2007年02月24日

正に「ロスト・イン・トランスレーション」 Japan Times記事

元ネタ The Japan Times  Saturday, Feb. 17, 2007


UEFA Champions League
First Knockout Round
Tuesday, February 20, 2007
Celtic Park, Glasgow

CELTIC… 0
AC MILAN… 0

俊輔所属のセルティック、この大一番はスコアレスドローでした・・・・・・。
ミラン相手にホームで引き分け。結果としては最悪ではありませんが、
内容としては最悪に近いとうのが管理人の素直な感想です。
できれば俊輔のゴールで勝ちヒャッホーイと狂喜乱舞させてくれるか、
果敢に攻めるも見事に散り良い夢みせてもらったよと諦めさせて欲しかった。
何でしょうねこの胸のモヤモヤ感は・・・・・・・。
盛り上がる事も、悪態を付いてスッパリ忘れる事もできない中途半端さ。
まるで、ジブリの「ハ○ルの動く城」を観た直後みたいな気持ち。
ま、キリが無いのでこの辺で止めときます。でも最後に一つ言いたい。

ウィルソン、あんたユーズレスだよ。

そんな鬱々とした気分で、いつものようにネットを巡回してると、
胸のモヤモヤを吹き飛ばすような事が起きてました。
前回の記事で取り上げた海外アニメフォーラムのスレッドで、このブログの事が
URL入りで書き込まれてましたよ。しかも、ちょっと迷惑そうな感じで・・・・。

管理人自身は海外アニメファンの感想や雑談で盛り上がっている様子を
単純に楽しんでいるだけで、彼らを嘲笑したりという意図は全く無いです。
前回の内容にしても、ほとんどの海外ファンの人達が冗談で書き込んでる事は
承知してますし、このブログの読者もそう解釈していると思っています。

今回の元記事の中には「ロスト・イン・トランスレーション」の話題が
出てきますが、このタイトルには“ 翻訳で失われるもの ”という言語間の意味
だけではなく、人間関係における相互理解の難しさをテーマとしているそうです。
正に今度の件でそれを実感してしまいました。
ロスト・イン・トランスレーション
ロスト・イン・トランスレーション


世界にはファンサブの粗悪な翻訳などでアニメを観て、
日本を誤解してる人もいるでしょう。
このブログの読者にも管理人の素人翻訳で海外ファンの書き込みを読んで、
彼らの真意を誤解している人がいるかもしれません。
あの映画では、外人さんが言葉の通じない日本という異文化に
戸惑いやもどかしさを感じていたそうですが、最後はどうなったんでしょうね?

少なくとも管理人は、自分と同じ趣味や日本に興味を持っている海外の人達を
理解したい、自分の意見や日本の事を理解して欲しいと思ってこのブログを
やってたりします。最後はどうなるのやらですが。

とにかく、もっと英語を覚えなきゃと改めて思わされる出来事でした。
ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話 (会話編)ハートで感じる英文法―NHK3か月トピック英会話みるみる身につく!イメージ英語革命3ヶ月トピック英会話 ハートで感じる英文法 DVDセット
<これは本当に目からウロコでした。DVDは鴻上氏さえいなければ・・・>


Japan's pop culture made palatable for the layman
日本のポップカルチャーは門外漢にも受け入れられる様に作られている


By ANGELA JEFFS
Contributing writer

ローランド・ケルツは広報写真と似ていなかった。その主な理由は彼が
サングラスをしていたからだが、別に彼は気取っていた訳ではない。
「単に今朝、僕の目が本当に疲れていただけだよ。」

フリーランスライターで作家のケルツは、ニューヨークのThe Village Voice紙で
書評を書く仕事をしている。次は、あるアメリカの雑誌にアニメ映画の批評を
寄稿する事に彼は意識を向けなければならない。

彼の“ Japanamerica: How Pop Culture has invaded the U.S. ”ハードカバーが昨年に出版された。
The Whoのピート・タウンゼントに推薦されたイギリス版は出版されたばかりだ。そして、日本語翻訳版もランダムハウス講談社よりまもなく出版される予定である。

「私はピートがこの本に関わりたいと望んだ事がとても嬉しかったね。
日本文化に夢中になっている17歳の息子は、私の本が彼の理解できなかった
事を総体的な見地から理解するのに役立ったと言ってくれたよ。」

ニューヨークでアメリカ人の父と日本人の母の間に生まれたケルツは、
祖父母の住む岩手県盛岡市の幼稚園に入れられた。
「私の祖母は今もそこに住んでいますよ。年は99歳です。」

ニューイングランドの故郷では、彼の母親はほとんど日本語を喋らなかった。
「多言語を使いこなす学者として母は、私と姉<妹かも>が英語に
堪能になるように専念していたんだと思うね。」

彼は10代の頃、スポーツや本、音楽(彼はドラマーだ)に熱中して過ごした。
創作と文学の学位を取り大学を卒業すると、直ぐにケルツは面白くて斬新な
エッセイや物語で評判を得た。そして、コッポラ家により1997年に創刊された
文芸季刊誌Zoetrope<ゾエトロープ>により彼はブレークすることになる。
プレイボーイ誌のケルツの短編小説の一編を読んだ彼らは、
映画のシナリオになるような日本的な筋書きの短編小説を依頼したのだ。

