるんじゃないか?南極太郎。
    さあ。支えに行けよ。むしろ進んで。積極的に。もちろん。
    Posted by at 2008年10月30日 01:36
  47. なんかいつも以上に変な奴が湧いてるな。
    Posted by at 2008年10月30日 02:03
  48. 記事より写真にうけたwwwwwwww
    Posted by at 2008年10月30日 02:12
  49. ※37
    そうなんでもかんでも「在日」のせいにするのはどうかな?安易で楽だろうけど。
    あのころ(20〜30年前)はむしろ日本人がすすんで自らを貶めてたんだよ。なんでそういう勢力が生まれるのかはよくわからないし、うまく説明してる説も見たことはないが、まあ一応世界的にインテリ左翼は自国を悪く言う傾向にはある。日本みたいに極端に売国傾向なのは珍しいけど。
    俺もやはり中学生ころまではそうやって教えられて信じ込んでたよ。そういう教育が全国規模でなされることを「在日」のせいにするのは無理があるぞ。
    Posted by   at 2008年10月30日 02:58
  50. 「日本人男性はキュート」
    ごめんね、これはないわ。
    どこをどう見渡しても日本男は醜い容姿の人間ばかりだよ。
    悲しいかな、日本女を抱きたいと思う白人男がワンサカいるけど
    逆に白人女が日本男に対してそういう感情は死んでも湧かないもんな。
    まあある程度の劣等感はアメリカの戦後政策による刷り込みと電通の工作で思惑通りなんだろうけど
    外国に行けば一発目聞かれるのは「日本人のチンコ小さいよなw」だし
    最近はナヨっちい日本男が増えてきたし完全にLOSERだよな俺ら
    Posted by at 2008年10月30日 03:35
  51. 娘の心情を表現した写真が秀逸w
    Posted by at 2008年10月30日 04:54
  52. ハリウッド女とか日本人男と結婚してるじゃん。つか、何でお前が白人女代表発言するんだよw
    イチローとか小泉首相とかイケメン有名人が多くなるとやっぱりイメージよくなるよ。
    ただハリウッド役日本人のマイナス補正がな。
    Posted by   at 2008年10月30日 05:27
  53. 外人達の反応は意外でもなんでもないなぁ
    袋叩きだった方が意外だ
    Posted by at 2008年10月30日 05:55
  54. 外国人の親日話になると、必ず発狂するのが湧くねw
    日本が好かれるのが気に入らないのならスルーしとければいいのに、どうしても黙っていられないのだね。
    Posted by   at 2008年10月30日 06:21
  55. 他人の感情を「死んでも湧かない」なんてことが何でわかるの?
    「外国に行けば一発目に言ってくる」とかさ、あんたの思ってることや知識がすべてじゃないんだから、完全に負け犬だと感じている劣等感は日本人男性全体のものじゃなく自分一人だけで感じてればいいんだよ
    Posted by at 2008年10月30日 07:25
  56. Japanese Boys Are Cool

    http://jp.youtube.com/watch?v=LQt153KMJn0&feature=related

    なんか俺も載っけられてたんで、ついコメント群を読んでみたんだが
    俺に対してでは無いにしても、なんか、怖いw
    特亜の嫉妬コメの方が落ち着くw
    Posted by at 2008年10月30日 07:52
  57. 「ニッポンの評判」は中、韓、米東海岸の意見は今更だから除外した
    みたいに書いてあったから読んだ、そんな人向け。
    Posted by at 2008年10月30日 08:30
  58. >>56
    まじ?すごいやんw
    Posted by    at 2008年10月30日 08:56
  59. >>49
    (20〜30年前)はむしろ日本人がすすんで自らを貶めてたんだよ。


    ソース希望。
    Posted by at 2008年10月30日 10:21
  60. 火病の在日朝鮮人がソース貼られて黙ったwww
    Posted by   at 2008年10月30日 10:35
  61. 「これまでに書かれた本のベスト」とは
    「娘が描いた漫画本の中でベスト」の意味だったりしてw
    Posted by at 2008年10月30日 11:33
  62. いやこんなことに個別のソースとか言われても困るんだけど。
    朝日新聞や日教組が反日的報道や教育を行ってきて、同調する政治家や作家がいたのを「日本人がすすんで自らを貶める」と言うのが間違ってるかい?むしろそうとしか言いようがない。彼らのほとんどは日本生まれの日本人なんだから。どこが「?」なの?

