2007年12月22日

アニメ改悪で名高いCNのTOONAMI(トゥナミ)がまたやらかしたようです

元ネタ Toon Zone Forum

さすがに3回連続DEATHNOTEネタはKYと言われそうなので、少し強引にでも
ワンクッション入れて置こうと思った。
とはいえ、新作アニメで視聴してるのは「もやしもん」のみだし、その
もやしもんも海外反応が薄くて記事にならない。
アニメ以外のニュース系ネタも探してみると、面白そうなニュースは
あるんだけど、記事にするには今ひとつで全て没。

でも、せっかく見つけたネタなんで本題に行く前に没ネタを簡単に紹介して
みます。本題自体も大したネタじゃないしね。(^_^;

1.宮本氏がラチェット&クランクは知ってもいなかったと影響を否定
ドンキーコングやマリオブラザーズなどの生みの親にして世界で一番有名な
ゲームクリエイターの宮本茂氏が、11月に発売されたマリオギャラクシーは
ラチェット&クランクにインスパイアされたのではという質問に対し、そんな
ゲームは知らないと答え「それってPCゲーム?」と聞き返したそうです。
この元記事に付いた外人さん達の反応は、「ミヤモトを尊敬してたのに少し
ガッカリしたよ」などの影響を前提にしてるものと、「皆がミヤモトのアイデア
を模倣するけどその逆は無い」などの影響を否定するものが半々ぐらいかなあ。
管理人は両方やった事も見た事もないので何ともコメントしにくい。(^ ^;)ゞ
自分もラチェット&クランクなんて名前は初めて聞いたんだけど、アメリカの
ゲーム製作会社がPS向けに作ってるみたいです。向こうではゲーマーなら誰でも
知ってるというぐらいの人気作らしくシリーズ化されてますね。
だから、宮本氏が知らないと言ったことが信じられないという人が多くて、
ちょっとムキになって叩いてる人もいました。
両方やった事がある人、どんな感じですか?

スーパーマリオギャラクシー   ラチェット&クランク フューチャー


2.ドイツで漫画スタイルのタロットカードが発売
magic-manga-tarot1.jpg
magic-manga-tarot.jpg
見ての通りなんですけど、また古い時代の漫画・アニメの影響を受けてますね。
80年代、いや下手したら70年代まで遡っちゃいそうな感じ。
自分はこれ見て直ぐに思い浮かんだのが、魔女ッ子メグとエースをねらえでした。
これを見た海外のアニメ・漫画ファンは今時のセンスと違うこのタロットカードを
見て、総ブーイングかと思いきや何気に好評っぽかった。
「これはクリスマスプレゼントにピッタリだよ!」
「いいねえ、俺も欲しいよ。」
「ドイツのamazonでしか扱ってないのが凄く残念だ。」
なんてコメントが元記事に付いてました・・・・・・(;^ω^)マジデス
「確かにクリスマスプレゼントには最適だと思うよ。
でも、俺は誰に送ればいいのかどうしても思いつかないんだ。」
というコメントはちょっと面白かった。


3.テレグラフの英国旗デザイン読者投票でグレン団の旗がトップに
2004875223958790647_rs.jpg
以前記事にした、英国旗問題の件で英紙テレグラフが募集した国旗デザイン
ですが、その後読者投票をやっていたらしく、日本のアニメである
天元突破グレンラガンのグレン団のシンボルを意匠した国旗デザインが
見事?1位を取ったみたいです。
最初はイギリス人どんだけーと思ってたんですが、記事に付いたコメントを
少し読んでみると、どうやら4chanによる組織票があったらしいとのこと。
まあそうじゃなきゃ、あれが1位はさすがにないでしょうね。
天元突破グレンラガン ヨーコ スペースルックVer. 限定スペシャルカラー版 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

さて、没ネタはこの辺にして今回のお題に行くとしましょう。
みなさんアメフトの大まかなルールを知ってますか?
自分の周りではほとんどの人が知りません。100人に1人ぐらいですよ。
でも、アメリカではダントツで一番人気のスポーツなんですよね。
これほど日米で温度差のあるスポーツは結構珍しいかも。
日本では圧倒的にマイノリティなアメフトファンである管理人は少し寂しい。
だから、少年ジャンプでアメフト漫画が連載されたと知った時は、人気が
出てもう少し日本でアメフトがメジャーなってくれたらなあと思いましたが、
アメフト漫画なんて日本じゃあ受けずに直ぐに打ち切りだろ、何せジャンプ
だしなんて悲観してもいました・・・・・・。
まさか、こんなに人気が出るなんてねえ。(;^ω^)ヨソウガイデス

