2008年06月28日

おおきく振りかぶっては米国で苦戦するのでは? 海外アニメサイトQ&A

元ネタ Hey, Answerman!/Zac Bertschy, Jun 27th 2008


アニメ「おおきく振りかぶって」のライセンスをファニメーション社が取得した
ことは、海外でもほとんど話題になりませんでした。
個人的にこのアニメには思い入れがあるので、以前から良いネタはないかと探して
いたんですが、大手海外アニメサイトANNの名物コーナー「Hey, Answerman!」で
今回の記事タイトルのような質問がされて、それに回答男のザックが答えていま
したので、採り上げてみました。

どうるのかなと思ってたおお振りの英語名ですけど、「Big Windup!」とファニ
メーション社(FUNimation Entertainment)は決めたようです。
なかなかクールなタイトルだと勝手に思ってます。^^
TOPページだけでコンテンツらしきものはないですけど公式サイトが既にあります。
ファニメーションは、おお振りといい桜欄高校ホスト部といい自分のツボをよく
突いてくれるんで嬉しい限り。
そのホスト部は公式サイトで英語声優の発表をやってますね。脇役から。
主役クラスの発表は1週間後みたいです。
着々とDVDリリースに向けて動いていてホッとしました。ライセンスだけ取得して
後はほったらかしなんてアニメもありますからね・・・・・・
おお振りも速やかに着手して下さいな。


- 質問 -
お気に入りアニメのおおきく振りかぶってがライセンスされた事が、俺は凄く嬉しい。
だけど、ここアメリカではスポーツアニメは良い結果を残せないと何度も見聞きして
きてるんだよね。それはどうしてなんだい?


- 回答 -
ああ、実際にいくつかの理由が存在するんだよ。
まずスポーツアニメというのは、ほとんどのアニメファンのストライクゾーンから
はるかに離れた場所に位置しているんだ。
それらは、魔法を使う忍者や怒れるロボットよりもむしろ、少年スタイルの王道
であるトーナメント決戦をベースボールやバスケットで見せてくれるというのにね。
これまで、ほんの僅かなスポーツアニメしかアメリカでの販売の為にライセンス契約
をされたことがなく、それすらも冴えない売上げを見せ、初っ端からこのジャンルが
商業的に価値がなくファンの興味をそそらない事を自ら証明してしまったという事実
もある。

スポーツアニメがアメリカでめったに成功(もしあるなら)しない理由には、変わった
社会的要素も起因しているのではと個人的に考えている。
多くの自称オタク[nerds]たちが持っているステレオタイプな固定観念の一つに、
「自分たちは別にスポーツになんか興味はないよ、その代わりにビデオゲームや
ロールプレイング<roleplaying:ここではコスプレで役になりきる演技のことを
言ってるのかも>が好きなんだ。それに、フットボールやサッカーの熱いゲームに
匹敵するほどアニメは面白いんだぞ。」なんてのがある。
そんな彼らこそがオタク[nerds]であり、スポーツは体育会系[jocks]がするものだ。
だから、jocksがスポーツをするアニメなんて受けないのかもしれないね。
この事が彼らの潜在意識にどれだけ根深いのか、スポーツアニメの不人気にどれだけ
大きく影響しているのか確かなことは分らない。しかし、これが原因の一つである
ことは俺にはハッキリと分かる。

俺は釣りには一切興味が無い。
だから、釣りの世界大会のアニメなんてきっと観ようとは思わないだろう。
これも、凄くシンプルな話だ。

とは言うものの、俺はこんな逸話も良く聞いたりする。
一つのプロフェッショナルなものに特化したものや、フットボールとか料理など
特に興味のないものに特化した長期アニメを見続けると、その結果、視聴者は
そのフィーチャーされたものへの鑑識眼が成長していくという。
これは俺にも分る。自分も大学時代にスラムダンクという名の果てしなく続く道を制覇したことがあるが、それ以来NCAAバスケットボールを何気なくフォローし続けている。(これには俺の母校がバスケット狂いの大学だったからというのもある。でも、スラムダンク視聴マラソンをするまでは大して興味はなかったんだ。)

それに相反して、俺はアイシールド21の漫画が大好きでアニメもとても楽しみに
してるんだが、アメリカンフットボールは今でも死ぬほど退屈なんだよね。
結局は、人それぞれに好みがある[To each their own]って事なんだろうな。


☆この質疑応答へのコメント☆


loka
アンサーマンは私の言いたい事を正に代弁してくれています。
私はスポーツが嫌いだからスポーツアニメは観ない。
同様に、コンピューターが苦手で直ぐにイライラする人はバトルプログラマーシラセ
を好きになれないんじゃないかと考えてます。
BPS バトルプログラマーシラセ ( DVD2枚組 )
BPS バトルプログラマーシラセ ( DVD2枚組 )

DemonEyesLeo
俺にも一つアメリカでスポーツアニメが不調な理由を語らせてくれ。
それは、本物のスポーツファンにとっては納得するのがあまりにも厳しいシーンが
たくさん含まれてるという事なんだ。

ちょっと例を挙げてみる。俺はフットボールの大ファンだ。シーズン中は毎週欠か
さずに試合を観てるし、スーパーボウルもどのチームが出てこようが必ず観る。
いつもフットボールに関する問題やイベントの談義をしてるし、実は俺自身が
元フットボール選手だったりするんだ。だが、アイシールド21を観て楽しんでいる
時に、一つのエピソードで何度か、俺の経験と知識から失笑してしまう要素があるん
だよな。その好例が、デビルバッツが試合中のプレイとプレイの合間に40秒以上の
時間(ルール違反)を使って戦術の相談をしていることさ。