    そうじゃないソースを出せとは言わないけど、これらは在日の工作活動の結果だっていうのならそれこそ容易にソース出せそうだけど?
    Posted by    at 2008年10月30日 11:34
  63. >>56
    自分の写真が動画に出てきたら驚くよねぇ。
    でもうp主はカッコイイと思って集めた画像だから凄いじゃないですか^^

    あと、特亜の必死コメには毎回笑わせてもらうわw
    他国の人に呆れられるってのに。
    Posted by at 2008年10月30日 12:17
  64. とりあえず日本は大国で有る事は事実だし、世界でかなりの好感度を持たれている事も事実。ソースは俺。
    だからこれから海外で生活する人もその評判を落とさないように節度ある態度で望む事。
    たまに痛い留学生とかいるけど、あの手は本当に日本の恥。
    Posted by at 2008年10月30日 12:33
  65. ※62
    ※49が、知ったか口調で書くからソースを求められるでは?
    Posted by at 2008年10月30日 12:39
  66. >「日本人男性はキュート」ごめんね、これはないわ。
    こういう悪質コピペみたいの信じてる奴もういないだろう。日本の男女を貶したり一方を持ち上げたりしてわざと喧嘩させるみたいなの。まだやってんのかよ。
    あと米国人の意識調査も、えーとどこで読んだか忘れたんで申し訳ないが、重要度で中国>日本ってなってんのは10項目↑のうちの一つにすぎず、あとは全部日本>中国という結果が出てるものだ。それをさも上記のように中国が勝っているように書いて読者をミスリードしてるわけ。
    Posted by at 2008年10月30日 13:05
  67. 俺より詳しい人がいっぱいいると思うけど、ゆとり教育を推進した政府の偉い顧問も、ゆとりが一段落したら韓国に行って、韓国の授業時間を大幅に増やしたんだよな。
    >>62
    日本人が外国に踊らされてることはいっぱいあるんじゃないの?
    Posted by at 2008年10月30日 13:26
  68. >>62
    59だけど、ググっても出てこなかったから質問しただけ。
    49が不確かなことを「在日」のせいにするのはどうかなと言っているから、てっきり「(20〜30年前)はむしろ日本人がすすんで自らを貶めてた」の部分はきちんとした情報源があるのかなと思った。「?」もそういう意味合いを兼ねて書いた。

    >>いやこんなことに個別のソースとか言われても困るんだけど。朝日新聞や日教組が反日的報道や教育を行ってきて、同調する政治家や作家がいたのを「日本人がすすんで自らを貶める」と言うのが間違ってるかい?

    ・・・これが、回答なのか。
    こんなことは、20〜30年前だけではなく、今でもあると思う。
    Posted by at 2008年10月30日 13:29
  69. >>いやこんなことに個別のソースとか言われても困るんだけど

    おおいに困ってろ。
    結局、対比として使っていた20、30年前の日本人うんぬん自体のソースを示せない時点で自滅。
    Posted by at 2008年10月30日 14:50
  70. 日本の好感度はカナダと同率で50%らしいから、身のない自国万歳な本ではないだろうけど、
    “世界のクール・ジャパン!”なんて浮かれ過ぎには注意、だとおもう。
    いつまでもそれなりに謙虚でいてほしい気がする。
    Posted by at 2008年10月30日 15:00
  71. スレちの嵐 ( ̄〜 ̄;)ウーン・・・
    Posted by at 2008年10月30日 15:33
  72. >>68
    >>62じゃないけど言わせてもらっていいかな?

