2009年10月21日

「人間失格」青い文学シリーズアニメ第1話の海外反応

元ネタ myanimelist.net



zoku_nihonjin0910.jpg
以前から何度も絶賛させて頂いてる本「日本人の英語」。
4月に購入してから、やっと3回読み終えたので「続・日本人の英語」をゲット。
まだ60ページほどしか読めてませんが、英語の学習をしてるというより
読み物を楽しんでるという感じ。この辺は賛否ありそうだけど、難しい部分が
続くと眠くなる自分には有り難い。O_o
これまた上巻を3回読み終えたので「NEW・山口英文法講義の実況中継(下)」も
一緒に購入。こっちはまだ読んでないけど、以前に図書館から借りてます。
これらの本は自分の英語力を中学レベルから飛躍的に伸ばしてくれたので
その内またレビューさせてもらいますよっと。

それでは本題へ行きます。
お題は、記事タイトルの通り。
太宰治の代表作の1つである人間失格のアニメ化です。
この青い文学シリーズはほとんど気にかけてなかったんですが、
第1話が自分的にかなりの衝撃だったので取り上げてみました。
では、興味のある方は続きをどうぞ。 :)


Aoi Bungaku Series Episode 1 Discussion
10-12-09


BitchMaster
ここはアニメの話題オンリー、このエピソードより先の漫画の話題はNG。
------------------------------------
オーマイガッ!!!

_グラフィックス: 10/10
小畑健は自らのスタイルを格段に改良した。
デスノートの雰囲気がまだ残ってはいるものの、より成熟した感じを受けたよ。
それにあのウェイトレスなどのキャラは彼のこれまでの作品と比べたら本当に
革新的だと思う。
背景も凄く綺麗だ。ここまで綿密に描かれた背景を堪能したのは本当に久しぶり
だよ。ちょっとシグルイを思い出させたね。

_ストーリー: 10/10
見たか絶望先生! これが " 本物 " の自殺ってやつだ!
冗談はさておき、このストーリーは万人受けではないだろうな。
観るものが文芸作品を好きかどうかによる。
俺の場合は、この24分の間まるで天国にいるかのやうだったよ。
最初のウザい3D男性の作品紹介は減点対象だったけどなー。

_結論: 10/10
これは秋アニメのベストショーだと俺は愚考する。
間違いなく、最後の瞬間までこのアニメに俺は付き合うよ。

しかし、あのエッチシーンだよ。(笑)
俺は普通、エッチシーンが退屈で嫌いなんだが、これは珍しい例外だった。
たぶん、あれを紛れも無くホットだと感じたからだろうな。>3<

hikky アメリカ
↑ あれはエッチシーンじゃないってば。
この第1話は最高! 今シーズン、やっと傑作にめぐり会えて嬉しい。
全面的にプロダクションバリューが高いよ。
キャラの掘り下げも素晴らしい。もちろん、有名な原作があってのことだけど。
それはともかく、まゆみが可哀想。;_; (大庭も可哀想だと思うなぁ)

   BitchMaster
   えっ? じゃああれは何シーンになるんだい? :)

SilentDesire フィンランド 20歳 女性
これ気に入ったわ! 5/5 この先も必ず観続けるわよ。
少しシグルイとアヤカシの様な日本のクラシックホラーを思い出させる・・・・
それらと同じ何かゾッとするものを感じるのよねぇ・・・・・・・・・そこが大好き。
きっとこれは秋のベストアニメになるわ。

francismeunier フランス 21歳 男性
このアニメのアートが凄いという意見は認めざるを得ない。
俺はこんなの初めて見たよ。
マユミの死は悲劇的だったな。
彼はどうして一緒に自殺しなかったんだい?
それに、あの少年は性的虐待を受けてたってことなのか?
バーに脱出劇、革命ってのは俺の凄く好きなものだよ!
オッパイなど肉体を露に描かなくても性的なシーンは上手く表現できるものだな。
あの血の海も上手かったよね。
今後も注目させてもらうよ。

vinesage
かなり面白いよこれ。俺は前からこういう古い文学が好きだったしね。

Plate
あの " ウザい3D男性 " が主人公の声優だと誰も知らないのか? :/

   BitchMaster
   NOOOOOOOO!!!
   お前は俺の幻想を打ち砕いた・・・・・・・・

mirichan00 ポルトガル 女性
クオリティが信じられないほど高い! マッドハウス、超グッジョブ!
だけど、このストーリーは私の趣味じゃないわね。
キャラクターはみんな頭が混乱しちゃってる。憂鬱にもほどがあるわよ・・・
それでも、このアニメにはかなりのポテンシャルがあるし、次回が凄く楽しみだわ。
日本の名作には、名作たる所以が絶対にあるのよ。

Morkand-san ポーランド 18歳 男性
凄く変わったアニメだな。でも凄く面白いのも事実だ。
今のところ 8/10。今シーズンのベストという意見には同意できない。

4kicks
アニメーションは、マッドハウスとデスノートの作者に期待する通りの
ものだった。主人公なんて月(ライト)そっくりだ。
この手の作品が合わない人もいるだろうけど、合う人にはかなりの良作に
なりそうだ。俺は今後の展開に凄く期待してるよ。

Hybrid00
素晴らしいエピソード。
それで、あの男は姉とやってしまったのか?

   BitchMaster
   お前は何を言ってるんだ?(笑)

   evanc88 ケンタッキー 21歳 男性
   彼女は姉じゃなくて、メイドだよ。
   この作品は太宰自身の人生が反映されてるはずだよ・・・・・・たぶん。
   とにかく、あれは近親相☆姦じゃなく小児.愛と性.的虐待さ。

neow_neow カリフォルニア 女性
このアニメ(第1話)は凄く・・・・・・・・恐ろしいわ! o.o;
何ていうか・・・・・・あの作画にすっっっっっごく緊張させられる!

kage-bunshin サンフランシスコ 18歳 男性
彼は自殺を試みるが、これまでの人生全てのようにまた失敗したって訳だ。

Haylias ニュージーランド 男性
非常に面白い。これからどうなって行くのかを観るのも凄く面白いはずだ。
このアートスタイルはいやでもデスノートを連想させると心配していたんだが、
幸いにも観ていてそんな事はなかった。
まぁ、裏通りで主人公が笑うシーンは明らかに月を感じたけどね。

Meddigo テキサス 23歳 男性
推定6歳の男の子が年上の女性たちにおもちゃにされるのには困惑させられた。
その事がこの男を迷惑なろくでなしにしたという説明ではあるが、それでも
あのシーンはもうちょっと年長の男の子に描くことはできなかったのか?
まぁでも、素晴らしいスタートだったと思うぞ。

Zuly プエルトリコ 21歳 女性
私はとっても楽しめたわよ。
これは、今シーズンで一番楽しみにしてたアニメだったの。
期待通り、この第1話には全く失望させられることがなかったわ。

TwoSoxs 女性
あぁ、ついに・・・・・・ロリも無く、マスコットも無く、ナンセンスも無い、
そんなアニメがやって来たー!
とっても、と〜〜〜っても素晴らしい第1話だったわよ。

Hanon13 ハンガリー 16歳 女性
ワオゥ・・・・・・・・これって凄く変わっていて凄く面白い。
だけど、これが何世紀なのか分らない・・・・・19、それとも18世紀?
もしかして、全く架空の時代だったりするのかな?:S

nosferatu-chan ヨハネスブルグ 19歳 女性
これは1940年代のどこかね。架空の時代ってことは絶対にないわ。
しかし、このアニメはゴージャスに人を憂鬱にさせるわね。*____________*

KoryoPL ポーランド 14歳 男性
このアニメはデスノートを超えると俺は思う・・・・・・・
次回でどうなるのか凄く気になるよ。

Ximinez ポーランド 22歳 男性
観る価値が確実にある唯一の秋アニメ。
40年代が舞台の青年向けでロリや意味不明な要素が全く無い。
マッドハウスがグレートジョブをやってくれた。

confuser987
グラフィックス − 5/5
ストーリー − 1/5
作画はアメージング。重苦しいが混乱させることはなく、かつ質素でもない。
その作画とは対照的にストーリーラインは最悪だ!
一体最後に何が起こったっていうんだよ!
それに、彼らは肉親だったのか、そうじゃないのか?
さらに、この舞台設定は、現代の日本なのか?
どうしてアニメはセリフを難解にしようとするんだ?
これは続きものなのか、それとも1話完結のどっちだ?