誤解しないでくれ、俺はこのアニメや漫画が好きだよ。
だけど、他のスポーツファンにこの作品を納得させるのは明らかに難しい事だよ。

doctordoom85
僕は本当にスポーツアニメが好きじゃないんだけど、Funimationがおおきく
振りかぶってをリリースしてくれるのを心待ちにしてるよ。
このアニメを観た人が言ってたんだ。これは他のスポーツアニメよりもチームワーク
を重要視して作られてるってね。それこそが僕にとって大事なことだから。
(結局、誰か1人だけではチームゲームに勝つことが出来ないもんね)

Maidenoftheredhand
私はスポーツアニメの大ファンではないし、ベースボールにも興味はないわ。
でも、おおきく振りかぶっては大好きなの。
スポーツの面でも良く出来た作品だけど、何と言ってもあのキャラクター達が私を
このアニメに繋ぎ止め続けたわ。だから、ファニメーションがDVDをリリースしたら
間違いなく私は買うわよ。

Zalis116
>そんな彼らこそがオタク[nerds]であり、スポーツは体育会系[jocks]がするものだ。
>だから、jocksがスポーツをするアニメなんて受けないのかもしれないね。

ここアメリカでスポーツアニメが芳しくない理由については、私も同じ事をずっと
考えていたわ。日本では、jocks vs. nerds なんていう「争い」の図式は一般的な
ことではないんでしょうね。恐らく日本でのクラブ参加へのルールが、ある時点で
ほとんどの人がスポーツをするようにしてるんじゃないかしら。

私自身のケースだと、スポーツは嫌いじゃないけど、もの凄く入れ込んでるって事
もないわね。それは、カンザスとデンバーの間にあるスポーツ不毛の地に住んで
るって事も一部にはあるわ。地元の大学チームを除くと、熱狂的にお金を使おうと
思えるような試合なんてないのよね。

だけど、私があまり視聴したことがないサブジャンルだから、スポーツアニメにも
いくらか投資して試してみるつもりでいるわよ。
おおきく振りかぶって Vol.9【最終巻】
おおきく振りかぶって Vol.9【最終巻】

Hon'ya-chan
イニシャルDがトヨタAE86カローラを欲しがる人達を新たに開拓したという話は
未だに良く聞くね。

>一つのプロフェッショナルなものに特化したものや、フットボールとか料理など
>特に興味のないものに特化した長期アニメを見続けると、その結果、視聴者は
>そのフィーチャーされたものへの鑑識眼が成長していくという。

俺の友達の1人もそうだったよ。
以前ダービーオーナーズクラブ[DERBY OWNERS CLUB]で遊んでたんだけど、今は
競馬レースを観るようになったんだ。(そして、Belmont<ベルモントステークス、アメリカ競馬三冠レースの一つで、毎年6月にニューヨークのベルモント・パークで開催される>で大金をすっちまったよ。クソッあのでかいだけのバカ馬め・・・・・

友達じゃなくて自分のことでしょ、その悔しがり方は。^^

ザックにコメントしてる外人さんのスポーツアニメには真のスポーツファンを
失笑させるシーンが多くあるという意見には自分も同意せざるを得なかったり。
テニスの王子様は言うに及ばずアイシールド21もあり得ないワザ意外にも色々
突っ込みどころは多いです。
しかし、最初からそういう作品なんですよね。
スポーツを題材にした友情熱血ドラマ、あるいはギャグ。^^
スポーツファンに向けてというより主に学生の漫画ファン向けに描いてると思うんで
あまり細かい突っ込みは野暮かと。まあ日本人ほど少年漫画のお約束に慣れてない
外人さんたちが戸惑うのは仕方ないと思いますけど。しかし、そういう意味では、
このおおきく振りかぶってという作品はアメリカ向きかもしれません。
突拍子もないワザは出てこずに、一球一球その状況に応じたインサイドワークを
語りながら試合が進むという形式で野球の醍醐味を楽しめるようになってるから。
これなら向こうの真のスポーツファンが観ても文句は出ないはず。
三橋のあのストレート、いわゆる「まっすぐ」に納得するかどうは微妙ですが・・・

アメリカの社会的要素も起因とザックが言っている、jocksやnerdsなどの分類ですが
ウィキペディア日本版にその階層が詳しく載っていました。
800px-SPOTUS.png
日本人が想像する以上の階級社会があるみたいです。
コロンバインの事件とかはまだ自分も記憶に残ってますよ。
これを見ると、向こうのアニメファンがジョックス達が活躍するアニメなんて
観たくないという気持ちも分からなくもないような・・・・・・

ちなみに、ANNが集計しているおお振りの視聴者評価はこんな感じです。
oofuri_data01.jpg
アメリカでは不人気なスポーツアニメの割りに結構評価が高いんですよね。
10段階評価で7(good)〜10(傑作)の評価をしている人が92.8%もいます。
これは、ひょっとすると・・・・・・・・
ま、何にせよ自分もおお振りの北米版DVDに期待してます。

banner2.gif 三橋が英語で狼狽する所が観たい


原作は2桁行きましたか。
まだいくらでも続けられそうなのでドンドン描いて下さい。
アニメもきっと第二期が・・・・・・
おおきく振りかぶって Vol.10 (10) (アフタヌーンKC)
おおきく振りかぶって Vol.10 (10) (アフタヌーンKC)ひぐち アサ