    >こんなことは、20〜30年前だけではなく、今でもあると思う。

    ・・・と、あることを認めてしまったらそこで話が終わっちゃうじゃんか。
    Posted by at 2008年10月30日 17:35
  73. なんかこういう日本って世界から超好かれてる!とかクールジャパン!っての見てたら、隣の国と大差ないよなって思う
    Posted by at 2008年10月30日 19:52
  74. >>72
    59、68だけど、ごめん言葉足らずだったみたいで。

    質問の 「こんなことは、20〜30年前だけではなく、今でもあると思う」 はただの俺の思い込み、もしかしたら違うかも。
    ただ、49に対してして59でソースを求めたのは、俺や62が書いた「意見」じゃないんだ。もっと具体的な事件や書籍なんだけどね。

    68にも書いたけど49が不確かなこと責めるのなら、「あのころ(20〜30年前)はむしろ日本人がすすんで自らを貶めてたんだよ。」というコメントには、確かな情報源があるんだと思ったんだよ。わざわざ括弧を使っておおまかな年代が書かれている上に「むしろ」って強調してるからね。きっと明確な事件があったんだなと思ったわけ。それで調べてみたんだけど・・・

    だけど、62の「意見」を聞いて、どうやら49も同じように憶測で物を書いてるなと思ったと言いたかった。
    Posted by at 2008年10月30日 20:04
  75. >>73

    そもそも「クールジャパン」と言う言葉は海外メディアが作り出した言葉だよ。

    それに、日本の好感度も海外メディアが調査したもので、それ等の事実を日本人に伝えてるわけだから、隣の国みたいに、””何の根拠も無く””言ってるわけではない事を知っておいたほうが良いよ。

    日本マスコミは「日本は駄目だ」とかマイナスな事しか言わないから、こういう「日本の良い評判」などプラスの事も伝える事で、バランスが取れると思うよ。
    Posted by at 2008年10月30日 20:53
  76. >59
    >62
    >74
    >その他

    すまんが、横から口を挟みます。
    「あのころ(20〜30年前)はむしろ日本人がすすんで自らを貶めてたんだよ。」というコメントには、実は私自身も実感があります(実感があるだけで、ソースはありません。まあ、図書館とかで探せばあるでしょうが)。

    学校の朝礼で、学校の授業で、テレビのニュースやドキュメンタリーで、雑誌で。
    マンガやドラマで。
    挙げるとキリが無いくらい、負の方向に向いていました。
    本来は蔑視の意味ではなかった「エコノミックアニマル」という言葉でさえ、マスコミや評論家にかかると、日本人を卑下する言葉(外人にバカにされているという意味ではなく、日本人自身が反省しなければならないという意味)になりました。

    あれだけ大規模かつ常識としての「みにくい日本人」という認識が「在日」による工作とは、私自身もちょっと思えません(ただし、変な右翼もどきも多かったので、何かやってた可能性は高そうですが)。
    むしろ、団塊の世代の共通認識が世論を形作っていたように思います。なんでそんな認識に至ったかというと、それこそ長くなるので省きますが。

    さて、ここは政治ブログではないし、メインの話題でもないので、この辺りで止めときます。
    長文すみません。
    Posted by さとー at 2008年10月30日 21:57
  77. 火〜病。
    Posted by   at 2008年10月30日 22:11
  78. >>76
    だからそれソースがない時点で、あなたの意見でしょ。

    >>学校の朝礼で、学校の授業で、テレビのニュースやドキュメンタリーで、雑誌で。マンガやドラマで。
    挙げるとキリが無いくらい、負の方向に向いていました。

    こんなの今でもあるじゃん。

    >>あれだけ大規模かつ常識としての「みにくい日本人」という認識が「在日」による工作とは、私自身もちょっと思えません(ただし、変な右翼もどきも多かったので、何かやってた可能性は高そうですが)。

    それほど、大規模かつ常識ならソースの一つや二つ貼れるだろ。

    >>さて、ここは政治ブログではないし、メインの話題でもないので、この辺りで止めときます。

    だったら、堂々巡りになること書くなよ。ソース一つ張るだけで終わることなんだから。
    Posted by at 2008年10月30日 22:28
  79. >>76
    だから、ソースがない時点でそれあなたの意見でしょ。