Adamska 17歳 男性
>見たか絶望先生! これが " 本物 " の自殺ってやつだ!
ネタバレ、イクナイ。

Evilyn 4歳 女性
主人公がめっちゃ月そっくりだわ〜。

Laevantein インドネシア 22歳 男性
張り詰めたシーンばかりだったなあ・・・・・・
あのアニメーションは、俺に作中の出来事をとてもリアルに感じさせたよ。

Snowley ポーランド 18歳 女性
ファ○ク、悲しいにもほどがあるでしょ・・・・・・・私は落ち込みやすい性格
なのよ・・・だからもうこのアニメを観る事は出来ないわ・・・・・

Mikiyo ベネズエラ 21歳
これは、全く支離滅裂なプロットに一流の作画で制作された、新たな
魍魎の匣って感じだね。この第1話にはあまり感銘を受けなかったけど、今後も
チェックしていくつもりだ。だってマッドハウスだからね。見逃せないよ。

Selkaine カリフォルニア 18歳 女性
オォゥ・・・マインドファ○ク!
本当に気味が悪くて正気じゃない。
でも、この暗い雰囲気が私は大好きなのよ。
ついに、萌えやツンデレやロリなんかが無いアニメが来てくれた!
この第1話には、心を鷲掴みにされたし驚愕したわよ。

yamato21 ジャカルタ 18歳 男性
マッドハウス・クオリティ = 大傑作
最高のスタート。こんなアニメが観たかったんだ。
サスペンスがふんだんに盛り込まれた複雑なストーリー。
しかし、大庭は月に似てるなぁ。(笑)

satyr ブラジル 男性
ライトは死んでなかったんだね! :O
しかしこれは面白いな・・・・・・俺が観た中では今シーズンのベストの1つ。
Darker Than Black と空中ブランコと肩を並べてる。

Sinari 男性
オーマイファ○キングガッ! やっぱりあれは月かっ!!

Hybrid00
大庭は月じゃない・・・・・・・fap master だ!
onani_master0910.jpg


まさかここでオナ.ニーマスター黒沢とは・・・
どうしてそんなマイナーな作品を知ってるかなぁ。
ていうか、黒沢と大庭は似てないでしょ。
単に fap master 言いたかっただけちゃうかと。
ちなみに、fap はシコシコみたいな擬音表現で「 fap fap fap fap 」
みたいな感じで向こうの掲示板でよく使われてます。
キャッチャー・イン・ザ・トイレット!キャッチャー・イン・ザ・トイレット!
(原作が書籍化されてた。タイトルが変わってるのは大人の事情かな・・・)

さて、今回の「人間失格」アニメ第1話の反響ですが、かなり良いですね。
小畑健とマッドハウスのデスノートコンビによるクオリティの高さにまず
痺れてる様子。単に作画が綺麗なだけじゃなくて、物語の陰鬱さを見事に表現
してる演出も好評のようです。まぁあまりにも表現が見事すぎて作品の重苦しい
雰囲気に呑まれちゃってる人もいましたが。
それと、デスノートコンビだけに、主人公が月に似てるという指摘が多数。
確かに面影はあるけど、月とは目力が違うんで全然別人に見えるけどなぁ。
でもそう言いたくなる気持ちは分らんでもない。

それから、ストーリーも概ね高評価。似たような称賛はカットしてるので
翻訳文からは伝わらないかもしれませんが。
萌えやツンデレ、ロリ、人外なマスコットキャラ、ナンセンスギャグといった
アニメのお約束を一切排除し、純粋な物語のみで進行するこのアニメが凄く
新鮮に感じた人が多かったみたい。これは自分も同じかなぁ。
人間ドラマだけで話が進んで行くから他に気を取られることが無く集中して
楽しめた。化物語みたいなのも大好きだけど、たまにはこういうのも観たい。

不満が出てたのは、主人公の過去で幼い時に女性たちから性的虐待を受けた
ことを仄めかすシーン。海外ではこういうことが日本以上に敏感っぽい。
描くにしてもあれは幼すぎるだろと突っ込みが。
言われて見ればそうかな・・・・・小学校高学年ぐらいならまた印象が違ったかも。
しかし、恐らくあれは原作を忠実に描いてると思うんだ。

個人的には、ほとんどノーマークだったので嬉しい誤算。
今のところ、Darker Than Black、君に届けと並んで秋のTOP3ですよ。
第二話をもう観ましたが、これまた面白かった。
凄く続きが気になる。思わず原作を買おうかと考えたもの。
まだ未見の人は一度試してみてはいかがでしょう。
過去の名作が原作だけに最近のアニメのトレンドをほぼ全て削ぎ落とした作品。
そんなの、もうアニメの必要ないじゃんなんて身も蓋もないことは言わずに
是非どうぞ。^^;

banner2.gif←いつも応援ありがとう! m(_ _)m


今日のDVDのベストセラーからこれをチョイス。
降って湧いたかのように突然1位に出現。
ネットでの評判はかなり良かったみたいだけど実際はどうだろう。
でも、まよいマイマイを押しのけるぐらいだからきっと本物。(えー
劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇 【完全生産限定版】 [DVD]
劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス 2010-01-27
売り上げランキング : 1

おすすめ平均 star
starやっぱし〜。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
posted by のぶ at 21:34 | Comment(210) | TrackBack(0) | ANIME(アニメ)
   
この記事へのコメント
  1. 1ゲット
    自分もノーマークだった
    Posted by at 2009年10月21日 21:37
  2. 青森が地元の自分にとっては、ちょっとでも太宰が海外でも有名になれば嬉しいな。
    まあ個人的には太宰の本は鬱々すぎる自己満足ストーリーって印象で、あまり好みではないんだけども…。
    Posted by at 2009年10月21日 21:38
  3. 久保帯人の地獄変は酷かった。
    あれは絶対読んだことない。
    名前のイメージだけで表紙描いてるぞ。
    Posted by あ at 2009年10月21日 21:44
  4. 伊豆の踊り子とかあったら荒木キャラもみられたのになあw
    Posted by   at 2009年10月21日 21:45
  5. マッドハウスは韓国作画で有名だよね
    Posted by . at 2009年10月21日 21:45
  6. 鬱な話の中にも萌えを入れ込むDTBが今期1だな。
    Posted by at 2009年10月21日 21:46
  7. 走れメロス以降
    久保とかジャンプの低レベル絵師が表紙やってるから
    期待できないなあ
    Posted by   at 2009年10月21日 21:47
  8. こういう作品が毎シーズン2枠ぐらいあるといいんだけどなあ
    Posted by   at 2009年10月21日 21:48
  9. 幼すぎっていうけど、最近アメリカだったかオーストラリアだったかで、女教師が小学校低学年の男児を襲った事件なかったっけ?
    Posted by a at 2009年10月21日 21:49
  10. アニメ化してたのか
    知らなかった
    Posted by あ at 2009年10月21日 21:49
  11. うーん小畑じゃなければ見たんだがなぁ・・・
    デスノで変なイメージが付きすぎた
    Posted by at 2009年10月21日 21:50
  12. >>太宰の本は鬱々すぎる自己満足ストーリーって印象