おすすめ平均 star
starあああああ、やっと!!!
star監督と選手、それぞれの思いにグッときた
star選手の心理がうまく描かれてる
star老若男女、誰にでもおすすめ
star頑張れ!西浦ーゼ!!
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by のぶ at 12:31 | 東京 ☀ | Comment(67) | TrackBack(0) | ANIME(アニメ)
   
この記事へのコメント
  1. イタリアでキャプテン翼がヒットするという不思議な現象が起きてるし、ルール違反云々はたいした理由じゃないだろうよ。
    Posted by at 2008年06月28日 12:39
  2. キャプテン翼は別格だからなあ。サウジアラビアとかでも人気だったよな。 キャプテンとかも絵柄を変えたら海外でも受けそうか。
    Posted by at 2008年06月28日 12:46
  3. 一言で表すと、アニメにマジレスしすぎ。よく外人は日本人はロボットのような生活をしてて人生楽しいのか?
    とか言うが、俺からしたらアニメにマジレスしてて人生楽しいの?って言いたいよ。なんでも実写化したがるアメリカ人ってのを感じた
    Posted by at 2008年06月28日 12:53
  4. スポーツものは10歳前後に見ておかないと耐性が付かないんじゃないか?
    Posted by at 2008年06月28日 13:00
  5.    外 人 = 中 二 病
    Posted by at 2008年06月28日 13:03
  6. 殿間の飛打とか見たらどう思うんだろうなw
    Posted by at 2008年06月28日 13:19
  7. YJサッカー創刊号を買った キャプ翼について各選手のコメント
    ロナウジーニョ(ブラジル代表) よく知ってるよ!マンガに出られてとても光栄
    カフー(ブラジル代表) 日本のサッカー場は僕らのより100倍広いのか?と思ってた
    ジラルディーノ(イタリア代表) 翼が歩んでいた道こそ僕らの夢そのものだったんだ
    トレゼゲ(フランス代表) いつだって僕のイメージの中には翼のゴールがあったんだ
    ガットゥーゾ(イタリア代表) 俺のお気に入りはひとりの勇敢なディフェンダー石崎だ!
    ピルロ(イタリア代表) 三杉のオフサイドトラップを思い浮かべて練習した
    ザンブロッタ(イタリア代表) 岬を見てモテる方法を懸命に研究したものさ
    トーレス(スペイン代表) スペインの子供達が持っている共通の夢じゃない?
    Posted by at 2008年06月28日 13:20
  8. >ガットゥーゾ(イタリア代表) 俺のお気に入りはひとりの勇敢なディフェンダー石崎だ!
    ガットゥーゾらしいな


    >ザンブロッタ(イタリア代表) 岬を見てモテる方法を懸命に研究したものさ
    ザンブロッタらしいw
    Posted by at 2008年06月28日 13:57
  9. スポーツじゃないけど、
    マージャンをほとんど知らない俺が
    「アカギ」はすげぇ面白いと感じた。

    スポーツアニメでも似たようなこと
    じゃないのかな。

    駆け引きとか、心理戦とか、ピンチに
    ドキドキとか、で、最終的に主人公が
    勝って、すかっとする。そんな感じ。
    Posted by at 2008年06月28日 14:25
  10. DERBY OWNERS CLUBが海外展開されていることにむしろ驚いた。
    そりゃそういうもんかぁ。
    Posted by at 2008年06月28日 14:39
  11. >アニメにマジレスしすぎ
    >外 人 = 中 二 病
    外国人がアニメ/漫画視聴に関しては実際に中二(成長途上)であることを忘れてはいけません
    どちらも熟達者のこちらとしては、まあ・・・苦笑しつつ暖かく見守るのが正しい態度なんじゃあないでしょうかね?
    Posted by at 2008年06月28日 16:04
  12. 必殺技とかがウケないのかと思ってたけど、
    キャプ翼が人気でスラムダンクがダメだったのを考えると
    やっぱりスポーツ文化の違いなのかな。
    Posted by at 2008年06月28日 16:37
  13. >クソッあのでかいだけのバカ馬め・・・・・