アメフトの花形であるQB(クォーターバック)ではなく、RB(ランニングバック)
を主人公にするというアイデアは凄く面白いと思うし、その主人公が弱虫で
最初は全くアメフトを知らずに少しずつ成長して行くというのも、アメフト
を知らないほとんどの日本の少年たちには入り込み易かったと思う。
実際、直ぐに人気が出て今ではアニメ化されゴールデンタイムで絶賛放映中。
原作漫画も既に英訳されて現在17巻まで北米で販売されてます。
これはアニメの北米進出も時間の問題と思っていたら、今年の6月頃に秋から
CN(カ−トゥーンネットワーク)のTOONAMI(トゥナミ)枠がTV放映ではなく、
ストリーミング放送を開始すると発表。

最初このニュースを知った時、「えっ!?トゥナミで大丈夫なの?」と思った。
だって割と暴力シーンがあるし、何より蛭魔の銃やマシンガン連射は不味い。
日本人にとって急に現れる蛭魔の銃はお約束のジョークで済みますが、銃が身近
にある向こうではそれは通じません。
案の定、秋放送開始の予定が遅れてやっと今週からトゥナミの公式HPにて
ストリーミング放送が始まりました。この遅延とアメリカで多発していた銃犯罪が
無関係なのかどうかは今のところ分かりませんが、多分・・・・・・。
それでも、深夜のアダルトスイム枠なら何とか編集無しで放送できたかもしれま
せんが、主に子供たちをターゲットにしているトゥナミでやるという事は、
ある程度のカット・編集は覚悟しなければならないという事なのです。
そんな背景から、実際にどんな仕上がりになっていてそれを海外アニメファンが
どう受け止めるのか興味があったので、その反応を見にYOUTUBEへ行って見ました。

ところが・・・・・・無い。
まだ英語版のビデオが来てないよ。
あるのは、英語版のオープニングだけ。
海外ではあんまり話題性が無いのかなあ。=(
仕方ないので、とりあえずこのOPとその反応の一部をどうぞ。

あ、今さら過ぎるけどこの作品のタイトルを書いてなかった。(^_^;
もちろんこれまでの話は全部、「アイシールド21」の事ですよ。



Eyeshield 21 us op



izzyk
・・・これって・・・ファンダブ<ファンによる素人吹き替え>なんだろ?
頼むよ、誰かこれはファンダブだって言ってくれ。

   gintoki653
   これは、オフィシャルだ。
   「Breakthrough」が本物の日本版1stオープニングだ。
   それに、アニメ本編は所々カットされていて1話と2話を
   繋ぎ合わせてる。だから泥門と王城の試合がオリジナルより
   早くなってる。

   izzyk
   死にたくなってきた・・・・・・いやマジで・・・lol・・・
   このOPのサウンドはロックシンガー気取りがエコーしまくりの
   地下室で録音したみたいだよ・・・・・・泣けるねT_T

   gintoki653
   この英語版の仕事をした頭のオカシイ奴らを引っぱたいてやら
   ないといけない気にさせるよね、このオープニングは。

   izzyk
   引っぱたく?それだけ?俺は奴らを吊るしてやりたいよ!lol
   このOPはゴミ屑だし、あいつら1話と2話を切り刻んで潰して1話分
   にした上に重要な部分をカットしやがった。さらに、クールだった
   BGMや効果音を全て改変・・・・・・
   もうこうれじゃあ、アイシールド21とは言えないよ。
   
   gintoki653
   俺はまだアイシールド21の英語版漫画と日本版のアニメは見続ける
   つもりだよ。漫画の方は全然カットされてないのに、どうしてアニメ
   はこんな事になったんだろうな?
   

VenomTSH
オー・・・・・・マイ・・・・・・ゴッド・・・

TheSystemIsFlawed
仕事が欲しくて溜まらないジェーンズ・アディクションかオフスプリングの
カバーバンドが、やっつけ仕事のワンテイクを送ってよこしたって感じだな。

Riku29rodeo
これは酷い。

Bis0n555
大失敗。

animejunkie5
おいおい、Toonamiはワンピースがマシになってきたと思ってたのに・・・
・・・今度はこれかよ。
Facepalm. <手のひらを額にピシャっと当てる仕草>

HuxLhey
燃やしちゃいなよ。

Zero2026
俺も月曜の朝に観たんだ。そりゃ俺も少しの編集は覚悟してたさ、
だがこいつはそんな生やさしい物じゃなかったぜ。
最初の5秒間だけはオリジナルと一緒だった。
でもその後に違うBGMを聴いた時に俺は悟った。
奴らはとんでもないヘマをやったってね。
そしてこのオープニング。やれやれだな。
俺は自分がどうやってこの吹き替えアニメを最後まで観終える事が
できたのかサッパリ思い出せないよ。

ladystorykeeper
うわぁぁぁん。俺も英語版が観たいよお。
でも俺はアメリカに住んでないから、Toonami Jetstreamが
観れないんだあ。でも、OPだけでも観せてくれてありがとう。

   gintoki653
   何でさ? これはインターネットなんだよ。
   お前は何処にでも行けるし、どんな言語でも使えるさ。

deathberry33
ああ、神様・・・・・・

Gyurakusai
このOPにはうんざりだよ!
これは、4kidsのワンピース・ラップOPやドラゴンボールのアメリカ版OP
に肩を並べる程の酷さだな。
なんで奴らはこんなのが良いOPだと思えるんだろうな?