結果としてできた原稿は思いがけずソフィアの結婚の破綻の最中に届いたため、
彼女は自分でより個人的なストーリーを書くことを選んだ。
-- そしてそれが最終的に「ロスト・ イン・トランスレーション」になった。
ケルツの小説はゾエトロープで掲載され、現在の彼のエージェントの
関心を得ることになった。その時の関係者全員とは今でも友人のままだ。

フリーランスライターというのは何処でだって楽じゃない、とケルツは言う。
「だが、ニューヨークでは特にそうなんだ。たくさんのライターがいる・・・・
とても競争心が旺盛なんだよ。それは刺激的ではあるが時に過酷でもある。」
(中略)
「現在、私は代々木にアパートを借りて東京大学で非常勤の講師を務め、
A Public Space(ニューヨークの文芸雑誌)の編集、そしてフリーで執筆を
してます。編集者たちとの交流を保ち文学シーン知る為に、私は度々マンハッタン
へ戻ってますよ。でもニューヨークという大釜のような場所にちょっとだけ
つかるのも悪くないんだけど、日本に帰る時はいつも嬉しくなるんだ。」

ケルツは出版社から日本のアニメと漫画に関する本を書かないかと尋ねられた。
彼はその辺のコンピューターおたくより日本のポップカルチャーに詳しいからだ。

彼は、学校をサボってBattle of the Planets<ガッチャマン!>などの
英語に吹き替えられた(下手糞だったと彼は言う)日本アニメを観るという
青春時代を経歴に持つ男なのだ。
「Battle〜はスターウォーズが成功した後に、アメリカのテレビに取り上げられた。
誰も日本語を一言すら知らなかったからね。彼らはあっさり日本的な物を切り取り
穴埋めしてたよ。」

パルグレイヴ・マクミランは、アニメを逆構造解釈する事によって困惑させる
のではなく普通の人々が手軽に読むことができる本が欲しいと言ったのだが、
ケルツは不安だった。「私は彼らに言ったんだ。自分は専門化じゃないので、
Otaku達によってバラバラにされるかもしれないとね。
でも、彼らの意思はきわめて固かった。
彼らは異常なまでのデータ収集家ではなく、物語作家を欲していたんだよ。」

2006年後半以降の批評記事は論議を呼ぶものから完全に肯定的なものまでに及んだ。
Otakuはその話題のビジネス面について読みたがっている。そういった内容のものは
これまで英語で書かれたものがないのだ。

「研究の際、私は英語の出版物を読みました。2、3の例外はあるものの、
そのほとんどがGeeks<おたく達>の為に、Geeksによって書かれたものでしたよ。
なぜ日本のポップカルチャーが、今アメリカで旋風を巻き起こしているのかという
詳細な説明は全くありませんでしたね。」

ケルツは、第二次世界大戦後の日本人のトラウマの表現としてのルーツだと理解
する為に、我々はアニメの終末論的な本質を回顧する必要があると考えている。
最初のアニメヒーローを見て下さいと彼は付け加えた:それはMighty Atomだ。
<鉄腕アトム。戦後のトラウマ云々は深読みしすぎだと思うが、どうでしょね?> 

ケルツが何人かの評論家(主に9/11によってトラウマを持った世代から)に非難
されたのは終末論に関してだ。「私は、9/11<同時多発テロ>と2発の原爆投下の
間に直接的な類似点があるとは書いていない。トラウマへの影響には様々な
類似性があるし、抑圧され誤解された不安感もそうだと書いただけなんだ。」

ケルツは日本のポップカルチャーの欧米市場開拓において決定的だったのが、
ポケモンのキャラクターだったと考えている。
ポケモンのクリエイター達は、それが全世界的にアピールすると知っていた。
米国カートゥーンのキャラクターは自然界(バンビからライオンキングまで)
に根ざしている。日本のアニメと漫画キャラクターの多くは、終わりのない
商業的可能性を秘めた我々が必ずしも見覚えがある訳ではない生物達だ。

「ポケモンは現在、全て空想的なおよそ400に及ぶキャラクターを伴っていて、
生物でも無生物でもその全てが神道の理念に繋がっており、神性を宿している。」

「関西空港では、人はゲートへ向かう途中で思わず微笑んでしまう風船のような
キャラクターに迎えられる。アメリカでは、人はただ爆弾製造設備を探す者に
迎えられるだけだ。これは調和の問題だよね。」

フランスは日本のポップカルチャーの大きな受け取り手だったが、
その一方イギリスとスペインは比較的に新しい市場だ。
アニメと漫画は中東でも強いファン層を獲得している。

別の米国出版社はケルツが今完成させようとしている小説に取り組んでいる。
(中略)
彼はベルリン国際映画祭で国際的なデビューを飾っていてる日本のアニメに
関心を寄せている。“ Black and White ”という漫画をベースにした
“ 鉄コン筋クリート ”は、破綻した世界の中、二人の孤児が暴力が支配する
ストリートで生き抜いていく様を描いている。脚本家と監督がアメリカ人なの
だが、製作は全て日本人スタッフによって行われており、驚異的なビジュアルと
心に訴えかける感動が詰まっていると彼は言う。