    まさかビッグブラウンのことか?w
    Posted by at 2008年06月28日 16:52
  14. >釣りのアニメなんか

    ・・・「グランダー武蔵」の存在を知ってての発言なんだろうか?
    Posted by at 2008年06月28日 17:30
  15. アメリカじゃ三橋のあの性格はウザがられるんじゃないかなぁ
    Posted by at 2008年06月28日 17:54
  16. おお振りは失敗するだろうね
    だって序盤が死ぬほど退屈なんだもん
    しかも顧問がBパート丸々使って長々と生徒にリラックスと称する洗脳を実践してる話なんか見たら
    多くの視聴者は切るだろうな
    Posted by at 2008年06月28日 18:27
  17. 釣りに興味はなくても釣りキチ三平は面白いけどな
    Posted by at 2008年06月28日 19:12
  18. ある種の女の子たちには、人気が出ないだろうか?
    Posted by   at 2008年06月28日 20:11
  19. ところでどーでもいいところかもしれないけど、
    この文章のロールプレイングってもしかしたら日本でいうところのテーブルトークRPG……というか、
    ぶっちゃけ『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の事を指してるんじゃないか?
    Posted by at 2008年06月28日 20:26
  20. >>18
    ターゲットを間違えなければアメリカでも売れるだろうね。
    その種のターゲットにとってスポーツのルールとか関係なさそうだし。
    Posted by at 2008年06月28日 20:58
  21. あまり興味のなかったジャンルこそ、楽しめるんだけどなぁ。「こういう世界があったのか」という感覚。余談だけど、女の好みもそう。
    よく「価値観が一緒の人がいい」って言うけど、俺は逆。「そういう考え方もあるのか。面白い切り口でモノを見るな」という娘が飽きなくて良い。味覚は一緒の方が良いけど。
    Posted by   at 2008年06月28日 21:13
  22. ザックがスラダンを評価してるのが嬉しい。
    自分にとって初めて見たスポ根アニメって巨人の星・・・いや、あしたのジョーか。その後のスポーツもののキャプ翼とかタッチとかは作品として好きなんだけど題材であるスポーツまで好きになったわけじゃないなぁ。やっぱ自分にとってスポーツアニメを見続ける理由は魅力的なキャラの存在だわ。
    Posted by at 2008年06月28日 21:14
  23. カジノドライヴのことたまには思い出してあげてください
    Posted by 犬彦うがや at 2008年06月28日 21:27
  24. 昔、インディアンズが優勝したアメフトの決勝戦を見ていて、
    「なるほどCoolとはこんな感覚なのか」
    と、理解した事がありました。
    その後にアイシールドを見たので違和感なく見れました。

    という逆パターンもアリ。
    Posted by hXXtaiうぉーりあーず at 2008年06月28日 22:30
  25. 「おおきく振りかぶって」は、あのピッチャ
    ーの馬鹿さ加減で読む気も観る気も無くし
    た。あんな馬鹿よりピッチングマシンをマウ
    ンドに立たせた方がマシだろ。
    Posted by at 2008年06月28日 23:34
  26. 熱狂的野球ファンで、ショーバンも砂漠の野球部も、メジャーですら見ていた私の知り合いはおおぶりだけは否定的なんですよね・・・「こんな事考えながらプレイしている高校生は居ない」って・・・
    Posted by at 2008年06月28日 23:35
  27. 米26
    確かに、それは自分も思う。


    でも野球に興味なくても、面白いと思えたし、あの心理戦をしていかなきゃ面白くならないだろうしなぁ・・。
    1試合するのに何話かかっても退屈に感じなかった。
    でも本当に野球に詳しい人からしたら、ひっかかるものがあるのかね。


    あと野球アニメといえば
    キャプテンとプレイボールも好きだな。
    Posted by   at 2008年06月28日 23:50
  28. おお振り面白いじゃん。
    野球も野球マンガ・アニメも特別に興味なかったけど楽しめたよ。
    ホモ臭いところは若干気になったけど、それを差し引いてもいい出来だったと思うよ。

    まあ、面白さは人それぞれとしか言いようがないが、スポーツアニメとしては成功してるほうだろ。
    Posted by at 2008年06月28日 23:50
  29. >26
    「こんな事考えながらプレイしている高校生は居ない」てのも分かるけど、言語化してないだけで似たようなことをイメージしてやってるんじゃないかな、と想像してみる。

    何巻かの予告で「バカにはできないスポーツ」と煽りがあったけど、なんか納得してしまったww
    Posted by at 2008年06月29日 00:44
  30. 後スポーツ物は展開が遅い(のが多い)
    中二病といわれようが、こういう議論結構好きだったりする。

    ところでjocksやnerdsなどの分類の画像で「クイーンビー」とか「サイドキックス」とか「メッセンジャー」とかってどんな奴なの?
    もうこの単語だけで漫画できるぞ
    しかもジョークとスラッカーだけなぜ青なのか
    Posted by at 2008年06月29日 01:06
  31. おお振りはMADから入った
    OPの青春してる感じがいいね
    Posted by at 2008年06月29日 01:45
  32. むこうのオタクは頭いいなあ
    きっちりしてるよね、日本と違って
    Posted by   at 2008年06月29日 01:54
  33. >28のコメントを見て気付いたんですが、
    もしかしたら「ホモ臭い」という理由で流行らないなんてこともあったりするのでは……?
    アメリカは日本よりゲイに対する偏見が強いと聞いたことがあります。憶測に過ぎませんが。

    野球好きな国同士、あちらでも人気が出るといいなぁ。
    Posted by at 2008年06月29日 02:13
  34. >30

    ご丁寧にwikipediaへのリンクがあるのに。。。

    クイーンビー(女王蜂)は学園の女王。サイドキックスはその取り巻き。メッセンジャーはパシリ。

    青字は男性、ピンクは女性、緑は両性。
    Posted by at 2008年06月29日 02:30
  35. >その代わりにビデオゲームや
    ロールプレイング<roleplaying:ここではコスプレで役になりきる演技のことを
    言ってるのかも>が好きなんだ。

    そうじゃなくて、普通にRPGのことを刺してるんだろ。向こうじゃrole-playing gameがナード<オタク>の代名詞なんだよ。
    おそらくビデオゲームと並列されてるんで、なんでと管理人は思ったんだろうが、もちろんここでいうRPGはビデオゲームじゃないRPG、D&DなどのTRPGのことだ。いい年こいてD&Dやってるような奴等=オタクなんだよ。(海外ではRPGと言った場合、非ビデオゲームのRPGがまず念頭に浮かぶ)
    Posted by   at 2008年06月29日 02:53
  36. まっすぐより12分割に納得できるかどうか。