   Zero2026
   実際、あいつら何も考えてないんだよ。だからなのさ。

   shamenking101
   ワンピースのOPやドラゴンボールのOPの方がこれよりマシだよ。>_>


自分も最初ファンダブだろ?と疑った。O_o
だって、この曲の酷さはこれまで色々変更されてきた他のアニメOPの時とは違う
酷さがあるように感じるんだよね。
これまでも、ナルトやら東京ミュウミュウやらのOPが差し替えられて来たけど、
その曲は一応向こうの人はこういうのが好きなんだろうな、これをカッコイイと
感じてるんだろうなと思わせるだけの何かがあった。
でもこの曲には何も感じない。
その代わり、何でもいいから適当なの突っ込んどけみたいなやる気の無さを
バリバリと感じる。ホントやっつけ仕事というのがピッタリ来る印象ですよ。

本編の方の改悪ぶりもコメントされてたので、気になってアニメフォラームを
少し覗いて来ました。そしたら・・・・・・・
やっぱり、削除・編集・修正の嵐だったみたいですよ。
とりあえず、自分が読んだフォーラムの一部を紹介しときます。

翻訳文を読む前に見ておくと分かり易いかもしれません。
Eyeshield 21 ep1(1/3)




Eyeshield 21: "The Man Possessing the Speed of Light Legs" Talkback

bigddan11
日本版オリジナルの第1話の変更部分。

「ふんぬらばー」が「ぅらー」に変更。

5秒間のタイトル画面は削除。

1分20秒のオープニングが45秒のものへ変更。

OPの後のセナが泥門高校へ合格発表を見に行き、ヒルマとクリタに初めて会う
3分半のシーンが削除。これは、アメリカの子供たちは高校入試を受ける
必要が無いから<ピンと来ない為>だと思われる。

セナが教室に着いた時に受信したマモリからのメールと自己紹介シーンが削除。

購買から戻ってきたセナが背中を蹴られるシーンを編集。

アメフト・クイズが削除。(1分)

セナがクリタに入部する気は無いというシーンと、クリスマスボウルの説明
シーンが短縮。セナがマネージャー役を妄想するシーンが短縮または削除。

セナが殴り倒されたシーンが押し倒したように変更。
ハァハァ兄弟がセナにクリタを呼んで来いとバットを持って脅すシーンが削除。

25秒程のヒルマが色んな銃を持っているシーンが削除。

エンディング曲の後ろ側1分15秒が削除。

次回予告が削除。

ED後に、ヒルマがハァハァ達を脅すシーンも削除。

Naruto D.Luffy
良い所−
声優が驚くほど上手かった。特にヒルマ役のプリンスは衝撃的。
マモリ役のヒギンスもこんない上手いとは思わなかった。

悪い所−
2.5話を1話に圧縮!? 4kidsをお手本にしたナイスジョブだね・・・
OP、ED、BGMでの退屈で酷いミュージック。(これはMARの再来だよ)
銃を取られたヒルマは毒牙をもがれた蛇の様なもんだよ。
重要なシーンをカットするのは馬鹿げてる。

最終的な俺の評価は10点満点中の3点だな。

俺はこのアニメに凄く期待してたのに、あっさりと裏切られちゃったよ。
サンキュー、アイシールド21・USプロジェクトのみんな。

今となっては、ハンターハンターや銀玉、リボーン、クレイモア、その他の
ジャンプシリーズがUSに来た時、二の舞にならないように祈るだけだな。

Ishtar
うーん、俺も観てみた。吹き替えは良かったけど、あの数話分の融合は
何なんだよ。いくつもの編集にBGMの差し替え、それにあの酷いOPって?

Mugen
俺が英語版の第1話を観てた時、思わず自分に問いかけちゃったよ。
「えー、展開早過ぎ。泥門の最初の試合は確か3話だっただろ?」ってね。
そうしたら案の定、奴らは2.5話分を1話に詰め込んでやがった。

Dark Fact
アメフト・クリニックを全編で削除したのは、最悪の方法だったと俺は
思うな。あれはアメフトに興味を持ち始めたばかりのファンには素晴ら
しい教育的価値があったのにね。

それに、ED後のおまけシーンとキャラクターの成長を描いている重要な
シーンを削除したのは、ES 21 Projectにとって大きな間違いだよ。
だって、弱虫のセナが急に勇敢なランニングバックになったら、何故?
と観てる人は混乱しちゃうだろ。

ToonFan83
俺もこの出来には超ガッカリだよ。これじゃあまるで4Kids!だ。
Vizはあそこよりマシな所だった筈だろ。一体何があったんだ?