    >>学校の朝礼で、学校の授業で、テレビのニュースやドキュメンタリーで、雑誌で。
    マンガやドラマで。
    挙げるとキリが無いくらい、負の方向に向いていました。

    こんなの20〜30年前に限らず、今でもあるじゃん。


    >>あれだけ大規模かつ常識としての「みにくい日本人」という認識が「在日」による工作とは、私自身もちょっと思えません(ただし、変な右翼もどきも多かったので、何かやってた可能性は高そうですが)。

    それほど、大規模かつ常識だったならソースの一つや二つあるだろ。

    >>さて、ここは政治ブログではないし、メインの話題でもないので、この辺りで止めときます。

    だったら書くなよ。ソース一つ貼れば終わる話なんだから。
    Posted by at 2008年10月30日 22:42
  80. すまん、重複投稿してしまった。
    Posted by at 2008年10月30日 22:45
  81. おまえらの議論の意味が分からん。論点を明確にした上で記事にそぐわないのならば止めろ。
    Posted by at 2008年10月30日 23:04
  82. つまり、自国を誇ることの是非について真面目に議論しちゃうのが日本人という人種ということだ。
    Posted by at 2008年10月30日 23:52
  83. >78
    >79

    ソースになるかどうかわからないけど、
    「自虐史観」
    を検索かけて調べてくれ。Wikiでもいいぞ。

    それに、「エコノミックアニマル」という言葉の、日本と外国との概念の違いも証拠になると思うけど?

    昔、当たり前のように出版されていた本からも、当時の風潮を知る手がかりになると思う。
    石坂啓『安穏族』、森村誠一『悪魔の飽食』、落合信彦『狼たちへの伝言』。
    他にもいろいろあると思うし、時間をかければもっと出せると思うけど、こういう細かい資料を出しても、内容が内容だから難しい。

    >ソース一つ貼れば終わる話なんだから。

    とあるけど、たぶん無理。
    「当時の風潮」を証明するのは、「一つの事件」を証明するのとはワケが違うから。
    正直、そこまでやるつもりはないよ。
    あとは、当時の「天声人語」でも読んでくれ。
    Posted by さとー at 2008年10月31日 00:10
  84. 学校図書館のディスプレイなんてほとんど司書教諭の一存じゃないか…?
    まあ向こうはシステムも考え方も色々と違うんだろうな
    宣伝も異常なほどウザかったんだろうか
    Posted by at 2008年10月31日 02:04
  85. >>81
    論点は、49の「あのころ(20〜30年前)はむしろ日本人がすすんで自らを貶めてたんだよ。」が正しい情報かどうか。

    以下はその様子を多々省略しながら解説
    1、議論は、49自身が不確かなことをかくのはどうかなと書いているため、59がその裏づけの情報源を求めて勃発。
    2、62の回答で49は、「朝日新聞や日教組が反日的報道や教育を行ってきて、同調する政治家や作家がいたのを「日本人がすすんで自らを貶める」と言うのが間違ってるかい?むしろそうとしか言いようがない。」を根拠として書いたことが判明。
    3、59が、情報源が示されていないため「それは、あなたの意見である」and「その理由では現在とあまり変わらないため、特に20〜30年前の日本人がすすんで自らを貶めていたとはならない」と反論。
    4、火病登場、ここから変にこじれる。79=59、83=49でいいのか?なんか違うような気がしないでもない。
    5、83が79が求めていたと思われる「日本人が自虐している書籍」を提示。ただ49が求めていた現在と比べて、20〜30年前が特に・・・は「当時の風潮」を証明する必要があるとし、事実上困難であることを示唆。よって終了。