    スポーツものについては昔はともかく、今は日本もうるさい人が増えてるよね。
    Posted by at 2008年06月29日 08:22
  37. 日本には「必殺技」の文化があるからな。元はチャンバラものが発祥じゃないかと思うけど、それをスポーツものに取り入れたあたりから(巨人の星が最初か?)、スポーツ漫画・アニメからリアリティが抜けていった。同時に、その種目に興味がない子供も取り込むことに成功したんだろうな。
    Posted by at 2008年06月29日 08:49
  38. おおきく振りかぶっては野球アニメだし、米国でヒットすると思うよ。
    そんなことより俺の股間を見てくれ、こいつをどう思う?
    Posted by   at 2008年06月29日 11:16
  39. >38
    お前は何を言ってるんだw
    Posted by at 2008年06月29日 11:50
  40. スポーツ漫画でルールなんか気にしてみた事ないな
    Posted by at 2008年06月29日 11:55
  41.  日本ではそのスポーツを知らない漫画家が描いて、こどもたちは騙されてきたからなあ。

     そのスポーツを知らないからこそ突飛な(おもしろい)話を描けたということもあるだろうが。
    Posted by at 2008年06月29日 12:12
  42. >中二(成長途上)であることを忘れてはいけません
    微妙に言ってることオカシイってわかってる?外人が中二病というのはアニメの視聴度数を指すものじゃないぞ。中二の精神レベルとアニメ視聴回数とはなんの関係もない。

    >苦笑しつつ暖かく見守るのが正しい態度なんじゃあないでしょうかね?
    アンタはそう思ってれば?
    Posted by at 2008年06月29日 13:54
  43. >26

    「こんな事考えながらプレイしてる高校生は居ない」・・それは、弱いチームしか見たことがないからじゃないですか? 強いチームってのは、頭を使うんですよ!でもって阿部君がやってることは、野球じゃ当たり前の事です。
    Posted by at 2008年06月29日 14:06
  44. 九分割で投げられるピッチャーなんてのがそもそも存在しないしね
    言い出したらきりがない
    Posted by at 2008年06月29日 14:19
  45. >32
    まあ、釣りなんだろうけど。回答してんのは、業者だからね。オタ以前にしっかりとした社会人。
    Posted by   at 2008年06月29日 14:33
  46. 阿部ほど頭つかってなさそうな畠とか
    現実でもいそうなキャラもいるし
    他の野球アニメとくらべたら
    現実味あるほうだよ。
    Posted by at 2008年06月29日 15:38
  47. ※34答えてくれてありがとう
    ウィキ全然気づかんかんかったw

    しかしパシリがギリ勝ち組てのは嫌だな
    オタクの方が学校で絶対楽しそうなのに
    Posted by at 2008年06月29日 17:36
  48. ファンサブ違法DL市場のアメリカをそこまで真剣に利益として考えてないんじゃないかね?
    Posted by   at 2008年06月29日 18:19
  49. やっぱり、USAのアニメ視聴者は特殊なんだな。

    欧州、中東、東南アジア、南米なら(その地域で人気のスポーツなら)スポーツアニメは人気あるのにね。

    スポーツアニメじゃないけど、USAではロボットアニメやドラえもんも不人気なんだよな。
    Posted by at 2008年06月29日 19:03
  50. 確かにアニメに慣れてない外人さんを中二とか言うのはどうかと。
    洋楽は何でもセンスあると思ったり、英語はかっこいいとやたら英文を使ってみたり、キャラの名前を洋風にしたり、日本も海外から見たら十分中二病に見えるだろうね。
    どっちもどっちでしょう。
    Posted by at 2008年06月29日 19:35
  51. 中二病のひとって、他人に関する想像力が欠けてるんだよな。
    外国人なんだから日本人と感覚が違って当たり前なのに。
    Posted by at 2008年06月29日 22:07
  52. 他民族環境で仕事していた友人の話だと、
    ラテン系の人々はわりと細かいこと考えずに感性でものを楽しむことができるけど、
    アングロサクソン系はまず理屈がきちゃうらしい。
    アニメなどの創作物に対しても歴史的考証やら科学的検証をしてしまうって。

    スポーツものがアメリカで受け入れられないのには、そういう理由ももしかしたらあるかも。
    Posted by at 2008年06月29日 23:14
  53. >roleplaying:ここではコスプレで役になりきる演技のことを言ってるのかも
    これは、いわゆるテーブルトークRPGのことではないですか?
    Posted by at 2008年06月29日 23:15
  54. あ、まちがえた。

    ×他民族
    ○多民族
    Posted by 52 at 2008年06月29日 23:16
  55. これが、「萌えアニメ」は嫌いとか言ってるファンもいるアメリカ人の実体か
    Posted by   at 2008年06月30日 00:13
  56. >51
    それをそのまま外国人(特にアメリカ人)に言ってくれ。批判されるのは感性の違いではなく、他文化(ここでは日本文化)に対する無知や悪意。ネットに書き込む環境があるくせに低レベル過ぎるから批判される。
    Posted by   at 2008年06月30日 08:20
  57. >43
    同感ですね。
    言語化してるので、多少冗長ではありますが、あれぐらい考えてやってる人はいますよ。
    むしろ、そういう部分を描写する野球漫画がいままで少なかったから、私にとっては新鮮で面白かった。
    作者は随分高校野球を取材してるようですし、描写しにくい細かい「あるある」感も楽しめました。
    Posted by at 2008年06月30日 11:13
  58. 野球といえば緑山高校とわたるがぴゅん!だろ。
    Posted by   at 2008年07月01日 14:22
  59. おおぶりの野球は脳みそ偏重だと思うけどな・・・
    Posted by at 2008年07月02日 15:47
  60. ふと思ったんだけど
    ヨーロッパだとサッカーが劣等感感じる位下手な人でもサッカー自体嫌いになる人は少ないイメージなんだけど、アメリカだとサッカー苦手な人は劣等感を思い出すのが嫌だから、サッカー自体目にもしたくなくなるイメージがある。
    Posted by   at 2008年07月03日 03:11
  61. つまりおお振りの面白さは、今までの野球漫画を
    一種メタった所にあるんじゃないか?