「このアニメ映画が賞の候補になって、受賞できる事を祈ってるんだ。」

banner2.gif ありがとう。


記事に出ていたローランド・ケルツ氏の本。
ジャパナメリカ 日本発ポップカルチャー革命ジャパナメリカ 日本発ポップカルチャー革命
ローランド・ケルツ 永田医

ニッポンマンガ論―日本マンガにはまったアメリカ人の熱血マンガ論 Japanamerica: How Japanese Pop Culture Has Invaded the U.S. 萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか 中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす (NB Online book) クール・ジャパン 世界が買いたがる日本

by G-Tools


萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか  オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
以前にも紹介したアメリカにおけるOTAKU文化の本。
これからもどんどんこの手の本を出して欲しいですね。

クール・ジャパン 世界が買いたがる日本クール・ジャパン 世界が買いたがる日本
杉山 知之

オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史 萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか 日本のポップパワー―世界を変えるコンテンツの実像 模倣される日本―映画、アニメから料理、ファッションまで 日本発イット革命―アジアに広がるジャパン・クール

by G-Tools

これ未だに読んでません・・・・・。
図書館の待ち行列中です。
早く戻してくれ〜。(買えって)
posted by のぶ at 08:46 | 東京 ☀ | Comment(49) | TrackBack(0) | Culture(文化)
   
この記事へのコメント
  1. 最近は無断リンクとか無断引用とか推奨してるサービス多いから忘れてるけど
    基本的に無断リンク無断引用はマナー違反だしね。
    特に内輪で盛り上がってる雰囲気のネタを紹介されたらおもしろくは無いと思うよ。
    でも英語力無い俺は楽しませてもらってるから続けて欲しいな。
    いいじゃない。もぅ日本人はマナーしらずで通ってるんだし
    Posted by M at 2007年02月24日 09:57
  2. やっぱ右はテルファー。あとマロニー移籍は痛かったorz
    Posted by at 2007年02月24日 10:07
  3. >特に内輪で盛り上がってる雰囲気のネタを紹介されたらおもしろくは無いと思うよ。
    >でも英語力無い俺は楽しませてもらってるから続けて欲しいな。
    >いいじゃない。もぅ日本人はマナーしらずで通ってるんだし

    これは酷いね^^;
    「英語力無い俺は楽しませてもらってる」だって^^;
    この人学歴コンプで「もぅ日本人はマナーしらずで通ってるんだし」とか自分の無能を棚に上げてさり気無さ装いつつ世間に恨み言吐いちゃってるよ^^;
    やはり学力の有る無しには相当の格差があるんだなあと思いました^^;
    Posted by   at 2007年02月24日 10:34
  4. deconstructionは普通「脱構築」って訳しますなあ。
    こ難しいポストモダン批評用語の代表。
    Posted by   at 2007年02月24日 12:16
  5. あれだ、英語の読み書きできるなおかつヲタの方がファンサイトとかで積極的にQ&Aスレみたいなのを開いて誤解を解いていくしかないと思う・・・・。

    だけど、攻撃的になっちゃだめ、これはもう誤認されちゃったことだから正しく認識させるにはゆっくりとやさしく教えてやらないとだめだ、攻撃的に言うのはどちらかといえばお隣の国なんだし。

    これからは最低でも英語と日本語の2ヶ国語話せないとやばいだろうなって改めて認識した。きっと誤認の原因にはコリアンとかチョンとかがかかわってそうだし・・・
    Posted by at 2007年02月24日 15:40
  6. つか海外のロビー活動に関しては中国人朝鮮人の移民の数考えたら日本人は到底太刀打ち出来ないよ
    しかも日本国内ですら連中に負けてる現状じゃねw
    Posted by at 2007年02月24日 16:06
  7. あいつらのロビー活動で何か被害受けたことって具体的に何があるの?
    Posted by at 2007年02月24日 17:59
  8. なんつーかこういうブログ増えたよなぁ
    幼稚なナショナリズムからきてるんだらうな
    Posted by at 2007年02月24日 20:18
  9. 個人的には引き分けでよかったと思っています。
    サンシーロでFK一発決めてほしいもんです。

    あと、文句あるなら見にくんなカス。
    Posted by   at 2007年02月24日 20:28
  10. ???なんか変なのがいる?
    Posted by ニダ at 2007年02月24日 21:20
  11. 海外フォーラムにここをさらして叩きを焚きつけたのも、どうせ中韓のやつらでしょ。
    あまり気にすることもないと思いますよ。
    Posted by   at 2007年02月24日 21:49
  12. 寄生虫のゴキブリ外人がマナーってw
    甘い顔するとトコトン図に乗るんだな・・・
    Posted by at 2007年02月24日 22:11
  13. >ニューヨークでアメリカ人の父と日本人の母の間に生まれたケルツは

    アメリカ人の父と日本人の母って……それなんてベッキー?
    Posted by ナナシ at 2007年02月24日 23:05
  14. 大丈夫(笑)
    あのミランならアウエーでも可能性はある。
    少なくとも楽しめる。
    しかしイタリアは名実共に斜陽だね・・。
    10年は浮き上がってこなさそう。
    Posted by パタ at 2007年02月24日 23:17
  15. 「鳥取の在日」がここでも迷惑かけてるのか
    Posted by at 2007年02月25日 00:34
  16. >ケルツは、第二次世界大戦後の日本人のトラウマの表現としてのルーツだと理解
    >する為に、我々はアニメの終末論的な本質を回顧する必要があると考えている。
    >最初のアニメヒーローを見て下さいと彼は付け加えた:それはMighty Atomだ。