    結論、記事とはまったく関係ないことを議論している。
    Posted by at 2008年10月31日 04:01
  86. MacbethってW.Sheakspearのだよね。戯曲だし構成がむつかしいのではないかい。兎も角、冷静だなあ
    Posted by   at 2008年10月31日 06:57
  87. 本場イギリスにシェイクスピアのマンガがあるが
    あれはやめてほしいと思った
    舞台が日本でヤクザの抗争で引き裂かれるってやつ
    しかも日本の大学の教材になってるとかありえねー
    Posted by at 2008年10月31日 19:28
  88. 私49なんですがね、
    >85
    いや1から違うでしょ。在日が原因なんだという確証がなければ、それは日本人がやってるとしか言いようがないというだけ。安易に人のせいにするのはどうかということです。
    2や3であたかも私がソース・根拠無しで発言してるかのようなことを書かれてますが、日本人の政治家やマスコミの反日行為を「日本人が自らを貶める」と表現することに「ソース」が必要ですか?吉田清治が日本人であることを証明しろとか、そういう話なんでしょうか。
     

    何人かそんなのは今も同じとか言ってますが、その通り、この風潮は何も今に始まったことじゃありません。30年ほど前(それ以前は私は生まれてませんが、国会決議などからして反日思想跳梁跋扈という感じはしない)からそれはありますが、それは別に在日朝鮮人の工作の結果などとは言えないと言ってるんですよ。在日の工作結果であるなどというソースこそないわけで、それがないなら日本に反日思想が跋扈するのは日本人がやってることとしか言いようがないでしょう。

    >78
    今に始まったことじゃないってことがわかってるのなら、わかるでしょ。それとも今の状況は全て在日朝鮮人の工作の結果なのですか?

    まあでもこんなこと議論するよりは日本のこの現状どうするかのほうが建設的ですし、それよりもここではアニメや海外の話でもすることにしましょう。
    Posted by    at 2008年11月03日 20:12
  89. 船橋の土橋悦子司書に比べりゃ全然カワイイ事件だな

    職権で勤務先に自作を大量購入
    http://www5a.biglobe.ne.jp/~minoru-n/gikai/gikai17-3.html

    意見の違う蔵書を大量破棄
    船橋市西図書館蔵書破棄事件
    http://plaza.rakuten.co.jp/mizuhonet/diary/200507210000/


    何故かWikiの焚書項目から消されてるが、彼奴らのやり口には反吐が出るぜ
    Posted by at 2008年11月05日 11:55
  90. たしかに3×3アイズで「日本はアジアのガン」がショックだったけど受け入れていたのは自虐史観だったのかも
    Posted by at 2008年12月01日 11:23
  91. アメリカ人にとって、家族・家庭って重要だもんね。やっぱ温情的な反応が多いんだぁ。
    大統領選を見ても分かるけど、国家元首を選ぶのに家族があんだけフィーチャーされる、家庭イメージが支持率に直結するって、日本じゃ考えられないもんね。
    日本は離婚して独り身の小泉さんが大人気だったりして。
    Posted by at 2008年12月04日 00:04
  92. これが日本だったら掲示板でガンガン叩かれてるだろうな。
    漫画に難癖つけたり、キャプチャしたものを貼り付けて皆で笑いものにしたり。

    別に日本自虐でもアメリカ崇拝でも何でもなくそういう一部の連中が嫌いだ。
    Posted by at 2009年02月04日 05:45
  93. クロックス 販売
    Posted by chan luu ブレス at 2013年08月05日 13:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
雑記ですから