    近代日本の文壇って皆そんな感じだけどな
    そのへん特にジャンルに関わらず東北出身が多くて基本的に偏狭でダメ人間で風俗漬けで短命というイメージw

    石川啄木や小林多喜二やらetc

    Posted by at 2009年10月21日 21:57
  13. 放送してた事を初めて知った。

    それはそれとしてテニプリの作者は小説の表紙は正直キツイ。
    Posted by     at 2009年10月21日 22:00
  14. よくこれを映像化したね。
    人間失格なんて、まともに演じれば18禁になるからね。
    Posted by at 2009年10月21日 22:01
  15. 小畑は良い原作担当したな。テニプリの作者のメロスはかなりこのシリーズの中で浮くよw
    Posted by at 2009年10月21日 22:03
  16. これ関東ローカルだろ?
    日本住んでても観れないのに海外在住の
    やつが観れるってなんだかな
    Posted by at 2009年10月21日 22:08
  17. ゲーーッ!!本題よりもオナマス(黒沢)が英訳されてる事に驚いたw
    Posted by at 2009年10月21日 22:11
  18. こんなのやってたのか
    超観たい
    Posted by at 2009年10月21日 22:13
  19. 劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇は、DVDのみでBD出ないんだよなぁ。

    年末年始あたりに出るだろうと思ってたから、泣く泣く化物語のBDをあきらめて、グレンラガンを買う許可をリアル嫁にもらったのに。
    Posted by at 2009年10月21日 22:16
  20. むしろ久米田康治の絵で「人間失格」を見てみたい
    Posted by   at 2009年10月21日 22:20
  21. 人間失格がアニメになる日が来るとは正直夢にも思わなかった。

    原作に忠実なら見たいな
    Posted by   at 2009年10月21日 22:21
  22. このシリーズの原作一つもちゃんと読んだこと無いわ
    人間失格は「文学少女」で、あらすじを知ってるぐらい
    ラノベはこの1年で延べ100冊は読んでるのになぁ
    Posted by at 2009年10月21日 22:23
  23. よくよく考えたらこいつら全員著作権ガン無視だよな
    俺は放送地域の関係で見れてない
    Posted by at 2009年10月21日 22:26
  24. 一期に1,2作程度だけど ・ ・ ・ ・ いや、だからこそか?
    こういう(上のコメの言葉を借りるとロリも無く、マスコットも無く、ナンセンスも無い)作品の
    存在は本当にありがたい。萌えやギャグや恋愛物も嫌いじゃないが
    そういうのばっかりの風潮だと、このアニメの空気も一服の清涼剤の如く思える。
    Posted by at 2009年10月21日 22:34
  25. 管理人に取り扱って欲しいネタなんだけど、フィギュアスケートはどうですか?
    冬季五輪もあるし、浅田真央選手は国内よりも海外で評価高いらしいし。
    Posted by at 2009年10月21日 22:37
  26. >>萌えやツンデレ、ロリ、人外なマスコットキャラ、ナンセンスギャグといったアニメのお約束を一切排除し・・・

    そういう硬派なアニメがもっと増えればいいと思う
    Posted by at 2009年10月21日 22:40
  27. 原作は青空文庫で読めるよ。
    Posted by at 2009年10月21日 22:40
  28. どうも海外のアニメオタクはアニメはただだと思ってる節があるよな

    まあ俺も好きな作品DVDで買うぐらいしかしてないけどさ
    Posted by あ at 2009年10月21日 22:46
  29. >主人公の過去で幼い時に女性たちから性的虐待を受けたことを仄めかすシーン

    原作でこんな場面あったっけ?
    鬱になるから一回しか読んでないんだよなぁ。
    Posted by at 2009年10月21日 22:46
  30. 太宰は昔に人間失格とメロスを読んだけど、俺には合わなかったな。
    両方ともキャラクターの心情が理解出来なかった。今読めば印象も変わるのだろうか。
    Posted by   at 2009年10月21日 22:47
  31. >>26
    だけど文学のアニメ化は反則に思える。
    Posted by at 2009年10月21日 22:53
  32. 文学のアニメ化って今に始まったことじゃないしなぁ
    はるき悦巳版「我輩は猫である」がもう一度見たい
    Posted by at 2009年10月21日 23:03
  33. 取り合えず海外の方には原作を読んでもらった方がいいと思う
    Posted by at 2009年10月21日 23:07
  34. 太宰治よりも芥川龍之介の作品をアニメ化して欲しい
    地獄変とか
    Posted by   at 2009年10月21日 23:10
  35. 人間失格は素晴らしい文学だ。

    しかしアニメ化は知らなかった。
    はっきり言って文学愛好家のおれは、軽薄化・形骸化しそうで文学を漫画やアニメにして欲しくない。

    ・・・だが小畑なら・・試しに見てみたいかも...
    う〜ん…
    Posted by at 2009年10月21日 23:11
  36. >>31
    世界名作劇場はどうなる
    Posted by at 2009年10月21日 23:12
  37. 最近よそで「黒澤」の中国人の反応記事を見たので、英語圏での感想が知りたいなー。
    Posted by at 2009年10月21日 23:14
  38. 素直に小畑健でよかったと思える
    Posted by at 2009年10月21日 23:14
  39. 第12話の地獄変は今年の久保よりも去年の小畑のデザインでアニメ化して欲しかった……
    Posted by at 2009年10月21日 23:19
  40. 関東だと、tvkマラソンと、テレ玉、チバでレールガンだから気づいてない人多そう
    Posted by   at 2009年10月21日 23:22
  41. 人間失格をアニメ化とはなぁ。
    そのうちに『破戒』もアニメ化されるのかなぁ…?
    Posted by at 2009年10月21日 23:23
  42. >>28
    いや、テレビ見るために色んな金を払ってるだろ。
    CMも見てるしさ。
    まぁ、ファンサブ見てファンだとか言われてもね。翻訳が信用できないし。
    Posted by at 2009年10月21日 23:24
  43. まさかのオナマスにワロタ
    Posted by at 2009年10月21日 23:27
  44. ついこの間、青空文庫で原作読んだばかりだ。
    アニメ化されてたなんてびっくりだけど、
    言葉にしにくい心理の描写はアニメの方がやりやすいかもね。
    Posted by at 2009年10月21日 23:28
  45. >翻訳が信用できないし
    青い文学みたいなものは特にね。少し古風な言葉だから翻訳間違いが多くありそう。
    Posted by at 2009年10月21日 23:28
  46. マッドハウスは韓国作画で有名だよね
    Posted by at 2009年10月21日 23:29
  47. 録画タイマーの時間を間違えて、最初の5分くらいしか録れていなかった・・・。
    「カイジ」の第一回目の時も、同じようなことがあった(知らない間に、再放送もやってるし・・・)。

    日テレは、もう少しキリが良くて、わかりやすい時間にやってくれ。

    というわけで、「君にとどけ」と「充電ちゃん」と、どちらを録るか考えて、「日テレは嫌だから、充電ちゃんでいいや」ということにして、大失敗をしてしまった自分。
    Posted by さとー at 2009年10月21日 23:34
  48. 見事に腐ばっかだな
    Posted by at 2009年10月21日 23:36
  49. >>47
    日テレやフジ変更しまくるから、放送時間確認は必須
    Posted by   at 2009年10月21日 23:38
  50. こないだようつべで第一話を見たけど雰囲気がよくでていてこれならこの先も見ようと思える出来だったね。