    アトムの白黒アニメ版(1963〜66)は、最終回、アトムが太陽に突っ込んでしまう。
    ウルトラマン(1966〜67)でも、ウルトラマンはゼットンとの闘いに敗れて、死ぬ。

    アニメに特撮、2つのジャンルで共に主人公が死ぬ。子供向け番組で。最終回で。
    1960年代に、日本以外の国で、こんな偶然が起こり得ただろうか。

    「戦後のトラウマ」は深読みだとしても、結果的には、正鵠を射ているのでは。
    その本が、ウルトラマンの事を書いてあるかどうかは知らないが。
    Posted by at 2007年02月25日 00:38
  17. 更新をいつも楽しみにしております〜
    Posted by ew at 2007年02月25日 02:06
  18.  他所の国から見なきゃ解らんこともあるんだろうなぁ。
     誤解があるなら、といていきたいところだが……一度にぱこっと行くはずもなく。
    善意、誠意に気を払い、地道にしこしこ行きましょう。
    Posted by   at 2007年02月25日 02:19
  19. 前回の記事を元に2chにスレが建ったし、痛いニュースで取り上げられたからな
    ちょっと広まりすぎた感じがする、ほそぼそとやる分には問題無いと思う

    外人にとっちゃ晒されてるのを見て気恥ずかしかったんだろうなぁとは思うが
    まぁ、晒すと言っても悪意は無いし
    あれをみて外人に好感を持てど、嫌悪感は持たないべ
    Posted by ぅぃ at 2007年02月25日 02:28
  20. あいつらのロビー活動で何か被害受けた事あるの?>>

    英語版wikipedeaで南京事件が虐殺ではなく民族浄化の項目に入ってたりしてるとか
    記事についての討論で中国人と思われる奴が駄々こねたとかなんとかで
    討論にもならないし対応に困った外人達は辟易して
    そいつの言う通り民族浄化の項目に入れてしまったらしい

    こういったwikipedeaでの行為はよく聞くな
    Posted by ぅぃ at 2007年02月25日 02:52
  21. 謙遜という態度はやはりどこの国でも好感をもたれるのではないでしょうか。提案ですが、例えば日本のネットの中のこれは笑えるというようなモノを逆に翻訳して紹介してみてはいかがでしょうか。「日本人はこんな冗談で笑いをとり、マンガを楽しんでいるのか、自分たちより痛いな」と日本人に対する見方も変わるのではないかと思います。「疲れる」とか「おまえがやれ」とか言われそうですが。
    Posted by よくよむひと at 2007年02月25日 04:28
  22. 東ア板でもないのに、いきなり中韓のせいにしている人がいるのは驚き
    Posted by うむうむ at 2007年02月25日 06:12
  23. >幼稚なナショナリズムからきてるんだらうな

    「幼稚なナショナリズム」だって^^;
    どこぞの評論家の口真似クン、日本が調子に乗ってたバブルの頃にも同じ事言ってそうだね^^;
    「幼稚なナショナリズム」いつの時代にも適用可能な、自分にとっての憎悪の対象を叩くのにとっても便利なフレーズですね^^;
    でも「東洋の悪友」達の「幼稚なナショナリズム」の方が万倍たちが悪い現実無視して嫌いな日本だけ叩いても誰も共感してくれないよ(^^;
    というわけで僕チンのような良識ある日本国民の共感を得たければその便利なフレーズを駆使して是非「東洋の悪友」に対する批評とやらを行ってください(^^;
    期待してま〜ちゅ(^Д^)
    Posted by   at 2007年02月25日 11:27
  24. 何十年もかけて必死にやっても「日本がもっとも世界に好影響な国」に選ばれ(BBCの某調査のやつね)
    挙句の果てに某サイトでは「中国人か韓国人か当てようぜゲーム」を外国人にやられる始末。
    ロビー活動じゃ太刀打ちできないっていうけど、対抗なんかする必要ないよ。あいつらが勝手に自滅するだけ。
    Posted by at 2007年02月25日 11:59
  25. てか最近は言葉使いやなんやらで
    書き込みが中韓の人間とばれてる事いっぱいあるよ
    あいつら日本貶めてるつもりで自分ら貶めちゃってる
    Posted by    at 2007年02月25日 13:56
  26. 中国韓国人の話はさておき、異文化交流っていうのはすごく難しいものです。私の知り合いの英文学の教授は国際結婚はするなと言います。
    絶対うまくいかないそうです。結局わかりあえないんですよ。根本のところで。
    しかし、だからこそ異文化を持つ人々に興味を持つのでしょう。自分たちの文化は他の文化圏からどう見られているのかと。それは日本だけではなく、欧米でもそうです。
    ただアニメオタクは日本もそうですが、海外ではそれよりさらにマイノリティーですからどうしても被害妄想チックになるのでしょう。
    でも、こちらのblogをちゃんと読んで、えいちさんが真面目で誠実な人だとわかれば誤解も解けると思いますよ。異文化交流では言葉のスキルも大切ですけど、結局は人間ですからね。
    私は愛読させていただいています。えいちさん頑張ってください。
    Posted by 7star at 2007年02月25日 15:20
  27. >基本的に無断リンク無断引用はマナー違反だしね。