Mugen
それは、Vizが英語吹き替えに関わってないだけの話だよ。
Eyeshield 21 Project(NAS, テレビ東京、集英社で構成)が吹き替え
の手配をやってるのさ。
http://www.nasinc.co.jp/jp/

Vyse
俺はこのES21に大きな期待をかけてたんだ。ライセンスされる前に
35〜40話ぐらいまで観てたし、サバンナステーツの級友2〜3人に勧めて
観せたりすらもした。このアニメシリーズはこれまでで最高のスポーツ
アニメの一つだと思ってたし、今でもそれは変わらない。
唯一の問題は俺がCNの公式HPへ行った時に聴いたあの新OP。
俺はオリジナルのOPが大好きなんだよ。なのにあの新OPはないだろ。

Soul_inthe_dark
一言だけ:少なくとも・・・・・・ラップじゃなかったじゃないか。


こ、これはビックリだよ!!!

アメリカって高校入試が無かったのかー。(;^ω^)ソッチカ
いや本当に知らなかったし、海外アニメフォーラムでもそういう話題を目にした
事がなかったから素でちょっと驚いた。自分だけですかそうですか・・・・・・・
ちょっとネットで調べてみると、スパーエリート高校以外は、基本的に地元の高校
へ通うみたいですね。だから、どうしても行きたい高校がある人は、その為に
引っ越すケースがあるとか。もちろん、州や地域によって色々あるんでしょうけど
一般的に高校受験というのをアメリカの子供たちは経験しなくていいみたい。
まあ確かにそれだと、合格発表のシーンは向こうの視聴者を混乱させるだけで
カットも止む無しなのかな。でも、そういう異文化のイベントや慣習なんかを
楽しみにしてる人もいるんだから、注釈付きで放送すればいいのに。
自分が逆の立場だったら削除して欲しくないなあ。

話を改変に戻してと、やっぱり蛭魔の銃は全部削除されたようです。
それは仕方ないとしても、OP・ED・BGMの変更は著作権絡みなのかなあ。
同じCNのアダルトスイムは最近全てオリジナルのままになってるから、余計に
与える印象が最悪ですよ。しかも、あのやる気がない曲じゃあ・・・
それに、2.5話分を圧縮して1話にしてたら絶対何処かで違和感出るでしょ。
外人さんも言ってるけど、瀬名の成長シーンやキャラの掘り下げシーンがカット
されたら、視聴者が混乱するし何より感動が無くなっちゃうよ。
これは本当に先が思いやられる。

デスマーチ編なんかはデスマーチという言葉がもう変更されちゃいそうな予感。
DVDも北米で販売予定になってるけど、アンカット版が出るのかも怪しい。
なんか放送1話目にしてここまで前途多難なアニメも珍しいよ。:p
でも管理人が一番解らないのは、ここまで手間暇かけて英語版ES21を北米向けに
作成してテレビ放送もせずストリーミングで無料で配信する仕掛け人の思惑。
一体誰にどんなメリットがあるのかな?
今のところ得たのは悪評だけみたいだけど・・・・・・

banner2.gif無名に近かった平野綾が新鮮

英語版アイシールド21はココでストリーミング放送されてます。
アメリカ以外ではサービスを受けられませんが串を刺せば観れるかと。
管理人は面倒くさいんで諦めました。YOUTUBEで待ちます。;-)


最近ハマった。3巻のラストシーンが好き。
鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)鈴木先生 6 (6) (アクションコミックス)
武富 健治

鈴木先生 5 (5) (アクションコミックス) 鈴木先生 4 (4) (アクションコミックス) 鈴木先生 3 (3) (アクションコミックス) 鈴木先生 2 (2) (アクションコミックス) 鈴木先生 (1) (ACTION COMICS)

by G-Tools


posted by えいち at 08:10 | 東京 ☀ | Comment(30) | TrackBack(0) | ANIME(アニメ)
この記事へのコメント
  1. 更新乙

    また改悪してしまいましたか
    アメリカのアニメ会社は、過去のアニメ改悪が一体どれだけ地元の視聴者から反感を買ったことを忘れてしまったのでしょうか...
    Posted by at 2007年12月22日 09:03
  2. >>そういえば漫画の方は既に物議を呼んでましたね。

    @物議を呼ぶ
    A論議を呼ぶ
    B論議を醸す
    C物議を醸す
    Posted by 湯撮り先生 at 2007年12月22日 16:18
  3. タロットカード、この70年代ちっくな
    レトロな匂いがむしろいいと思ってしまったw
    Posted by   at 2007年12月22日 18:00
  4. ラチェット&クランクあれアメリカで人気なの?1しかやったことないけど退屈すぎて途中で投げたわwアメさんとは趣向が会わんな
    Posted by at 2007年12月22日 21:41
  5. 今復活してからの記事全部読み終えました。
    復活おめです!
    デスノの反応の記事楽しみにしてます
    Posted by at 2007年12月22日 21:52
  6. ラチェット&クランクは、DSしか持ってない俺でも知ってるタイトル