08/03/22

ブログの参考にしてる面白い本ランキング。

1位
オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
外人さんがアニメを中心とした日本のオタク文化を本にしたものは珍しくなく なってきましたが、その中でもこの本はダントツで理屈抜きに面白い。 何が良いって、著者のパトリック・マシアスが、アメリカで育った本物の ギークだって事に尽きる。子供の頃から、ゴジラやウルトラマンなどの特撮や バトル・オブ・プラネット(ガッチャマン)やスター・ブレーザーズ(宇宙戦艦 ヤマト)に夢中になり、アメリカのTV会社のいい加減さに翻弄されながらも、 オタクであり続けた記録が、微笑ましいやら楽しいやらで最高です。 内容にちょっと触れると、黒人やヒスパニックの危ないお兄さん達がドラゴン ボールのアニメTシャツを着てたりとか、リン・ミンメイにアメリカの少年たちが 「デカルチャー」しちゃったり、ガッチャマンのパンチラシーンで性に目覚め ちゃったり、ガンダムWでアメリカの十代の少女たちがヤオイに走ったりとか、 もう興味がない人にはどうでもいい話ばかりなんですが、ファンには溜まらない ネタのオンパレードで一気に最後まで読ませる魅力がある、というか魅力が溢れ まくってます。
自分が知る限り、彼以外のオタク本を書いてる外人さんは、アニメを楽しんでると いうよりも評論しているので、どうも上から目線の様に感じてしまいます。 スーザン・ネイピアさんの本を読んだ時も、そんな印象を受けましたよ。 日本を良く研究されていて、あ〜そういう考え方もあるのかあと、感心する一方、 彼女には、アニメに対しての答えが既に出ていて、その持論を補強するためのアニメ だけを例に挙げるので、ちょっとそれは違うんじゃないかと反発したくなる。 翻ってマシアスは、アニメを見る目線が自分とほぼ同じなので、共感できるんですよ。 ただ単純にアニメや漫画を楽しんで感じたままを書き連ねてる。学術的には価値が無い のかもしれませんが、自分にとっては凄く価値のある本だったりします。

2位
「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)
「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)
図書館で借り直してまた読んでみた。
やっぱり面白い。
地球の裏側にある全くの異文化で育った人の感想や考え方って、日本人には 想像できないような意外性があるし、普段は気にもしなかった事を指摘されると あ〜確かにそうだなと思わず納得させられる。 この作者のコリン・ジョイス氏のように10年以上日本で暮らし日本語がペラペラ になったイギリス人が、日本語の巧みな言い回しや表現・ユーモアに感心し楽しん でいると書いているのを読むと、単純に嬉しいし興味深い。 コリンさんは「猿も木から落ちる」という諺がかなり気に入った模様。 英語での「Nobody is perfect」なんて足元にも及ばないと言ってます。 この方は、ニューズウィーク日本版の記者を経て今はイギリスの高級日刊氏 テレグラフの東京特派員をしてるのですが、日本で「全米が泣いた」というフレーズ が流行った時は、それを記事にして送ろうとしたほど気に入ったそうです。 残念ながら、他の記者に先を越されてしまったようですが、まさか「全米が泣いた」 が既にイギリスで紹介されてるとは意外というか、そんな重要性が低い記事も 書いてるのかとちょっとビックリ。
他にも、プールに日本社会の縮図を見ちゃったり、美味しいけど味がどれも変わらない日本のビールにガッカリしたり、イギリスは紳士の国と言われて驚いたりと色々な面白エピソードが満載でした。 この面白さの半分でも見習いたんもんです。^^;

3位
中国動漫新人類 (NB online books)
中国動漫新人類 (NB online books)
目からウロコが落ちました。ボロボロって。 この本の趣旨の一つに「反日で暴れる中国人がどうして日本のアニメや漫画を楽し んでいるのか?」を考察するというものがあるんですが、正に自分が常々知りたいと 思っていた事なので、本当に楽しんで読めました。 著者は中国で生まれた日本人であり、大学で中国からの留学生を教えていたりもして るので、彼らの生の声を通訳など通さずにそのまま文章にされている所が魅力です。 スラムダンクが中国でもの凄いバスケブームを起こしたり、大人気のクレヨンしん ちゃんをパクッた中国アニメが中国人の小さな子供にも馬鹿にされてたりとかも 面白いネタだったんでが、コスプレイベントが中国の国家事業として企画されている という事実にビックリ。もちろん、何で反日教育をしてる中国政府が、日本アニメ 大好きの若者が日本のアニメキャラに扮するコスプレを自ら開催するのかという理由 も、著者なりに一つの解を示してくれています。他にもアメリカで起きた反日運動の 裏側など、アニメ以外の話題にも触れており読みごたえ十分な内容でした。 管理人同様、今の中国はどうなってんの?と思ってる人は是非読んでみて下さい。