    未だにこんなこと言ってる馬鹿がいるのかよ。
    Posted by at 2007年02月25日 17:35
  28. 日本人だって似たようなスレッドを立てて変態的な会話してるんだから侮辱なんてできる立場じゃないぜw
    誤解しないでくれよ。
    そんなフォーラムがあるなら書き込みに行きたいくらいだぜ。
    Posted by at 2007年02月25日 18:01
  29. 誤解じゃなくて曲解なんじゃね?
    後暗い所があるから連中も被害妄想に陥るんだろうよw
    連中が因縁付けてきたら援護してやるから心配するな。
    Posted by at 2007年02月25日 18:22
  30. >謙遜という態度はやはりどこの国でも好感をもたれるのではないでしょうか。
    お前バカだろ?引き篭もってないで外に出ろ。多くの国では謙遜は美徳じゃない。
    言うべき事はハッキリと言うべき。

    取り敢えず下手に出とけという意見が不自然に多いが、敢然と反論されたら困る事でもあるのか?
    Posted by at 2007年02月25日 18:40
  31. >基本的に無断リンク無断引用はマナー違反だしね。
    無断リンクも無断引用もしちゃいけないなんてマナーは日本の極一部の人間がおこなっている「マナー違反」だよ。
    無断でできないならネットの意味がなくなる。グーグルはどうなるの?
    Posted by at 2007年02月25日 20:37
  32. >取り敢えず下手に出とけという意見が不自然に多いが、

    どこが?
    Posted by at 2007年02月25日 22:46
  33. アニメ・マンガ系のブログはなんだかこういう風なコメントが多くなるねぇ
    駄文を並べるのは勘弁して欲しい。
    Posted by 55 at 2007年02月25日 22:58
  34. >>55
    ニダーが沸いてきますからねぇ。
    そんなに悔しいなら海外でのマンファの記事を集めたブログでも作ってりゃいいのに。
    Posted by ニカ at 2007年02月26日 09:43
  35. 海外フォーラムというのがanimesukiのことなら管理人さんの考えすぎだと思いますけど。
    コメントしてる人たちも飛躍しすぎ。
    攻撃的な雰囲気はありません。
    Posted by 通りすがり at 2007年02月26日 14:21
  36. >アニメに特撮、2つのジャンルで共に主人公が死ぬ。子供向け番組で。最終回で。
    >1960年代に、日本以外の国で、こんな偶然が起こり得ただろうか。

    >「戦後のトラウマ」は深読みだとしても、結果的には、正鵠を射ているのでは。

    最後に皆切腹して果てる忠臣蔵やら白虎隊やら、暗殺された坂本竜馬やら、首謀者全員処刑で終わった226事件やら、桜と散る特攻やらに深い共感と同情を寄せまくる日本人の民族的気質というものをまず理解しような。
    江戸時代の歌舞伎で心中やらの悲劇物が大受けだった事も思い出そうな。

    日本人は「大儀や忠義のために死ぬ」って話が元々大好きなんだよ。
    Posted by at 2007年02月26日 15:21
  37. 今回海外の方が誤解している件について気になるようでしたら、英文で管理人さんの意見を載せてみてはどうでしょうか。的外れな意見だったらすいません。
    Posted by at 2007年02月27日 00:14
  38. このケルツって人、半分日本人の血が流れてるそうだけど
    日本文化の中で生まれ育ってないからやっぱり日本人ってものが理解できてない気がする。
    Posted by at 2007年02月27日 11:38
  39. >多くの国では謙遜は美徳じゃない。

    なに、このステレオタイプなガイコク観はw
    Posted by at 2007年02月27日 14:12
  40. 「日本人は敗戦のトラウマ〜」等はよく外人の話の中で出てくるとは聞きます。日本の多くのカルチャーやそれにアニメや漫画等のサブカルチャー等について理解出来ない場合、彼らは何がしかを理由として関連づけして、納得したいようです。例えソレが敗戦云々のように間違っていたとしても、わからないままうやむやで置いておくよりも、「自分達が納得出来ればイイ。」みたいな事なんじゃないですかね・・・・・
    Posted by take at 2007年02月27日 19:40
  41. 日本は世界200ヶ国の中で経済力第2位の大国。日本以上の国力を持っている国はすでに多民族国家と化したアメリカただ1国しかない。おまけに世界的に見てもかなり長い歴史と伝統を持っている。

    つまり、白人の世界観の中では本来ありえない特異で神秘な国・民族なわけで。
    だから、海外勢は日本の文化的深みに憧れると同時に妬ましいんだろ。
    ありえないから夢中になる。そしてあってはならないから「所詮日本人は我々白人より下だ。だって戦争は俺たちが勝った。日本人は我々美しい白人に憧れてるんだ。だって戦争は(ry」と信じたい。アニメキャラの白人コンプ認定もその表れ。

    つか「ウリたちが全て教えてやったニダ!」とか「日本人の祖先は失われた十支族だ」とか(イスラエル人でそう唱えてる連中がいると知った時はちょっと驚いた。好事家の日本人だけかと)、日本の成功を少しでも自分たちの手柄や影響ゆえだと主張したがる奴らが多すぎるんだよ。
    Posted by at 2007年02月28日 10:37
  42. >なに、このステレオタイプなガイコク観はw