    単行本の最新刊で下したチームなんて、
    むしろテンプレ野球漫画じゃ主人公チームだろ。
    Posted by at 2008年07月04日 00:28
  62. >スラムダンクという名の果てしなく続く道を

    男坂かお前はw


    >>60
    ネトゲや2chで外人と話したことあったけど、
    ヨーロッパ人もオタクはサッカー嫌いな人は
    普通に多いっす。

    日本より土着でマスなものだからね。
    日本で言うプロ野球みたいなポジションを想像するといいと思う。

    「スポーツ一切興味なし」とか
    「テニス」とか「アメフト」とか
    ちょっと上流階級 or 趣味的・マニアックな競技が好き
    って人が多めだった。
    向こうは階級がはっきりしてるからね。

    あと香港の人と話したら
    ジャッキー・チェンが嫌いだったのも印象的。
    「日本ではなんであんなに好かれてんの?」
    「いま見たらもうダサいじゃん」
    みたいな。
    Posted by at 2008年07月10日 15:37
  63. > ジャッキー

    日本じゃ最初からややダサめとして受容されてたんで、いまさら気にしないんだよな。
    Posted by at 2008年09月04日 06:03
  64. おおきく振りかぶって、今さらですが見始めました。
    第1話だけだけど、これ面白いw

    ちょっと主人公のネガティブな面が鬱陶しく感じましたが
    キャッチャーが城島を思い起こしますね。

    でもアメリカだとピッチャー主導の投球なので、流行るかなぁ・・・
    Posted by at 2010年04月02日 06:52
  65. 2期がテレビで始まりましたね
    北米で1期の吹き替えの売れ行きが良くなかったので
    もうdubは出ないみたいで残念です。
    ようつべにはそのdubが当たり前のようにUPされてて
    これじゃ誰も買いませんよね・・・
    Posted by at 2010年04月04日 20:23
  66. おお振りはスポーツを題材にしていますが、優れたビルドゥングスコミックです。
    見てさえくれれば、野球文化を共有するアメリカ人は泣くと思うんですけどね。
    Posted by at 2010年05月02日 21:02
  67. 甲子園って日本しかないし、
    甲子園は日本では普段野球みない人も見るぐらいプロ野球とは別の分野として発達してるからっていうのもあると思う。
    Posted by at 2010年06月17日 15:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
雑記ですから

08/03/22

ブログの参考にしてる面白い本ランキング。

1位
オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
外人さんがアニメを中心とした日本のオタク文化を本にしたものは珍しくなく なってきましたが、その中でもこの本はダントツで理屈抜きに面白い。 何が良いって、著者のパトリック・マシアスが、アメリカで育った本物の ギークだって事に尽きる。子供の頃から、ゴジラやウルトラマンなどの特撮や バトル・オブ・プラネット(ガッチャマン)やスター・ブレーザーズ(宇宙戦艦 ヤマト)に夢中になり、アメリカのTV会社のいい加減さに翻弄されながらも、 オタクであり続けた記録が、微笑ましいやら楽しいやらで最高です。 内容にちょっと触れると、黒人やヒスパニックの危ないお兄さん達がドラゴン ボールのアニメTシャツを着てたりとか、リン・ミンメイにアメリカの少年たちが 「デカルチャー」しちゃったり、ガッチャマンのパンチラシーンで性に目覚め ちゃったり、ガンダムWでアメリカの十代の少女たちがヤオイに走ったりとか、 もう興味がない人にはどうでもいい話ばかりなんですが、ファンには溜まらない ネタのオンパレードで一気に最後まで読ませる魅力がある、というか魅力が溢れ まくってます。
自分が知る限り、彼以外のオタク本を書いてる外人さんは、アニメを楽しんでると いうよりも評論しているので、どうも上から目線の様に感じてしまいます。 スーザン・ネイピアさんの本を読んだ時も、そんな印象を受けましたよ。 日本を良く研究されていて、あ〜そういう考え方もあるのかあと、感心する一方、 彼女には、アニメに対しての答えが既に出ていて、その持論を補強するためのアニメ だけを例に挙げるので、ちょっとそれは違うんじゃないかと反発したくなる。 翻ってマシアスは、アニメを見る目線が自分とほぼ同じなので、共感できるんですよ。 ただ単純にアニメや漫画を楽しんで感じたままを書き連ねてる。学術的には価値が無い のかもしれませんが、自分にとっては凄く価値のある本だったりします。