    まぁグラフィックがすごく綺麗で60FPS出てるPS3のまともなゲームってことで、最近知ったんだけどね
    Posted by   at 2007年12月22日 22:35
  7. タロットカードの絵でぱっとCLAMPが思い浮かんだ・・・
    Posted by   at 2007年12月22日 23:02
  8. タロットカード、SUEZENの描いたヤダモンのEDを思い出した。
    Posted by kimura at 2007年12月23日 00:25
  9. ラチェット&クランクって知らない…
    そんなに有名なの?
    Posted by at 2007年12月23日 00:47
  10. アイシールドは変なカタカナの必殺技みたいなのが出始めてから白けて見なくなった
    Posted by at 2007年12月23日 02:19
  11. ラチェットはあっちで有名ですよ
    日本でもPS2時代に子供を中心に結構な人気がありましたよ
    DQが日本で知れ渡ってるのにアメリカでは全くといった感じと似てますね
    Posted by   at 2007年12月23日 03:35
  12. 宮本氏って昔のインタビューとかで
    自分は全くゲームを家とかでしない人間だと
    語ってたから知らなくてもそうなんだぐらいにしか
    思わなかったけどな。
    確か、開発してるチームの作品を
    仕事上でプレイすることしかないらしい。

    趣味とかで自宅でゲームはやらない。
    ってのが、元々ゲーム作りたくて
    任天堂入った人じゃないことを知らないと
    信じられないだろうけどね。
    Posted by kitto at 2007年12月23日 05:16
  13. アイシールド絶対すぐ終わると思ってたなぁ(ラグビーなら、まだ理解できるのだが)・・母校にはアメフト部あって当時は簡単に県大会出場できたけど、現在のアメフト人口って多いのかな?
    Posted by at 2007年12月23日 06:30
  14. 初代ラチェット&クランクは売り上げ50万本だったか
    確かドラクエ8の北米売り上げもそんぐらいだったな
    Posted by at 2007年12月23日 10:23
  15. 何時の間にか復活されてたので驚きましたw。これからも頑張って下さい(>_<)
    Posted by at 2007年12月23日 11:32
  16. 改変しても多くの人が面白がってくれればいいんですけどね・・・。
    まぁアイシールドはスポーツ物の熱さが伝わってくれるのが一番うれしいかな。
    Posted by at 2007年12月23日 14:05
  17. 唯一ジャンプで読んでる銀魂を銀玉て
    U局のパチンコ番組かww
    Posted by at 2007年12月23日 15:53
  18. ラチェット&クランクってマリオ64のパクリかと思ってたんだけど
    Posted by at 2007年12月23日 16:44
  19. デスマーチはあっちでも普通に使われるフレーズだよ。本もいろいろ出てる。
    情報技術界隈の話だけど。
    Posted by at 2007年12月24日 01:24
  20. つーかアニメ版のアイシールドは日本版でも酷い出来だったけどな。
    アニメで見る必要性を感じない。
    つーかその時点で銃やらヒルマの口調やら相当制限されてたんだけどね・
    Posted by    at 2007年12月24日 04:23
  21. 劇中で日本人が何度もデスマーチと言うと
    どうしても大戦時のあの行進を連想する人が
    海外には多いから無難に変更しちゃうかもね。
    Posted by at 2007年12月24日 07:19
  22. ガンダム00の反応はどうですか?コードギアスのような物議を醸すことはないでしょうが・・・・おもしろいネタがあったら是非翻訳お願いします。
    Posted by at 2007年12月24日 13:21
  23. 管理人のファンサブ釈明まだぁ?
    Posted by (´・∀・`) at 2007年12月24日 13:26
  24. >自分もラチェット&クランクなんて名前は

    >ラチェット&クランクなんて

    >なんて
    >なんて
    >なんて
    >なんて
    >なんて

    ラチェット&クランクだってあなたに「なんて」呼ばわりされたくないと思うけどね
    どうしてここの管理人はこうも「失礼」なんだろう
    記事の内容よりそっちが問題だよ

    それと宮本さんレベルの人がこのタイトルを知らないって流石にありえないと思うよ?
    業界人ってのはそんなに無知では務まらんし
    Posted by ファンサブ肯定管理人様へ at 2007年12月24日 16:02
  25. ( ´,_ゝ`)プッ
    自分の勝手な妄想を根拠に宮本さんを嘘吐き認定
    どっちが失礼なんだかw
    Posted by at 2007年12月24日 17:27
  26. 宮本さんが販売戦略の決定権握ってんならまだわかるが、何故ありえないとか業界人は務まらないとか根拠もなしに書けるのやら。