4位
世界の日本人ジョーク集
世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)
内容はタイトルのまんまで、世界中の日本人を扱ったジョークを集めて紹介しながら 著者の海外経験を通して海外の人が持つ日本人の印象や実態とは少し違う固定観念などを面白おかしく、時には真面目に語ってくれます。 著者はルーマニアに2年間在住しており、その時に「キネーズ(中国人)!」とほぼ 毎日声をかけられたそうです。親しくなったルーマニアの友人に、何故東洋人を見かけ ると中国人だと言うのかと聞くと、「あの豊かで優秀な日本人がこんなルーマニアなん かに来るわけがない。中国人に違いない。って思うんだよ。距離感が違いすぎるんだ。 日本はずっと上過ぎてね。」と言われたとか。リップサービスを差し引くとしても 他のルーマニア人にも同様の意見が多かったと述べてます。 何か読んでてこそばゆくなってきますが、こんなのもあります。 アメリカが日本人を動物に例えると何かというアンケートが実施されて、一番多かった 答えが「FOX(狐)」だったとか。どうやら「ずるい、ずる賢い」という意味だそうですが、狡猾・卑怯者ぐらいに思ってるのかもしれませんね。 真珠湾から安保のただ乗り(と向こうは思ってる)、湾岸戦争でのお金のみの貢献に 日米貿易摩擦あたりでこういう印象になってるそうです。 とまあ、こんな風にちょっと顔をしかめたくなるようネタも載ってます。
全体的には面白い内容のネタが多いし、巻末の辺りでは世界中で愛されるアニメや 漫画のジョークもあったりするので、ここの読者さんならかなり楽しめると思います。 この本が話題になった頃は、よく2ちゃんねるでもこの本に載ってるジョークがコピペ されてたので、あーこれがネタ元かあと膝を打つ人もいるでしょう。 単純な面白さで言うと前回紹介した「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート よりも上だと思う。まあジョーク集だから当たり前なんだけど。^^;

5位
萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか
萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか
今やアメリカのMANGA出版社で1人勝ち状態になりつつある、VIZの創設メンバーである堀淵 清治氏が、アメリカでの漫画出版における艱難辛苦を当時を振り返りながら語っています。ご存知の様にVIZは小学館と集英社の共同出資による日本の会社です。だから自分はてっきりこの堀淵 清治氏も小学館か集英社の人だと思っていたんですが、さにあらず。 VIZを立ち上げる前は、アメリカに住んでるただの漫画好きなヒッピーだったようです。 VIZの立ち上げ直後はアメコミの会社エクリプスと組んでその販路を活用するも、アメコミの流通経路や販売方法に限界を感じ、尚且つVIZ単独での漫画出版の野望の為にエクリプスと袂を分かつ。その時の葛藤や苦労、その後のもう駄目かいう苦境にある女性漫画家の作品に救われたりと VIZの成長物語がとても楽しく読める。 アメリカにおける漫画黎明期をその直中にいた生き証人とも言うべき人の回顧録。 興味がある方は是非。

6位
私の部下はイギリス人―アングロサクソンが世界を牛耳っているわけ
私の部下はイギリス人―アングロサクソンが世界を牛耳っているわけ
これは面白かったというよりも先に、はあぁ〜とため息が出た。 ある程度分かっていたとはいえ、現地で何十年も働いた人から人種差別の実情を 語られると重みが違う。ほんと彼らは有色人種を差別することが骨の髄まで染み 付いてるというか、遺伝子に書き込まれてるんじゃないかって感じですよ。 しかし、その差別も年代によって少し様子が違うという所にイギリスの歴史が 垣間見えて興味深かったです。 著者はある日本の電気メーカーの現地法人社長をされてたのですが、イギリス人 社員のくせもの振りに随分と辛酸をなめさせられたようです。日本人の常識から すると、キチ○イ認定されそうな人が普通にゴロゴロいるってのが凄いですよ。 性善説で動くと悉く失敗し、自らのお人よしぶりを痛感させられたとありますから。 ほんと改めてイギリス人てこんな人間なのか、イギリスってこんな国なのかと 驚かされました。テレビなどで英国に良いイメージしか持ってない人にはかなり ショックな内容かしれません。 本筋の現地オフィス関連の苦労話は文句なしに面白かったですが、少し話しが それる部分はちょっと退屈だったかも。
とにかく良い意味でも悪い意味でも心に残るネタが多かったです。 ビジネス書ではなくエッセイなので、そういう問題に対処する方法が詳細に書いて ある訳ではないですが、英国の負の部分を実体験に基づいて書かれた本は意外と 少ないと思うので、是非一読してみて下さい。