2位
「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)
「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)
図書館で借り直してまた読んでみた。
やっぱり面白い。
地球の裏側にある全くの異文化で育った人の感想や考え方って、日本人には 想像できないような意外性があるし、普段は気にもしなかった事を指摘されると あ〜確かにそうだなと思わず納得させられる。 この作者のコリン・ジョイス氏のように10年以上日本で暮らし日本語がペラペラ になったイギリス人が、日本語の巧みな言い回しや表現・ユーモアに感心し楽しん でいると書いているのを読むと、単純に嬉しいし興味深い。 コリンさんは「猿も木から落ちる」という諺がかなり気に入った模様。 英語での「Nobody is perfect」なんて足元にも及ばないと言ってます。 この方は、ニューズウィーク日本版の記者を経て今はイギリスの高級日刊氏 テレグラフの東京特派員をしてるのですが、日本で「全米が泣いた」というフレーズ が流行った時は、それを記事にして送ろうとしたほど気に入ったそうです。 残念ながら、他の記者に先を越されてしまったようですが、まさか「全米が泣いた」 が既にイギリスで紹介されてるとは意外というか、そんな重要性が低い記事も 書いてるのかとちょっとビックリ。
他にも、プールに日本社会の縮図を見ちゃったり、美味しいけど味がどれも変わらない日本のビールにガッカリしたり、イギリスは紳士の国と言われて驚いたりと色々な面白エピソードが満載でした。 この面白さの半分でも見習いたんもんです。^^;

3位
中国動漫新人類 (NB online books)
中国動漫新人類 (NB online books)
目からウロコが落ちました。ボロボロって。 この本の趣旨の一つに「反日で暴れる中国人がどうして日本のアニメや漫画を楽し んでいるのか?」を考察するというものがあるんですが、正に自分が常々知りたいと 思っていた事なので、本当に楽しんで読めました。 著者は中国で生まれた日本人であり、大学で中国からの留学生を教えていたりもして るので、彼らの生の声を通訳など通さずにそのまま文章にされている所が魅力です。 スラムダンクが中国でもの凄いバスケブームを起こしたり、大人気のクレヨンしん ちゃんをパクッた中国アニメが中国人の小さな子供にも馬鹿にされてたりとかも 面白いネタだったんでが、コスプレイベントが中国の国家事業として企画されている という事実にビックリ。もちろん、何で反日教育をしてる中国政府が、日本アニメ 大好きの若者が日本のアニメキャラに扮するコスプレを自ら開催するのかという理由 も、著者なりに一つの解を示してくれています。他にもアメリカで起きた反日運動の 裏側など、アニメ以外の話題にも触れており読みごたえ十分な内容でした。 管理人同様、今の中国はどうなってんの?と思ってる人は是非読んでみて下さい。

4位
世界の日本人ジョーク集
世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)
内容はタイトルのまんまで、世界中の日本人を扱ったジョークを集めて紹介しながら 著者の海外経験を通して海外の人が持つ日本人の印象や実態とは少し違う固定観念などを面白おかしく、時には真面目に語ってくれます。 著者はルーマニアに2年間在住しており、その時に「キネーズ(中国人)!」とほぼ 毎日声をかけられたそうです。親しくなったルーマニアの友人に、何故東洋人を見かけ ると中国人だと言うのかと聞くと、「あの豊かで優秀な日本人がこんなルーマニアなん かに来るわけがない。中国人に違いない。って思うんだよ。距離感が違いすぎるんだ。 日本はずっと上過ぎてね。」と言われたとか。リップサービスを差し引くとしても 他のルーマニア人にも同様の意見が多かったと述べてます。 何か読んでてこそばゆくなってきますが、こんなのもあります。 アメリカが日本人を動物に例えると何かというアンケートが実施されて、一番多かった 答えが「FOX(狐)」だったとか。どうやら「ずるい、ずる賢い」という意味だそうですが、狡猾・卑怯者ぐらいに思ってるのかもしれませんね。 真珠湾から安保のただ乗り(と向こうは思ってる)、湾岸戦争でのお金のみの貢献に 日米貿易摩擦あたりでこういう印象になってるそうです。 とまあ、こんな風にちょっと顔をしかめたくなるようネタも載ってます。
全体的には面白い内容のネタが多いし、巻末の辺りでは世界中で愛されるアニメや 漫画のジョークもあったりするので、ここの読者さんならかなり楽しめると思います。 この本が話題になった頃は、よく2ちゃんねるでもこの本に載ってるジョークがコピペ されてたので、あーこれがネタ元かあと膝を打つ人もいるでしょう。 単純な面白さで言うと前回紹介した「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート よりも上だと思う。まあジョーク集だから当たり前なんだけど。^^;

5位
萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか
萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか
今やアメリカのMANGA出版社で1人勝ち状態になりつつある、VIZの創設メンバーである堀淵 清治氏が、アメリカでの漫画出版における艱難辛苦を当時を振り返りながら語っています。ご存知の様にVIZは小学館と集英社の共同出資による日本の会社です。だから自分はてっきりこの堀淵 清治氏も小学館か集英社の人だと思っていたんですが、さにあらず。 VIZを立ち上げる前は、アメリカに住んでるただの漫画好きなヒッピーだったようです。 VIZの立ち上げ直後はアメコミの会社エクリプスと組んでその販路を活用するも、アメコミの流通経路や販売方法に限界を感じ、尚且つVIZ単独での漫画出版の野望の為にエクリプスと袂を分かつ。その時の葛藤や苦労、その後のもう駄目かいう苦境にある女性漫画家の作品に救われたりと VIZの成長物語がとても楽しく読める。 アメリカにおける漫画黎明期をその直中にいた生き証人とも言うべき人の回顧録。 興味がある方は是非。