    「ゲームしか知らない人はゲームを作れない」って言葉があるけど、偏った知識と固定観念でしかものを見れない人っているんだな。
    Posted by   at 2007年12月26日 01:39
  27. 宮本さんが販売戦略の決定権握ってんならまだわかるが、何故ありえないとか業界人は務まらないとか根拠もなしに書けるのやら。

    「ゲームしか知らない人はゲームを作れない」って言葉があるけど、偏った知識と固定観念でしかものを見れない人っているんだな。
    Posted by at 2007年12月26日 01:39
  28. うわーまだ荒らしがいる。
    個人のブログにいつまでも…
    口調が気になるんなら尚更来るなよ、マゾか。
    あなたのコメ見たせいで気分悪いです。

    アニメ改悪って昔の話かと思いきや…
    今でもやってるんですね^^;
    Posted by at 2007年12月26日 08:41
  29. 管理人さん、お疲れ様です。

    アイシールドよりボツネタの食いつきがいいようですね。宮本さんの話は確かに気になる...あと、タロットカードをみて、ローゼンメイデンが真っ先に思い浮かんだ自分は異端?
    Posted by (=ω=) at 2007年12月26日 10:41
  30. 29> タロットカードをみて、ローゼンメイデンが真っ先に思い浮かんだ自分は異端?

     ペンタクル5番が翠星石&蒼星石に見えたのは内緒 desu 〜。


     ドイツだし。
     というわけで、おつかれさまです。

     ワンピース・ラップはけっこー好きなんですけどねえ、あれはあれで。
    Posted by at 2008年09月20日 01:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
雑記ですから

08/03/22

ブログの参考にしてる面白い本ランキング。

1位
オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
外人さんがアニメを中心とした日本のオタク文化を本にしたものは珍しくなく なってきましたが、その中でもこの本はダントツで理屈抜きに面白い。 何が良いって、著者のパトリック・マシアスが、アメリカで育った本物の ギークだって事に尽きる。子供の頃から、ゴジラやウルトラマンなどの特撮や バトル・オブ・プラネット(ガッチャマン)やスター・ブレーザーズ(宇宙戦艦 ヤマト)に夢中になり、アメリカのTV会社のいい加減さに翻弄されながらも、 オタクであり続けた記録が、微笑ましいやら楽しいやらで最高です。 内容にちょっと触れると、黒人やヒスパニックの危ないお兄さん達がドラゴン ボールのアニメTシャツを着てたりとか、リン・ミンメイにアメリカの少年たちが 「デカルチャー」しちゃったり、ガッチャマンのパンチラシーンで性に目覚め ちゃったり、ガンダムWでアメリカの十代の少女たちがヤオイに走ったりとか、 もう興味がない人にはどうでもいい話ばかりなんですが、ファンには溜まらない ネタのオンパレードで一気に最後まで読ませる魅力がある、というか魅力が溢れ まくってます。
自分が知る限り、彼以外のオタク本を書いてる外人さんは、アニメを楽しんでると いうよりも評論しているので、どうも上から目線の様に感じてしまいます。 スーザン・ネイピアさんの本を読んだ時も、そんな印象を受けましたよ。 日本を良く研究されていて、あ〜そういう考え方もあるのかあと、感心する一方、 彼女には、アニメに対しての答えが既に出ていて、その持論を補強するためのアニメ だけを例に挙げるので、ちょっとそれは違うんじゃないかと反発したくなる。 翻ってマシアスは、アニメを見る目線が自分とほぼ同じなので、共感できるんですよ。 ただ単純にアニメや漫画を楽しんで感じたままを書き連ねてる。学術的には価値が無い のかもしれませんが、自分にとっては凄く価値のある本だったりします。

2位
「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)
「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)
図書館で借り直してまた読んでみた。
やっぱり面白い。
地球の裏側にある全くの異文化で育った人の感想や考え方って、日本人には 想像できないような意外性があるし、普段は気にもしなかった事を指摘されると あ〜確かにそうだなと思わず納得させられる。 この作者のコリン・ジョイス氏のように10年以上日本で暮らし日本語がペラペラ になったイギリス人が、日本語の巧みな言い回しや表現・ユーモアに感心し楽しん でいると書いているのを読むと、単純に嬉しいし興味深い。 コリンさんは「猿も木から落ちる」という諺がかなり気に入った模様。 英語での「Nobody is perfect」なんて足元にも及ばないと言ってます。 この方は、ニューズウィーク日本版の記者を経て今はイギリスの高級日刊氏 テレグラフの東京特派員をしてるのですが、日本で「全米が泣いた」というフレーズ が流行った時は、それを記事にして送ろうとしたほど気に入ったそうです。 残念ながら、他の記者に先を越されてしまったようですが、まさか「全米が泣いた」 が既にイギリスで紹介されてるとは意外というか、そんな重要性が低い記事も 書いてるのかとちょっとビックリ。
他にも、プールに日本社会の縮図を見ちゃったり、美味しいけど味がどれも変わらない日本のビールにガッカリしたり、イギリスは紳士の国と言われて驚いたりと色々な面白エピソードが満載でした。 この面白さの半分でも見習いたんもんです。^^;