7位
僕、トーキョーの味方です アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由
僕、トーキョーの味方です アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由
これで4回ぐらい読んだと思うけど、いつも読後に妙な気分になる。 面白かったーと喜んだり、何じゃこれと失望したりという激しい感情じゃなくて、 慣れ親しんだ東京の話のはずなのに、何か知らない別の街を題材にしたおとぎ話を 聞かされたような、まったりした感じ。 きっとこれが、哲学者だという著者のマイケル・ブロンコが書く文章の力だね。 普通の外人さんと違い、異文化に驚くだけで終わらず、そこに哲学者らしい解釈を ちょぴり詩的に加えてるのが印象的だった。 大袈裟に褒める訳でもなく、手厳しく批判するでもなく、彼独特の言い回しで東京 の一部を切り取ったエッセイの集合を、退屈と感じる人もいるかもしれないけど、 自分にとっては、味わった事のない感慨を与えくれる貴重な本です。 ま、そんな曖昧な紹介はこの辺にして内容に少し触れると、著者は宅配便の便利さ にいたく感銘した模様。ほとんど奇跡だとまで言ってます。^^ 日本人にしたら当たり前の事だけど海外では違うんですかね? 面白かったのは、やっぱりTシャツのなんちゃって英語は最初凄く気になったみたい ですよ。女性が胸の位置に「ロッキー山脈」とか「天国の門」とかプリントされた Tシャツを着てると思わず視線が胸に吸い込まれると言ってます。^^ まあこれは定番ネタですね。でも彼の場合は、呆れるだけで終わらずそこで哲学 しているのが売りです。

8位
クール・ジャパン 世界が買いたがる日本
クール・ジャパン 世界が買いたがる日本
これはもうタイトル勝ちというか、日本人なら思わず手に取りたくなるでしょ。^^ でも、ちゃんと中身も充実してますから問題無しです。 2年ほど前の本なので、内容に新鮮味は欠けてますが、ホンダが二足歩行ロボットを 創る際、法王に神への冒涜にならないかお伺いをたてに行き、それもまた神の御心に かなうとお墨付きを頂いたとか、フランスで日本色丸出しのアニメめぞん一刻が 大人気だったというのを読むと、理屈ぬきに楽しくて堪らないのですよ。 著者はデジタルハリウッドの学長さんだったりするので、そういう世界に広がる オタク文化をビジネスや産業と絡めて解説されてもいます。

9位
シュリーマン旅行記 清国・日本
シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))
トロイの木馬で今日でのも有名なトロイアの遺跡を発見したシュリーマンはみなさんご存知でしょう。 しかし、彼が日本へ来ていたことを知る人は意外と少ないようです。もちろん自分も知りませんでした。^^  タイトルからも分るように、この本の1/3は清国(万里の長城や上海など)に割いてます。 しかし、残りの全てがあのシュリーマンが書いた日本見聞録。それだけでもう必読ものでしょ。 amazon顧客リビューのずらっと並んだ高評価ぶりを見て頂ければ自分が言う事は何も無いです。

10位
誰も書かなかったイラク自衛隊の真実―人道復興支援2年半の軌跡
誰も書かなかったイラク自衛隊の真実―人道復興支援2年半の軌跡
amazon内容紹介 : イラクと日本で何があったのか!最も危険をともなう撤収は、いかに行われたか?なぜ、一人の殉職者も出さずにすんだのか?10次、5500人にわたる自衛隊史上最大の任務―その人間ドラマと緊迫のドキュメント。
当時のマスコミ報道は本当に酷かった。今でも大して変わらないですけどね。^^ だから、自衛隊の活動は実際の所はどうだったの?という方には是非読んで貰いたい。