6位
私の部下はイギリス人―アングロサクソンが世界を牛耳っているわけ
私の部下はイギリス人―アングロサクソンが世界を牛耳っているわけ
これは面白かったというよりも先に、はあぁ〜とため息が出た。 ある程度分かっていたとはいえ、現地で何十年も働いた人から人種差別の実情を 語られると重みが違う。ほんと彼らは有色人種を差別することが骨の髄まで染み 付いてるというか、遺伝子に書き込まれてるんじゃないかって感じですよ。 しかし、その差別も年代によって少し様子が違うという所にイギリスの歴史が 垣間見えて興味深かったです。 著者はある日本の電気メーカーの現地法人社長をされてたのですが、イギリス人 社員のくせもの振りに随分と辛酸をなめさせられたようです。日本人の常識から すると、キチ○イ認定されそうな人が普通にゴロゴロいるってのが凄いですよ。 性善説で動くと悉く失敗し、自らのお人よしぶりを痛感させられたとありますから。 ほんと改めてイギリス人てこんな人間なのか、イギリスってこんな国なのかと 驚かされました。テレビなどで英国に良いイメージしか持ってない人にはかなり ショックな内容かしれません。 本筋の現地オフィス関連の苦労話は文句なしに面白かったですが、少し話しが それる部分はちょっと退屈だったかも。
とにかく良い意味でも悪い意味でも心に残るネタが多かったです。 ビジネス書ではなくエッセイなので、そういう問題に対処する方法が詳細に書いて ある訳ではないですが、英国の負の部分を実体験に基づいて書かれた本は意外と 少ないと思うので、是非一読してみて下さい。

7位
僕、トーキョーの味方です アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由
僕、トーキョーの味方です アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由
これで4回ぐらい読んだと思うけど、いつも読後に妙な気分になる。 面白かったーと喜んだり、何じゃこれと失望したりという激しい感情じゃなくて、 慣れ親しんだ東京の話のはずなのに、何か知らない別の街を題材にしたおとぎ話を 聞かされたような、まったりした感じ。 きっとこれが、哲学者だという著者のマイケル・ブロンコが書く文章の力だね。 普通の外人さんと違い、異文化に驚くだけで終わらず、そこに哲学者らしい解釈を ちょぴり詩的に加えてるのが印象的だった。 大袈裟に褒める訳でもなく、手厳しく批判するでもなく、彼独特の言い回しで東京 の一部を切り取ったエッセイの集合を、退屈と感じる人もいるかもしれないけど、 自分にとっては、味わった事のない感慨を与えくれる貴重な本です。 ま、そんな曖昧な紹介はこの辺にして内容に少し触れると、著者は宅配便の便利さ にいたく感銘した模様。ほとんど奇跡だとまで言ってます。^^ 日本人にしたら当たり前の事だけど海外では違うんですかね? 面白かったのは、やっぱりTシャツのなんちゃって英語は最初凄く気になったみたい ですよ。女性が胸の位置に「ロッキー山脈」とか「天国の門」とかプリントされた Tシャツを着てると思わず視線が胸に吸い込まれると言ってます。^^ まあこれは定番ネタですね。でも彼の場合は、呆れるだけで終わらずそこで哲学 しているのが売りです。

8位
クール・ジャパン 世界が買いたがる日本
クール・ジャパン 世界が買いたがる日本
これはもうタイトル勝ちというか、日本人なら思わず手に取りたくなるでしょ。^^ でも、ちゃんと中身も充実してますから問題無しです。 2年ほど前の本なので、内容に新鮮味は欠けてますが、ホンダが二足歩行ロボットを 創る際、法王に神への冒涜にならないかお伺いをたてに行き、それもまた神の御心に かなうとお墨付きを頂いたとか、フランスで日本色丸出しのアニメめぞん一刻が 大人気だったというのを読むと、理屈ぬきに楽しくて堪らないのですよ。 著者はデジタルハリウッドの学長さんだったりするので、そういう世界に広がる オタク文化をビジネスや産業と絡めて解説されてもいます。

9位
シュリーマン旅行記 清国・日本
シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))
トロイの木馬で今日でのも有名なトロイアの遺跡を発見したシュリーマンはみなさんご存知でしょう。 しかし、彼が日本へ来ていたことを知る人は意外と少ないようです。もちろん自分も知りませんでした。^^  タイトルからも分るように、この本の1/3は清国(万里の長城や上海など)に割いてます。 しかし、残りの全てがあのシュリーマンが書いた日本見聞録。それだけでもう必読ものでしょ。 amazon顧客リビューのずらっと並んだ高評価ぶりを見て頂ければ自分が言う事は何も無いです。

10位
誰も書かなかったイラク自衛隊の真実―人道復興支援2年半の軌跡
誰も書かなかったイラク自衛隊の真実―人道復興支援2年半の軌跡
amazon内容紹介 : イラクと日本で何があったのか!最も危険をともなう撤収は、いかに行われたか?なぜ、一人の殉職者も出さずにすんだのか?10次、5500人にわたる自衛隊史上最大の任務―その人間ドラマと緊迫のドキュメント。
当時のマスコミ報道は本当に酷かった。今でも大して変わらないですけどね。^^ だから、自衛隊の活動は実際の所はどうだったの?という方には是非読んで貰いたい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。