    でも原作に性的虐待のシーンってあったっけ?アニメのオリジナル?
    Posted by at 2009年10月21日 23:40
  51. >そのうちに『破戒』もアニメ化されるのかなぁ…?
    青い文学が売れたら、多分大宰や芥川と同期の文豪の作品のアニメ化企画が出るだろうと思うよ。
    今継続中の作品を原作にすると著作権料を払う必要があるし、有名なものは粗方アニメ化したから微妙なものしかない。
    対して文芸作品なら知らない人はほぼいないといえる知名度と作者の死後50年経過しているような作品が多いから著作権料も要らない。
    まさに良いことづくめだし。
    Posted by at 2009年10月21日 23:40
  52. >>46
    今は中国じゃなかったっけ?ちょっと後でクレジット見てみるわ。

    韓国作画は政府の補助金で額面上の安さを売りにしてるだけってのが多くてダメだな。
    ただ中国は写実志向が強くて画力はあるからあんまノウハウ流出して欲しく無い。
    Posted by at 2009年10月21日 23:41
  53. 51と同じ人です。

    それでその辺りの文芸作品を食い尽くしたら「破戒」とかのアニメ化が来るかと
    Posted by at 2009年10月21日 23:43
  54. どっちにしても違法DLで見るだけなら制作者に害になるだけだな。
    Posted by at 2009年10月21日 23:46
  55. この流れでオナマスとか予想外すぎるww
    Posted by at 2009年10月21日 23:47
  56. 小畑最高だよん
    Posted by at 2009年10月21日 23:52
  57. >50
    原作ではさらっと書かれている。
    中学生くらいで読んだなら気付かない人もいるでしょうね。
    Posted by at 2009年10月21日 23:53
  58. 青い文学シリーズアニメがあるなんて全く知らんかったわ。
    関東だけじゃなくて地方でも放送してほしいな。

    てか、海外の人たちは戦前の日本の風景や風俗をどう感じているのか知りたい。
    Posted by at 2009年10月21日 23:54
  59. 人間失格とかのパロディが絶望先生なんですよって知らないかなあ海外のファンは
    Posted by at 2009年10月21日 23:56
  60. てか、人間失格がアニメ化されてたなんて初めて知ったよ‥

    テレビアニメじゃなくてOVAかな?

    自殺する内容じゃテレビアニメ化はできないだろうし。
    Posted by at 2009年10月21日 23:58
  61. >>48
    脳内 腐ィルター乙
    Posted by at 2009年10月22日 00:00
  62. >>60
    日テレで土曜深夜に放送中
    犬夜叉の前
    Posted by   at 2009年10月22日 00:02
  63. 「人間失格」で鬱になってたら
    「こころ」でどうなるんだ?(w
    Posted by at 2009年10月22日 00:03
  64. >テレビアニメじゃなくてOVAかな?
    テレビアニメ。日本テレビ独占放送だけど。
    Posted by at 2009年10月22日 00:05
  65. >「こころ」でどうなるんだ?(w
    太宰化?
    Posted by at 2009年10月22日 00:07
  66. 韓国人スタッフは日本語表記が嫌だから英語表記
    GONZOやJCで特に目立つ

    芥川龍之介のだったら見たかった
    Posted by at 2009年10月22日 00:07
  67. 文芸アニメは久しぶり
    しかも「人間失格」を選んだのが良い
    Posted by at 2009年10月22日 00:08
  68. 小畑絵というだけで、デスノートの先入観で見られるのはなんだかなあ
    原作が日本の近代文学だと知らずに見ている人も多いのでは
    Posted by at 2009年10月22日 00:10
  69. >人間失格とかのパロディが絶望先生なんですよって知らないかなあ海外のファンは
    1期の最初の方に「恥の多い人生を送ってきました」って言ってたりしたけど最近は無くなったから知らないんじゃなかろうか。
    Posted by at 2009年10月22日 00:12
  70. >57
    本当だ、確認したら原作にもあったわ。
    結構最近読んだばかりなのに忘れてたorz
    Posted by at 2009年10月22日 00:12
  71. 堺雅人の演技がうまくてびっくりしたよ。舞台やってる人は声優やらしても棒にならないね。
    Posted by   at 2009年10月22日 00:13
  72. >芥川龍之介のだったら見たかった
    原作は芥川の「人間失格」ですよ。全4話でアニメ化するんです。
    Posted by at 2009年10月22日 00:14
  73. >太宰化?
    いや、夏目だけど
    もしかして、太宰オンリー?
    Posted by at 2009年10月22日 00:15
  74. >原作は芥川の「人間失格」ですよ
    芥川じゃなくて太宰じゃない?コメントにもあるように。
    Posted by 夏目砌 at 2009年10月22日 00:16
  75. >芥川じゃなくて太宰じゃない?コメントにもあるように。
    すみません。同名の別作品ではなくて、有名文芸原作だということを書きたかったのですが。間違えてしまいました。
    Posted by at 2009年10月22日 00:18
  76. 確かにこんな感じの作品が毎シーズン2枠は必要だな。
    萌えエロが多過ぎだもんな。
    Posted by at 2009年10月22日 00:18
  77. 芥川の人間失格があるなら読んでみたい。太宰のなら知ってるが。
    Posted by at 2009年10月22日 00:19
  78. >いや、夏目だけど
    もしかして、太宰オンリー?
    65です。太宰のように自殺未遂しそうになるという風に書きたかったんです。
    妙な勘違いさせたようですみません。
    Posted by at 2009年10月22日 00:20
  79. 全くチェックしてなかった
    「悲しい事を教えられる」場面はマンガ版でもあれくらい
    Posted by トゥデイ at 2009年10月22日 00:23
  80. >Evilyn 4歳 女性
    おいw

    小児性愛が嫌だとか抜かしてる外人共よ、ガタガタ言うな。黙って見やがれ。
    Posted by   at 2009年10月22日 00:24
  81. 原作太宰って外人は知ってるのかなぁ
    Posted by at 2009年10月22日 00:25
  82. いいなぁ。こんなアニメなら見たい。
    Posted by    at 2009年10月22日 00:26
  83. >>50
    >こないだようつべで第一話を見たけど
    ほんの少し上に著作権違反の批判があるのに何で平気でこういうこと書くかね
    Posted by   at 2009年10月22日 00:30
  84. 人間失格の後
    桜の森の満開の下、こころ、走れメロス、 蜘蛛の糸、地獄変
    凄く楽しみだ。
    Posted by at 2009年10月22日 00:32
  85. もっと文学アニメ化すればいいのに。
    ヘッセとか絶対受けると思うんだけどなー。
    Posted by at 2009年10月22日 00:33
  86. Vジャンプで広告あったけど、これからアニメ化じゃなくて、もうアニメ化されてたのか。
    Posted by   at 2009年10月22日 00:33
  87. ウィキペから
    >海外ではこの作品は性的虐待を表現した小説であるともみなされており、宮地尚子がMike Lewに自身の所属するグループで読んでもらったところ「辛くて読めない」という人まで出現した。L・ドゥモースも『親子関係の進化 子ども期の心理発生的歴史学』で乳母からの性的虐待の歴史の中でこの事例を報告している。
    Posted by at 2009年10月22日 00:38
  88. 性的虐待は原作でもさらっと書いてある程度だが主人公の性格に大きく影響してることだからなあ
    どうやって表現するんだろうと不安だったがうまくぼかしつつちゃんとやってくれてよかった