    謙遜が美徳なのは日本の価値観。
    外国に謙遜は美徳と言う価値観は無い。
    つまり、謙遜を美徳だと思っているのは日本人だけ。
    ステレオタイプでも何でもないぞ?
    Posted by at 2007年02月28日 15:49
  43. >日本人の祖先は失われた十支族だ
    旧約聖書ではすべての人間はノアの子孫なので、聖書原理主義者なら当然ではないかと。
    Posted by at 2007年03月07日 04:10
  44. >日本人の祖先は失われた十支族だ
    日ユ同祖論だろ?
    これは日本の成功を少しでも自分たちの手柄や影響ゆえだと主張したいからじゃないだろ。
    Posted by   at 2007年03月11日 12:37
  45. ↑もし百年前の日本が百年前の朝鮮のようだったとしても、君はユダヤ人たちの一部が「十支族が日本人の先祖」と主張していたと思うのか?
    日本がロシアとの戦争に勝ったら、日本人とは何の関係もなかったアラブ人でさえ「明治天皇はコーランを愛読している」と主張したし、アメリカ黒人は黄色人種の俺たちをつかまえて「(自分たちに近い)褐色の肌の男たちが白人に勝った」と気勢を上げた。

    別に日本人に夢託すのはお前らの勝手だけど、お前ら自身でも何かやれよと。
    Posted by at 2007年03月11日 14:59
  46. >外国に謙遜は美徳と言う価値観は無い。

    少なくとも傲慢は罪悪。
    驕らず誠実な人間は、
    どこの国でも必ず好かれるもの。
    Posted by at 2007年03月15日 20:36
  47. > 少なくとも
    勝手に「少なく」して反論したつもりになるのってどうだろうなぁ。
    Posted by at 2007年03月17日 15:53
  48. 日本が注目されてるからこそ
    批判論的なものが出てくるのね。
    そもそも異文化に興味を持つのは
    好奇心があるものとしては当然だよね。
    白人とか黒人とか中東の人とか
    日本人は興味深々なんだよ。
    その思いが日本文化をより充実させて面もある。もちろん中国からは大きな文化影響を受けてそれがベースになってるんだろうね。そして島国という立場がそれを発展させたんでしょう。
    世界もやっと異文化について目を向け始めたばかりなんだと思う。
    今までそうしてこなかった故に争いの耐えない、過去に学ばない時代が長らく続いていたんだと思う。異文化に興味を持ち、知ることが出来れば世界の争いはもっと少なくなるでしょうね。
    Posted by at 2008年11月16日 05:59
  49. 正直この映画を見た感想は俺たち日本人は
    猿の惑星の住人みたいに感じた
    言葉がわからないもどかしさというより
    興味もないからわかろうとしない西洋人の偏見さを感じた。
    まあうまく表現しているところもあるけどね。
    被害妄想じゃないよ。
    Posted by 1 at 2009年09月27日 18:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
雑記ですから

08/03/22

ブログの参考にしてる面白い本ランキング。

1位
オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
外人さんがアニメを中心とした日本のオタク文化を本にしたものは珍しくなく なってきましたが、その中でもこの本はダントツで理屈抜きに面白い。 何が良いって、著者のパトリック・マシアスが、アメリカで育った本物の ギークだって事に尽きる。子供の頃から、ゴジラやウルトラマンなどの特撮や バトル・オブ・プラネット(ガッチャマン)やスター・ブレーザーズ(宇宙戦艦 ヤマト)に夢中になり、アメリカのTV会社のいい加減さに翻弄されながらも、 オタクであり続けた記録が、微笑ましいやら楽しいやらで最高です。 内容にちょっと触れると、黒人やヒスパニックの危ないお兄さん達がドラゴン ボールのアニメTシャツを着てたりとか、リン・ミンメイにアメリカの少年たちが 「デカルチャー」しちゃったり、ガッチャマンのパンチラシーンで性に目覚め ちゃったり、ガンダムWでアメリカの十代の少女たちがヤオイに走ったりとか、 もう興味がない人にはどうでもいい話ばかりなんですが、ファンには溜まらない ネタのオンパレードで一気に最後まで読ませる魅力がある、というか魅力が溢れ まくってます。
自分が知る限り、彼以外のオタク本を書いてる外人さんは、アニメを楽しんでると いうよりも評論しているので、どうも上から目線の様に感じてしまいます。 スーザン・ネイピアさんの本を読んだ時も、そんな印象を受けましたよ。 日本を良く研究されていて、あ〜そういう考え方もあるのかあと、感心する一方、 彼女には、アニメに対しての答えが既に出ていて、その持論を補強するためのアニメ だけを例に挙げるので、ちょっとそれは違うんじゃないかと反発したくなる。 翻ってマシアスは、アニメを見る目線が自分とほぼ同じなので、共感できるんですよ。 ただ単純にアニメや漫画を楽しんで感じたままを書き連ねてる。学術的には価値が無い のかもしれませんが、自分にとっては凄く価値のある本だったりします。