3位
中国動漫新人類 (NB online books)
中国動漫新人類 (NB online books)
目からウロコが落ちました。ボロボロって。 この本の趣旨の一つに「反日で暴れる中国人がどうして日本のアニメや漫画を楽し んでいるのか?」を考察するというものがあるんですが、正に自分が常々知りたいと 思っていた事なので、本当に楽しんで読めました。 著者は中国で生まれた日本人であり、大学で中国からの留学生を教えていたりもして るので、彼らの生の声を通訳など通さずにそのまま文章にされている所が魅力です。 スラムダンクが中国でもの凄いバスケブームを起こしたり、大人気のクレヨンしん ちゃんをパクッた中国アニメが中国人の小さな子供にも馬鹿にされてたりとかも 面白いネタだったんでが、コスプレイベントが中国の国家事業として企画されている という事実にビックリ。もちろん、何で反日教育をしてる中国政府が、日本アニメ 大好きの若者が日本のアニメキャラに扮するコスプレを自ら開催するのかという理由 も、著者なりに一つの解を示してくれています。他にもアメリカで起きた反日運動の 裏側など、アニメ以外の話題にも触れており読みごたえ十分な内容でした。 管理人同様、今の中国はどうなってんの?と思ってる人は是非読んでみて下さい。

4位
世界の日本人ジョーク集
世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)
内容はタイトルのまんまで、世界中の日本人を扱ったジョークを集めて紹介しながら 著者の海外経験を通して海外の人が持つ日本人の印象や実態とは少し違う固定観念などを面白おかしく、時には真面目に語ってくれます。 著者はルーマニアに2年間在住しており、その時に「キネーズ(中国人)!」とほぼ 毎日声をかけられたそうです。親しくなったルーマニアの友人に、何故東洋人を見かけ ると中国人だと言うのかと聞くと、「あの豊かで優秀な日本人がこんなルーマニアなん かに来るわけがない。中国人に違いない。って思うんだよ。距離感が違いすぎるんだ。 日本はずっと上過ぎてね。」と言われたとか。リップサービスを差し引くとしても 他のルーマニア人にも同様の意見が多かったと述べてます。 何か読んでてこそばゆくなってきますが、こんなのもあります。 アメリカが日本人を動物に例えると何かというアンケートが実施されて、一番多かった 答えが「FOX(狐)」だったとか。どうやら「ずるい、ずる賢い」という意味だそうですが、狡猾・卑怯者ぐらいに思ってるのかもしれませんね。 真珠湾から安保のただ乗り(と向こうは思ってる)、湾岸戦争でのお金のみの貢献に 日米貿易摩擦あたりでこういう印象になってるそうです。 とまあ、こんな風にちょっと顔をしかめたくなるようネタも載ってます。
全体的には面白い内容のネタが多いし、巻末の辺りでは世界中で愛されるアニメや 漫画のジョークもあったりするので、ここの読者さんならかなり楽しめると思います。 この本が話題になった頃は、よく2ちゃんねるでもこの本に載ってるジョークがコピペ されてたので、あーこれがネタ元かあと膝を打つ人もいるでしょう。 単純な面白さで言うと前回紹介した「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート よりも上だと思う。まあジョーク集だから当たり前なんだけど。^^;

5位
萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか
萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか
今やアメリカのMANGA出版社で1人勝ち状態になりつつある、VIZの創設メンバーである堀淵 清治氏が、アメリカでの漫画出版における艱難辛苦を当時を振り返りながら語っています。ご存知の様にVIZは小学館と集英社の共同出資による日本の会社です。だから自分はてっきりこの堀淵 清治氏も小学館か集英社の人だと思っていたんですが、さにあらず。 VIZを立ち上げる前は、アメリカに住んでるただの漫画好きなヒッピーだったようです。 VIZの立ち上げ直後はアメコミの会社エクリプスと組んでその販路を活用するも、アメコミの流通経路や販売方法に限界を感じ、尚且つVIZ単独での漫画出版の野望の為にエクリプスと袂を分かつ。その時の葛藤や苦労、その後のもう駄目かいう苦境にある女性漫画家の作品に救われたりと VIZの成長物語がとても楽しく読める。 アメリカにおける漫画黎明期をその直中にいた生き証人とも言うべき人の回顧録。 興味がある方は是非。