    しかし堺は演技うまいなあ
    芸能人の声優挑戦っていうと負のイメージ強いけど
    舞台俳優はいい仕事するよね
    グレンラガンの上川とか
    Posted by   at 2009年10月22日 00:47
  89. >>84
    これ一気に見たら精神状態やばくなるな。
    Posted by at 2009年10月22日 00:53
  90. 一話を観て危惧していた通りの反応がちらほら見られるなあ。
    幼児期に性的虐待を受けた→だから人格が曲がった とか
    金持ちだが厳格で非人間的な環境に育った→だから人格が曲がった 
    とか、そういう下世話なレベルの話ではないと思うんだけど。
    (成功したかは別として)もっと根源的な社会生活不適合の人間について描こうとした作品だと思う。
    Posted by at 2009年10月22日 00:56
  91. 海外の古典のアニメ化して、感想みてみたいな
    Posted by   at 2009年10月22日 00:58
  92. 夢野久作とかアニメ化してほしいなw
    Posted by   at 2009年10月22日 00:59
  93. >>90
    >>一話を観て危惧していた通りの反応がちらほら見られるなあ。

    それ俺だw
    そうかもっと根源的な社会生活不適合の人間について描こうとした作品って見方もあるんだな。

    >>91
    それは日本じゃなくて海外の人達が自分達で作れば良いよ。
    Posted by at 2009年10月22日 01:06
  94. >>91
    岩窟王にロミ×ジュリか
    Posted by at 2009年10月22日 01:07
  95. 太宰治なら『女生徒』とかラノベしか読んだことないって人でも面白く読めると思うよ。
    戦前の少女の日常を描いた作品で普通に萌えられるw
    Posted by at 2009年10月22日 01:07
  96. 海外の反応が気に食わないのはまだわかるが
    毎回著作権違反の批判をしている人は
    ここでコメントしても意味無いことぐらいもうわかって欲しい
    Posted by at 2009年10月22日 01:11
  97. 海外古典なら今クールも一つあるぞ
    Posted by at 2009年10月22日 01:13
  98. >>95
    夏目の三四郎も加えてくれ。
    Posted by at 2009年10月22日 01:17
  99. 1話のクレジットで南海の山ちゃんの名前があったのにフイタw

    学生の声やってたみたいだけど気付かなかったわ
    Posted by at 2009年10月22日 01:43
  100. 日本兵の出兵シーンを描く韓国の人も大変だな。
    Posted by at 2009年10月22日 01:43
  101. 堺さん、OVA「戦闘妖精雪風」で主役やってましたやん。
    Posted by at 2009年10月22日 01:52
  102. >>小畑健は自らのスタイルを格段に改良した。
    バクマン見たら劣化したとか言い出すだろうな。
    Posted by at 2009年10月22日 01:55
  103. 堺さんは上手いと思うけど、流石に6作品全部の主人公を一人で演じさせるのはどうかと思う
    Posted by at 2009年10月22日 01:57
  104. >>93
    すいません。あてつけみたいに読めますがそうじゃないですよ。
    自分が文を書き始めたのは85までしかコメがなかったときだったので。原作も矛盾ではないかと思えるものもいくつもはらんでいますし、そこらへんはいろんな解釈が成り立つかと。
    Posted by at 2009年10月22日 01:57
  105. アニメ化はいいけど、あんまりオリジナル要素入れられるのはだ。

    あと韓国人スタッフなんか入れてたら技術流出して、日本から朴ったアニメ作りまくるぞ。
    Posted by at 2009年10月22日 02:05
  106. 誰もつっこんでないけど 昭和4年だから80年前
    1920年じゃないの?
    Posted by at 2009年10月22日 02:08
  107. 1929年だから、おまけしても作中は30年代たろうね。
    Posted by at 2009年10月22日 02:15
  108. ※105
    韓国は話を作るという部分で致命的に能力が足りないから作画技術だけパクってもどうせ形にならんよ。
    製作能力は盗めても脚本や演出なんかの創作能力は盗みようがない。
    Posted by at 2009年10月22日 02:24
  109. 漫画系イラストレーターなら
    日本レベルは中韓にもそれなりにいるが
    日本のような
    戦国状態の漫画や小説を作る熾烈な競争はどこにもないからね。
    星の数ほど玉石が揃ってる日本とは
    最初から厚み的に勝負にならんよ
    Posted by   at 2009年10月22日 02:42
  110. 米105
    アホ?
    アニメなんて作画外注ばっかなのに今さら何言ってんの?
    Posted by at 2009年10月22日 02:44
  111. 「こころ」が一番楽しみだ。
    「走れメロス」も色んな意味で楽しみだw
    Posted by at 2009年10月22日 02:46
  112. 外人さんも今期の薄っぺらい萌アニメ・パンツアニメにうんざりしてるようだな。
    ここの管理人と同じくこれと君届と双子ぐらいしかみるものないわ
    Posted by at 2009年10月22日 02:52
  113. 個人的に太宰は嫌いだし評価はしてないけど
    アニメで表現しようとするのは評価できるし
    興味もった
    Posted by at 2009年10月22日 02:52
  114. >>90
    そうなんだよね
    こういう過去があってだからこうなった、ってのは短絡的だよなー
    少なくともこれはそういう話ではない。
    Posted by at 2009年10月22日 03:14
  115. さっき1・2話見たけど面白かった
    原作が見たくなるね
    やっぱどんなアニメであれ最低でも1話は見なくちゃダメだな
    完全スルーしてたよ
    君に届けと生徒会しか見るのがなくて
    今期は不作だと思ってたけど
    今じゃ6本視聴確定したしな
    今期も当たりは多かった
    Posted by at 2009年10月22日 03:15
  116. 外人は現実や歴史より先にアニメで日本を知ってから元ネタを知るからずれてるね。
    絶望先生とか魍魎の匣とか大正文学的なモチーフってのは全く知らなかったのか。
    普通の学校の風景でもアニメみたいって感想を良く見るし変な感じだ。
    Posted by at 2009年10月22日 04:09
  117. にゃんこいはノーマークだった
    Posted by at 2009年10月22日 04:50
  118. >>96
    ここにコメしてる連中に向けて言ってるんだと思うぞ。
    あまり無邪気なコメせずにお前らも製作者の気持ちを考えろって言いたいんだろう。
    このサイトを否定するまではいかないが、違法視聴を商売のネタにするのはやはりグレーだと思うし、翻訳する意義ってのはあるが管理人のスタイルはちょっと違う。
    あとCMってのは放送される地域(国じゃない)に住んでる人が見ないと意味ないぞ。
    Posted by at 2009年10月22日 05:38
  119. ダメだ。
    人間失格、youtubeで見始めたけど、陰気臭すぎてヤメた。
    絵はきれいだけど、あの陰気臭さはやりすぎだろ。
    Posted by at 2009年10月22日 05:41
  120. 元々日本文学も、MANGA,ANIMEに劣らないポテンシャル持ってるはずだ。
    ただ、葉蔵はEVAのシンジと同じで外人はうけつけないだろうな・・
    Posted by at 2009年10月22日 05:58
  121. ……太宰は嫌いなんだ……。
    Posted by at 2009年10月22日 07:31
  122. 高校1年の時、夏休みの課題で決められた本をいくつか読む必要があったんだけど、
    その中に「人間失格」があった。が、途中で読む気にならず適当に終えた。大人になってもう一度読んでみてわかった。
    そりゃそうだ太宰はただの統合失調症。途中で読む気力が失せるのも当然だわなw
    あと同じように途中で投げたのが夢野久作。
    あれは本当にゴミ箱に捨てた。たぶんもう読破する事もない。
    Posted by at 2009年10月22日 07:44
  123. 見てみたけど・・あれだな、
    アニメと文学は相容れないわ
    「萌え」だとか「かわいい」だとか記号化できないものこそ文学なんだと
    逆説的に気づかされた
    Posted by at 2009年10月22日 07:49
  124. 太宰は自分も嫌いだった。内容が、じゃなくて文章がどうも受け付けない。
    それでも我慢して最後まで読んだら衝撃を受けたな。
    言わんとしてることが明確に表現できる作家って凄いよな。
    まあ創作は結局受け手が左右分かれるものだからクソという人間の気持ちもわかる。
    しかし太宰も分からない人間に端から伝えようとは思ってないだろうw