2位
「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)
「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)
図書館で借り直してまた読んでみた。
やっぱり面白い。
地球の裏側にある全くの異文化で育った人の感想や考え方って、日本人には 想像できないような意外性があるし、普段は気にもしなかった事を指摘されると あ〜確かにそうだなと思わず納得させられる。 この作者のコリン・ジョイス氏のように10年以上日本で暮らし日本語がペラペラ になったイギリス人が、日本語の巧みな言い回しや表現・ユーモアに感心し楽しん でいると書いているのを読むと、単純に嬉しいし興味深い。 コリンさんは「猿も木から落ちる」という諺がかなり気に入った模様。 英語での「Nobody is perfect」なんて足元にも及ばないと言ってます。 この方は、ニューズウィーク日本版の記者を経て今はイギリスの高級日刊氏 テレグラフの東京特派員をしてるのですが、日本で「全米が泣いた」というフレーズ が流行った時は、それを記事にして送ろうとしたほど気に入ったそうです。 残念ながら、他の記者に先を越されてしまったようですが、まさか「全米が泣いた」 が既にイギリスで紹介されてるとは意外というか、そんな重要性が低い記事も 書いてるのかとちょっとビックリ。
他にも、プールに日本社会の縮図を見ちゃったり、美味しいけど味がどれも変わらない日本のビールにガッカリしたり、イギリスは紳士の国と言われて驚いたりと色々な面白エピソードが満載でした。 この面白さの半分でも見習いたんもんです。^^;

3位
中国動漫新人類 (NB online books)
中国動漫新人類 (NB online books)
目からウロコが落ちました。ボロボロって。 この本の趣旨の一つに「反日で暴れる中国人がどうして日本のアニメや漫画を楽し んでいるのか?」を考察するというものがあるんですが、正に自分が常々知りたいと 思っていた事なので、本当に楽しんで読めました。 著者は中国で生まれた日本人であり、大学で中国からの留学生を教えていたりもして るので、彼らの生の声を通訳など通さずにそのまま文章にされている所が魅力です。 スラムダンクが中国でもの凄いバスケブームを起こしたり、大人気のクレヨンしん ちゃんをパクッた中国アニメが中国人の小さな子供にも馬鹿にされてたりとかも 面白いネタだったんでが、コスプレイベントが中国の国家事業として企画されている という事実にビックリ。もちろん、何で反日教育をしてる中国政府が、日本アニメ 大好きの若者が日本のアニメキャラに扮するコスプレを自ら開催するのかという理由 も、著者なりに一つの解を示してくれています。他にもアメリカで起きた反日運動の 裏側など、アニメ以外の話題にも触れており読みごたえ十分な内容でした。 管理人同様、今の中国はどうなってんの?と思ってる人は是非読んでみて下さい。

4位
世界の日本人ジョーク集
世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)
内容はタイトルのまんまで、世界中の日本人を扱ったジョークを集めて紹介しながら 著者の海外経験を通して海外の人が持つ日本人の印象や実態とは少し違う固定観念などを面白おかしく、時には真面目に語ってくれます。 著者はルーマニアに2年間在住しており、その時に「キネーズ(中国人)!」とほぼ 毎日声をかけられたそうです。親しくなったルーマニアの友人に、何故東洋人を見かけ ると中国人だと言うのかと聞くと、「あの豊かで優秀な日本人がこんなルーマニアなん かに来るわけがない。中国人に違いない。って思うんだよ。距離感が違いすぎるんだ。 日本はずっと上過ぎてね。」と言われたとか。リップサービスを差し引くとしても 他のルーマニア人にも同様の意見が多かったと述べてます。 何か読んでてこそばゆくなってきますが、こんなのもあります。 アメリカが日本人を動物に例えると何かというアンケートが実施されて、一番多かった 答えが「FOX(狐)」だったとか。どうやら「ずるい、ずる賢い」という意味だそうですが、狡猾・卑怯者ぐらいに思ってるのかもしれませんね。 真珠湾から安保のただ乗り(と向こうは思ってる)、湾岸戦争でのお金のみの貢献に 日米貿易摩擦あたりでこういう印象になってるそうです。 とまあ、こんな風にちょっと顔をしかめたくなるようネタも載ってます。
全体的には面白い内容のネタが多いし、巻末の辺りでは世界中で愛されるアニメや 漫画のジョークもあったりするので、ここの読者さんならかなり楽しめると思います。 この本が話題になった頃は、よく2ちゃんねるでもこの本に載ってるジョークがコピペ されてたので、あーこれがネタ元かあと膝を打つ人もいるでしょう。 単純な面白さで言うと前回紹介した「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート よりも上だと思う。まあジョーク集だから当たり前なんだけど。^^;

5位
萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか
萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか
今やアメリカのMANGA出版社で1人勝ち状態になりつつある、VIZの創設メンバーである堀淵 清治氏が、アメリカでの漫画出版における艱難辛苦を当時を振り返りながら語っています。ご存知の様にVIZは小学館と集英社の共同出資による日本の会社です。だから自分はてっきりこの堀淵 清治氏も小学館か集英社の人だと思っていたんですが、さにあらず。 VIZを立ち上げる前は、アメリカに住んでるただの漫画好きなヒッピーだったようです。 VIZの立ち上げ直後はアメコミの会社エクリプスと組んでその販路を活用するも、アメコミの流通経路や販売方法に限界を感じ、尚且つVIZ単独での漫画出版の野望の為にエクリプスと袂を分かつ。その時の葛藤や苦労、その後のもう駄目かいう苦境にある女性漫画家の作品に救われたりと VIZの成長物語がとても楽しく読める。 アメリカにおける漫画黎明期をその直中にいた生き証人とも言うべき人の回顧録。 興味がある方は是非。