6位
私の部下はイギリス人―アングロサクソンが世界を牛耳っているわけ
私の部下はイギリス人―アングロサクソンが世界を牛耳っているわけ
これは面白かったというよりも先に、はあぁ〜とため息が出た。 ある程度分かっていたとはいえ、現地で何十年も働いた人から人種差別の実情を 語られると重みが違う。ほんと彼らは有色人種を差別することが骨の髄まで染み 付いてるというか、遺伝子に書き込まれてるんじゃないかって感じですよ。 しかし、その差別も年代によって少し様子が違うという所にイギリスの歴史が 垣間見えて興味深かったです。 著者はある日本の電気メーカーの現地法人社長をされてたのですが、イギリス人 社員のくせもの振りに随分と辛酸をなめさせられたようです。日本人の常識から すると、キチ○イ認定されそうな人が普通にゴロゴロいるってのが凄いですよ。 性善説で動くと悉く失敗し、自らのお人よしぶりを痛感させられたとありますから。 ほんと改めてイギリス人てこんな人間なのか、イギリスってこんな国なのかと 驚かされました。テレビなどで英国に良いイメージしか持ってない人にはかなり ショックな内容かしれません。 本筋の現地オフィス関連の苦労話は文句なしに面白かったですが、少し話しが それる部分はちょっと退屈だったかも。
とにかく良い意味でも悪い意味でも心に残るネタが多かったです。 ビジネス書ではなくエッセイなので、そういう問題に対処する方法が詳細に書いて ある訳ではないですが、英国の負の部分を実体験に基づいて書かれた本は意外と 少ないと思うので、是非一読してみて下さい。

7位
僕、トーキョーの味方です アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由
僕、トーキョーの味方です アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由
これで4回ぐらい読んだと思うけど、いつも読後に妙な気分になる。 面白かったーと喜んだり、何じゃこれと失望したりという激しい感情じゃなくて、 慣れ親しんだ東京の話のはずなのに、何か知らない別の街を題材にしたおとぎ話を 聞かされたような、まったりした感じ。 きっとこれが、哲学者だという著者のマイケル・ブロンコが書く文章の力だね。 普通の外人さんと違い、異文化に驚くだけで終わらず、そこに哲学者らしい解釈を ちょぴり詩的に加えてるのが印象的だった。 大袈裟に褒める訳でもなく、手厳しく批判するでもなく、彼独特の言い回しで東京 の一部を切り取ったエッセイの集合を、退屈と感じる人もいるかもしれないけど、 自分にとっては、味わった事のない感慨を与えくれる貴重な本です。 ま、そんな曖昧な紹介はこの辺にして内容に少し触れると、著者は宅配便の便利さ にいたく感銘した模様。ほとんど奇跡だとまで言ってます。^^ 日本人にしたら当たり前の事だけど海外では違うんですかね? 面白かったのは、やっぱりTシャツのなんちゃって英語は最初凄く気になったみたい ですよ。女性が胸の位置に「ロッキー山脈」とか「天国の門」とかプリントされた Tシャツを着てると思わず視線が胸に吸い込まれると言ってます。^^ まあこれは定番ネタですね。でも彼の場合は、呆れるだけで終わらずそこで哲学 しているのが売りです。

8位
クール・ジャパン 世界が買いたがる日本
クール・ジャパン 世界が買いたがる日本
これはもうタイトル勝ちというか、日本人なら思わず手に取りたくなるでしょ。^^ でも、ちゃんと中身も充実してますから問題無しです。 2年ほど前の本なので、内容に新鮮味は欠けてますが、ホンダが二足歩行ロボットを 創る際、法王に神への冒涜にならないかお伺いをたてに行き、それもまた神の御心に かなうとお墨付きを頂いたとか、フランスで日本色丸出しのアニメめぞん一刻が 大人気だったというのを読むと、理屈ぬきに楽しくて堪らないのですよ。 著者はデジタルハリウッドの学長さんだったりするので、そういう世界に広がる オタク文化をビジネスや産業と絡めて解説されてもいます。

9位
シュリーマン旅行記 清国・日本
シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))
トロイの木馬で今日でのも有名なトロイアの遺跡を発見したシュリーマンはみなさんご存知でしょう。 しかし、彼が日本へ来ていたことを知る人は意外と少ないようです。もちろん自分も知りませんでした。^^  タイトルからも分るように、この本の1/3は清国(万里の長城や上海など)に割いてます。 しかし、残りの全てがあのシュリーマンが書いた日本見聞録。それだけでもう必読ものでしょ。 amazon顧客リビューのずらっと並んだ高評価ぶりを見て頂ければ自分が言う事は何も無いです。

10位
誰も書かなかったイラク自衛隊の真実―人道復興支援2年半の軌跡
誰も書かなかったイラク自衛隊の真実―人道復興支援2年半の軌跡
amazon内容紹介 : イラクと日本で何があったのか!最も危険をともなう撤収は、いかに行われたか?なぜ、一人の殉職者も出さずにすんだのか?10次、5500人にわたる自衛隊史上最大の任務―その人間ドラマと緊迫のドキュメント。
当時のマスコミ報道は本当に酷かった。今でも大して変わらないですけどね。^^ だから、自衛隊の活動は実際の所はどうだったの?という方には是非読んで貰いたい。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。