    つうことでアニメ化知らなかったのでこれから見るわw
    Posted by at 2009年10月22日 08:00
  125. これ作品としては多分失敗してる
    それでも逆にアニメに一番向かないものが何かを知る為に見る価値がある
    Posted by at 2009年10月22日 08:06
  126. 人間失格が理解できないのを太宰にせいにしてる奴がいるな。"お前には"難しすぎたんだよ。
    黙って絵本でも読んでな。
    Posted by あ at 2009年10月22日 08:15
  127. 久保の表紙の事書いてるのがいたけど、アレは、
    「蜘蛛の糸」のカンタダだぞ?
    Posted by at 2009年10月22日 08:51
  128. 萌えアニメファンは非萌えアニメに文句なんかつけないのに
    非萌えアニメファンは萌えは消えろとかすっげうるさいよね
    なんなのあいつら気持ち悪い
    Posted by at 2009年10月22日 08:53
  129. 太宰アニメもあっていいとは思うけど・・・。
    アニメ化するなら三島由紀夫の『潮騒』の方があってるだろうね。
    Posted by at 2009年10月22日 09:41
  130. そもそも自分を映す装置である「人間失格」を
    三人称で描く時点で失敗が約束されてる
    葉蔵を客観視できてしまう時点で意味を成さない
    この本質に原作を知らない海外のアニメファンが気づくわけがない
    ロリも無く、マスコットも無く、ナンセンスも無い、
    そしてただのグラフィックス5/5、ストーリ1/5の作品にしか映らないだろう
    日本の名作の名作たる所以を見つけられないまま終わる
    Posted by at 2009年10月22日 09:48
  131. 外人さん達、何で1940年代なんて思っちゃったんだろうな。冒頭に昭和4年夏って出てきてるのに。
    もしやファンサブが、またもや出鱈目な訳文スーパー入れてるのか?

    ちなみに世界史にとことん弱い方向け豆知識。
    1929(昭和4年)10月24日のウォール街大暴落が世界恐慌の始まりとされています。
    Posted by at 2009年10月22日 09:58
  132. >>128
    >萌えアニメファンは非萌えアニメに文句なんかつけないのに

    いや、文句つけたり「イラネ!」と言う奴もいますけど?
    Posted by at 2009年10月22日 10:19
  133. みんなのコメ呼んでると、
    なんか見る気しないな……
     
    最終回の評判が良かったらDVD買うわ。
    Posted by at 2009年10月22日 10:20
  134. >>128みたいなのが最近すっげー増えたよね。
    人は誰しもに批判する権利があるんだけど
    それを自分から放棄することで、批判されない権利を得ることが出来ると思ってる。
    そして批判されると「俺たちは何にもしてないのに」といって被害者をし始める。
    これは相手を加害者って言いたいだけ。相手を悪者にしたいだけ。
    要するにやってることは単なる攻撃なんだよなぁ。
    Posted by at 2009年10月22日 10:26
  135. 攻撃しちゃ悪いって事はない、攻撃大いに結構。
    悪いと思うのは攻撃される側だけだし、攻撃する側には、攻撃されるような穴(落ち度に思える異常性)があるだけだろということだろう、それだけだ。
    Posted by at 2009年10月22日 11:02
  136. 最初の奴は「絶望先生」が人間失格ってより太宰のパロって事も知らないのかな?
    >>131
    ガイジンは第二次大戦以前と言うかつい最近までの日本は遅れていたと思い込んでるから
    Posted by at 2009年10月22日 11:21
  137. マンガ日本昔ばなしもついでに復活を・・・
    Posted by 。 at 2009年10月22日 12:26
  138. 監督浅香さんだったのか。
    GJだなぁ。
    Posted by at 2009年10月22日 12:46
  139. 太宰っていうとすぐ「人間失格」や「斜陽」なんかの後期の作品ばかり取り上げて暗いだとか、退廃的だとか、自己満足だとか批判されるのが太宰好きには残念なんだよなぁ

    これで海外の人にまでそういう印象ばかり先行するようになったらいやだなあ
    アニメも不必要に暗い雰囲気にしてるんじゃないのかな?太宰だからって理由で

    太宰は暗くて好きじゃないって人は是非「津軽」とか「富嶽百景」とか「駆込み訴え」とか「新ハムレット」とか読んで見てください

    どれも傑作です
    Posted by at 2009年10月22日 13:25
  140. >133
    ここのコメントでみるかみないか決めるって
    どういうことなんだろう?
    観てみれば早いじゃん
    百聞は一見に如かず
    Posted by at 2009年10月22日 13:50
  141. 太宰治自体が反吐を吐くほど嫌い。
    奴の係るものすべてが疎ましい。
    ましてや人間失格を映像化すること事態正気の沙汰ではない。
    Posted by at 2009年10月22日 14:01
  142. 一話の雰囲気だけで萌え無し最高!クール!とか言ってるアホ外人は
    このどうしようもなく救えない話を最後まで見たら180度評価変えるだろうな
    Posted by at 2009年10月22日 14:21
  143. この手のタイプが原作以上になるというのは稀だよね
    この作品に限らず初見ならばできるだけ原作から見るべきだとは思う
    Posted by   at 2009年10月22日 14:24
  144. 太宰のパンドラの箱が映画化するらしいから是非観たい
    戦後復興に希望を感じた太宰が明るい作品を幾つか書いてるが、人間失格とはまた違う良さがある
    Posted by at 2009年10月22日 14:41
  145. 生きていれば今年で100歳だった太宰の感想を聞いてみたかったな
    ぼけていなければの話だが
    Posted by at 2009年10月22日 14:50
  146. ここでも魍魎の匣がでてきてびっくりした
    あれ、理解できるのかなぁ
    日本人でもついていけない人多いのに…
    原作ファンとしては作画に不満だったけど(みんな美形すぎる)、原作に忠実でけっこう気に入っていた

    ※131
    二作目でそのへんを、ラジオのニュースで流しているよ
    Posted by at 2009年10月22日 15:54
  147. 思ってたよりも良い出来だったなあ。
    この調子で続けてもらいたい。
    Posted by at 2009年10月22日 16:19
  148. 昔から文芸作品が映像作品に
    確実に影響あたえているし、
    映画にもなっているのだから、
    アニメ化もありだろうね。

    人間失格、久々に読み返してみるかな。
    Posted by at 2009年10月22日 16:44
  149. 139に同意。
    太宰は後期の鬱作品のイメージばかりで語られるのが残念だな。
    この人の日本語能力の高さはもっと評価されて然るべき。ユーモアもあるしね。
    ちらほら「太宰嫌い」を主張する米で思い出したが、スキャンダラスなイメージのせいで読む前から毛嫌いしていた同級生女子がいたのを思い出したよ……。