6位
私の部下はイギリス人―アングロサクソンが世界を牛耳っているわけ
私の部下はイギリス人―アングロサクソンが世界を牛耳っているわけ
これは面白かったというよりも先に、はあぁ〜とため息が出た。 ある程度分かっていたとはいえ、現地で何十年も働いた人から人種差別の実情を 語られると重みが違う。ほんと彼らは有色人種を差別することが骨の髄まで染み 付いてるというか、遺伝子に書き込まれてるんじゃないかって感じですよ。 しかし、その差別も年代によって少し様子が違うという所にイギリスの歴史が 垣間見えて興味深かったです。 著者はある日本の電気メーカーの現地法人社長をされてたのですが、イギリス人 社員のくせもの振りに随分と辛酸をなめさせられたようです。日本人の常識から すると、キチ○イ認定されそうな人が普通にゴロゴロいるってのが凄いですよ。 性善説で動くと悉く失敗し、自らのお人よしぶりを痛感させられたとありますから。 ほんと改めてイギリス人てこんな人間なのか、イギリスってこんな国なのかと 驚かされました。テレビなどで英国に良いイメージしか持ってない人にはかなり ショックな内容かしれません。 本筋の現地オフィス関連の苦労話は文句なしに面白かったですが、少し話しが それる部分はちょっと退屈だったかも。
とにかく良い意味でも悪い意味でも心に残るネタが多かったです。 ビジネス書ではなくエッセイなので、そういう問題に対処する方法が詳細に書いて ある訳ではないですが、英国の負の部分を実体験に基づいて書かれた本は意外と 少ないと思うので、是非一読してみて下さい。

7位
僕、トーキョーの味方です アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由
僕、トーキョーの味方です アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由
これで4回ぐらい読んだと思うけど、いつも読後に妙な気分になる。 面白かったーと喜んだり、何じゃこれと失望したりという激しい感情じゃなくて、 慣れ親しんだ東京の話のはずなのに、何か知らない別の街を題材にしたおとぎ話を 聞かされたような、まったりした感じ。 きっとこれが、哲学者だという著者のマイケル・ブロンコが書く文章の力だね。 普通の外人さんと違い、異文化に驚くだけで終わらず、そこに哲学者らしい解釈を ちょぴり詩的に加えてるのが印象的だった。 大袈裟に褒める訳でもなく、手厳しく批判するでもなく、彼独特の言い回しで東京 の一部を切り取ったエッセイの集合を、退屈と感じる人もいるかもしれないけど、 自分にとっては、味わった事のない感慨を与えくれる貴重な本です。 ま、そんな曖昧な紹介はこの辺にして内容に少し触れると、著者は宅配便の便利さ にいたく感銘した模様。ほとんど奇跡だとまで言ってます。^^ 日本人にしたら当たり前の事だけど海外では違うんですかね? 面白かったのは、やっぱりTシャツのなんちゃって英語は最初凄く気になったみたい ですよ。女性が胸の位置に「ロッキー山脈」とか「天国の門」とかプリントされた Tシャツを着てると思わず視線が胸に吸い込まれると言ってます。^^ まあこれは定番ネタですね。でも彼の場合は、呆れるだけで終わらずそこで哲学 しているのが売りです。

8位
クール・ジャパン 世界が買いたがる日本
クール・ジャパン 世界が買いたがる日本
これはもうタイトル勝ちというか、日本人なら思わず手に取りたくなるでしょ。^^ でも、ちゃんと中身も充実してますから問題無しです。 2年ほど前の本なので、内容に新鮮味は欠けてますが、ホンダが二足歩行ロボットを 創る際、法王に神への冒涜にならないかお伺いをたてに行き、それもまた神の御心に かなうとお墨付きを頂いたとか、フランスで日本色丸出しのアニメめぞん一刻が 大人気だったというのを読むと、理屈ぬきに楽しくて堪らないのですよ。 著者はデジタルハリウッドの学長さんだったりするので、そういう世界に広がる オタク文化をビジネスや産業と絡めて解説されてもいます。

9位
シュリーマン旅行記 清国・日本
シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))
トロイの木馬で今日でのも有名なトロイアの遺跡を発見したシュリーマンはみなさんご存知でしょう。 しかし、彼が日本へ来ていたことを知る人は意外と少ないようです。もちろん自分も知りませんでした。^^  タイトルからも分るように、この本の1/3は清国(万里の長城や上海など)に割いてます。 しかし、残りの全てがあのシュリーマンが書いた日本見聞録。それだけでもう必読ものでしょ。 amazon顧客リビューのずらっと並んだ高評価ぶりを見て頂ければ自分が言う事は何も無いです。

10位
誰も書かなかったイラク自衛隊の真実―人道復興支援2年半の軌跡
誰も書かなかったイラク自衛隊の真実―人道復興支援2年半の軌跡
amazon内容紹介 : イラクと日本で何があったのか!最も危険をともなう撤収は、いかに行われたか?なぜ、一人の殉職者も出さずにすんだのか?10次、5500人にわたる自衛隊史上最大の任務―その人間ドラマと緊迫のドキュメント。
当時のマスコミ報道は本当に酷かった。今でも大して変わらないですけどね。^^ だから、自衛隊の活動は実際の所はどうだったの?という方には是非読んで貰いたい。