    ちなみにアニメはアニメとして楽しめた。
    初めから期待してなかったのもあるけど、声を当ててる役者さんの演技が違和感なくていいね。
    Posted by at 2009年10月22日 17:04
  150. 主人公は結局自殺に成功しなかったはずだが…
    Posted by at 2009年10月22日 17:55
  151. >>145
    意外と若いんだな、うちの大伯父より年下だ。
    大伯父は101歳だから。
    今度、太宰が自殺した時の世論はどうだったか聞いてみよう。
    東京人だし少しは覚えているだろう。
    Posted by at 2009年10月22日 18:52
  152. 原作を知らない人からしたら
    少年虐待のところは気になるかもね
    原作に忠実、あれが中学生だと受ける感じも変わる
    むしろ気になるぐらい重いのが感じられるはず
    Posted by at 2009年10月22日 19:05
  153. >>152
    他人事とは思えない。かつて自分も「経験」したから。
    この本もそうだし、キングの「図書館警察」も自分のことを
    本にされてる気にさせられる。
    Posted by at 2009年10月22日 19:11
  154. 昔太宰の作品を読んで、自殺する女子学生が毎年何人か居たりしたが・・・
    Posted by at 2009年10月22日 20:13
  155. グレン編は微妙だったけどラガン編は傑作中の傑作
    エヴァ破も面白かったけど個人的にはラガン編の方が好きだな
    Posted by at 2009年10月22日 20:47
  156. 太宰の何を読んで自殺したんだ・・・?
    ちなみに高校のクラスで中途で私立に編入した子がいたけど、編入希望をした時に担任に人間失格を読めと課題を出されてた。結局読まずに編入してったけど、人間失格を読めと言われた事に酷く傷ついてたよ。担任は社会不適合者になるなよと言う教訓も兼ねて進めたんだろうけど、
    多感な年頃には危険なススメになったかもね。
    Posted by at 2009年10月22日 20:54
  157. 小説のほうがよりリアルに感じる事ができる。このアニメはあまり好きではない。
    Posted by   at 2009年10月22日 21:27
  158. 本は実用書しか読まないから、
    名作をアニメ化してくれると助かるわ。
    そうじゃなかったら一生、接点ないし。
    文学好きの人からすると不快かもしれんが。
    Posted by at 2009年10月22日 22:19
  159. 人間失格は少年から青年期に掛けて読めば面白いけど大人になった今
    あんな鬱になるものわざわざ読みたくない見たくない。
    Posted by at 2009年10月22日 22:43
  160. 人間失格読んでないから女生徒萌えのイメージしか無いっす
    Posted by at 2009年10月22日 23:11
  161. 「嫌いだ」「読まない」「見ない」というのをここでわざわざ吐露していく理由がわからないんだが。
    見なきゃいいだろ。
    「俺はこれが嫌いなんだ!見ないんだ!」と皆に主張したいのか?
    ご苦労なこって。
    Posted by at 2009年10月23日 01:16
  162. 「嫌いだ」「読まない」「見ない」というのをここでわざわざ吐露していく理由がわからないんだが。
    「俺はこれが嫌いなんだ!見ないんだ!」と皆に主張したいのか?
    ご苦労なこって。
    Posted by at 2009年10月23日 01:17
  163. YOKOが海外進出したことに驚いた
    Posted by at 2009年10月23日 03:02
  164. これは傑作の予感がする
    ただ私の頭が悪いのか、親父が獅子舞の頭?を買い与えるくだりがよく分からなかった
    あと、主人公の分身の黒い影が怖すぎるんですけど
    Posted by at 2009年10月23日 05:03
  165. >164
    父親に何が欲しいと聞かれて、何も欲しいものが浮かばなかった。父親が求める返事が出来なかったと恐怖する(正確にはちょっと違うが)。
    そして父親の機嫌をとるために、欲しくも無い「シシマイ」と書き込んだ。
    Posted by at 2009年10月23日 05:38
  166. >165
    なるほど、よく分かりました
    ありがとうございます
    Posted by at 2009年10月23日 07:30
  167. >>164
    >>165氏の部分をもっと詳しく書くと、こんな感じですかね↓
    主人公は、本当に根っから「人間の営み」というものが理解できない(という設定)。腹が減ったから飯を食うのというのがわからない。「めしを食わなければ死ぬ」というのも迷信としか思えない。鉄道にかる陸橋が、線路の向こう側に渡る実用品だとわからず、珍しいアトラクションだと勘違いして気に入ってたりする。そして自分が人間を理解できないことに、非常な恐怖を抱いている。
    肉親のどうでもよいようなお小言でも【自分には青天の霹靂の如く感ぜられ、狂うみたいになり、口応えどころか(中略)人間の"真理"とかいうものに違いない。自分には真理を行う力がないのだから、もはや人間と一緒に住めないのでは】と考えたりする。そして道化を演じることでなんとか人間社会につながろうとする。
    そんな中で、父から土産に何が欲しいかと訊かれ、何も欲しいものがない。父はお獅子で子供を喜ばせようとしていると感じるが、とっさにいいリアクションができず、父はわずかに不快そうな顔をする。そしてそのことに極度におびえ(これは父が怒ると怖いとかではなく、得体の知らない「人間社会」に対する適切な対処に失敗した、という感じかな)「恐るべき復讐」を避けるため、わざらしく父の手帳に「シシマイ」と書く。
    【この自分の非常の手段は、果たして思い通りの大成功をもって報いられました】
    父は主人公の「子供らしさ」をみて大満足し、その様子に聞き耳を立てて胸をなで下ろす。

    原作を読んでいないと「怖い父親だったから迎合した」みたいに感じちゃいますよね。
    Posted by at 2009年10月23日 09:10
  168. こころで鬱にはならんだろ
    師弟愛の物語だし
    Posted by at 2009年10月23日 10:12
  169. こころが師弟愛の物語?!
    Posted by at 2009年10月23日 11:00
  170. 性的虐待は下男からだろ、もしくは男女両方。
    女からっていうとえぐさが削がれる。
    男にショタがって言うのが救いの無さなんじゃ。
    Posted by at 2009年10月23日 11:18
  171. 原作に張作霖爆殺の話なんか出てきたっけか?
    Posted by at 2009年10月23日 11:28
  172. >171
    時代背景をわかりやすくするための配慮だろ
    Posted by at 2009年10月23日 16:49
  173. 戦う司書の海外反応も知りたいな。
    個人的に今期で一番。
    Posted by at 2009年10月23日 17:14
  174. 文芸モノか・・・
    「時をかける少女」なんてアニメに向いてると
    思うんだが
    Posted by at 2009年10月23日 17:46
  175. >167
    長文レスありがとう
    あの主人公の精神構造をここまで克明に描写したあなたに少し驚きました。
    大変分かりやすい説明ですね
    アニメでは難解な演出とあいまって、原作未読者には理解しにくいというか・・
    とにかく、これからは私も気合を入れて観るつもりです
    Posted by at 2009年10月23日 21:13
  176. >久保の表紙の事書いてるのがいたけど、アレは、「蜘蛛の糸」のカンタダだぞ?
    そうなんですか。表紙には「地獄変」とあったから誰を描いたんだ?と思ったんですが。
    それ以前に地獄変だけではなく短編集だろうとは思ったんですが、やはり表題作は「地獄変」だったので。
    Posted by at 2009年10月23日 23:06
  177. 太宰治は『晩年』がいちばん輝いていて面白いと思う。『人間失格』あたりは過去を薄めた残骸のようなもの。当時の文壇は日記みたいな随筆のたぐいしか小説と認めようとしなかった。架空の物語や創作色の強い小説は「つくりもの」だと否定された。『人間失格』はいわば、当時の読者の嗜好に合わせた妥協の産物でしかない。
    Posted by at 2009年10月24日 00:37
  178. とりあえず太宰は妥協の作品を最期に遺すような作家ではありませんね。

    とりあえず人間失格は好きで何度も読んでるけど、
    アニメも今のところ楽しんで見てます。

    いずれにせよアニメで描けることには限界があるなんてわかりきってるし、
    わからない人間は小説読んだってわからないんだから、
    むしろ試みとあくまでアニメとしての質を評価すべきですよ♪
    Posted by at 2009年10月24日 01:35
  179. 最近は萌えアニメばっかりでうんざりだからこういうのが増えて欲しいって言ってるのがなんかなぁ・・

    「最近は萌えアニメばっかり」なんて事はない
    「増えて欲しい」って言うまでもなくちゃんとやってる
    だからちゃんと見てくれよ

    それともこういうのは輸入されないのか?
    萌えアニメばかり輸入してるからアニメ全部萌えに見えてるってんならてめーらのがHentaiだ
    Posted by at 2009年10月24日 03:43
  180. >>177
    自分も太宰の処女出版である『晩年』が一番好きでした。とりわけその中の『道化の華』は繰り返し繰り返し読みました。太宰も、
    "『晩年』一冊、繰り返し手垢で黒光りするくらい読んでくれたなら…ああ、私は幸福だ"みたいなことを書いていて、遺書のつもりで書いたようなことも言っていますし(だから若い時に出した処女出版のくせに『晩年』なんていう題がつけられいます)。
    上の方で「『人間失格』のような後期の鬱作品で太宰をイメージして欲しくない」という方も散見されますが、『晩年』の中の「道化の華」がすでに今回のアニメ第一話の心中と道化について書かれた作品で、作家としての太宰のエッセンスがつまった作品だともいえます。
    むろん、新しい奥さんをもらい、経済的にも安定した中で書き上げられた作品も素晴らしく名作も多いので、結局は一通り読んで欲しいなあと思いますがw
    上で誰かも書かれていますが、太宰の作品はもう著作権が切れているので、青空文庫というサイトで無料で読む・ダウンロードすることができます。↓『人間失格』
    ttp://www.aozora.gr.jp/cards/000035/card301.html
    冒頭の(文庫本でいう)20ページ分だけでも読めば、主人公の特殊な人格がわかり、アニメも観やすくなるかも知れません(アニメで分からない部分を原作で補うのは邪道かもとも思いますが)。
    Posted by at 2009年10月24日 04:07
  181. 「堀木とともに反社会的な運動に参加しており」
    http://www.ntv.co.jp/bungaku/chara/ningen.html

    集英社のキャラ解説だけど、なんだかなあ。
    原典を確認したら「マルクス主義」「マルキシズム」だけど、最近どういうわけか禁句になってるよなあ。
    反政府と反社会は違うだろうに。
    Posted by at 2009年10月24日 06:17
  182. 放送予定の「蜘蛛の糸」って短すぎない?一話完結?
    カンダタの生前の悪行シーンとか地獄で責められるシーンとかを付け加えるのかな。

    個人的に楽しみなのは「地獄変」
    クリエイターの業みたいなのを、どう料理するのか見届けたい。
    Posted by at 2009年10月24日 06:24
  183. 放送予定の「蜘蛛の糸」って短すぎない?一話完結?
    カンダタの生前の悪行シーンとか地獄で責められるシーンとかを付け加えるのかな。

    個人的に楽しみなのは「地獄変」
    クリエイターの業みたいなのを、どう料理するのか見届けたい。
    Posted by   at 2009年10月24日 06:25
  184. >23
    よくよく考えたらこいつら全員著作権ガン無視だよな

    外国の会社で、アニメを翻訳して日本で放映された一時間後に外国向けに放映する会社があるみたいですよ。
    結構、そこで見てる人が増えて不正する人が結構減ったらしいです。
    利用料金もかなりリーズナブルだった。
    勿論、その会社は不正無し!

    夏休みにプリントに載っている文学小説を読んでこいと言われ、適当に選んで読んだら、
    女性の同性愛の話が出てくるものだった・・・正直、自分には早すぎた。





    Posted by 文学小説・・・ at 2009年10月24日 12:14
  185. >176
    まあ、それは文庫版のタイトル付けた編集部が悪い。
    実は、その前の同じ構成の本のタイトルが
    「地獄変・蜘蛛の糸」なんだよね。
    あれだと、短編集だということも分からないし。
    Posted by at 2009年10月24日 12:38
  186. >>181
    あーそういえば別のアニメでも「共産主義者」って台詞が差し替えになってたな。
    「共産主義」とか「マルキシズム」の類をNGワードにするのはいったいどういう方面への配慮なんだろう。
    なんかの差別とかになるのか?
    Posted by at 2009年10月24日 18:07
  187. 太宰嫌いって言う人いるけど、むしろ嫌いになるほどちゃんと文壇の作品読んでることに尊敬するわ
    自分はアニメじゃなかったら興味なかっただろうし
    Posted by at 2009年10月24日 20:27
  188. テレビ埼玉とか、ブラスレイターで「移民」にピー音をかぶせていたぞ。
    「言葉狩りここに極まれり」と思ったが、現在進行中だったか…
    Posted by at 2009年10月25日 11:24
  189. NHKの「こだわり人物伝」(水)、今月は太宰治(全4回)だったなあ。ラストの回(本放送)は10月28日。
    Posted by てれつき at 2009年10月25日 11:50
  190. あのシーンがパソに入ってることがバレたら国によっては刑務所。
    Posted by てれつき at 2009年10月25日 11:53
  191. 最近、太宰関係の奴のメディア化や露出がやたら多いけど、何かの記念年なの?
    Posted by   at 2009年10月25日 13:03
  192. じつは太宰治は今年生誕100年。
    Posted by テレスドン at 2009年10月25日 15:07
  193. >>186
    一応放送禁止用語リストには載って無いけど、なんか怪しいね。
    放送禁止用語のおそろしいところは、禁止であること自体を語るのがタブーなことだし。
    http://monoroch.net/gallery/kinshi/index.html
    ひそかに追加されてても不思議ではない。

    なんかアレだよね。作られた「蟹工船」ブームとかと同じで非常にきな臭いよね。
    Posted by 181 at 2009年10月25日 17:39
  194. なんか小畑原作と勘違いしてる外人がかなりいないか?
    Posted by at 2009年10月26日 13:36
  195. >>194
    ディズニーのアニメは見たが
    それに原作があるとは知らなかったという感じだな
    Posted by at 2009年10月26日 17:57
  196. この調子でラノベ系じゃなく硬派なノベルをもっとアニメ化して欲しいな。
    無駄な萌え媚要素は無しで
    Posted by at 2009年10月26日 19:37
  197. >外国の会社で、アニメを翻訳して日本で放映された一時間後に外国向けに放映する会社があるみたいですよ。
    クランチロールのことなら銀魂などの有名どころのみのはずだから青い文学は違法視聴だと思いますよ
    Posted by at 2009年10月27日 00:01
  198. >萌えやツンデレ、ロリ、人外なマスコットキャラ、ナンセンスギャグといった
    アニメのお約束を一切排除し
    これの監督が過去に大量の萌えオタを生み出したCCさくらの浅香守生ってのが皮肉だな。
    Posted by at 2009年10月27日 02:18
  199. 今最終回(第4話)終わった。

    何度も原作読んできた人間失格だけど
    アニメでも充分重すぎた、きつい…

    原作ファンとしてはかなり秀作だったと思うけど、
    アニメとしてこれは正直どうなんだろう。
    普通にアニメ好きなだけの連中がこれ見たら原作に興味もつどころかひくとおもう
    Posted by at 2009年11月01日 02:04
  200. 僕も最終話を見終ったとこですがやはりあの救いの無さが辛かったです。
    原作は好きで何度か読んでるのでもちろん判ってた事ですけど。
    個人的には原作ラスト付近の「老女中に数度へんな犯され方をして」と
    「いまは自分には、幸福も不幸もありません。ただ、一さいは過ぎていきます。」
    「自分はことし、二十七になります。白髪がめっきりふえたので、たいていの人から、四十以上に見られます。」を
    モノローグに入れて欲しかった。とても強く印象に残ってる部分だったのでアニメで見てみたかった。
    Posted by at 2009年11月01日 17:39
  201. 女中にヘンなこと教えられたってのは幸運だったとしか思えないw
    原作の男の使用人から、は一発トラウマ・・
    Posted by at 2009年11月02日 01:19
  202. そういやデスノートのアニメで「人間失格」からの引用があったよね。

    Lが「おばけが怖い」って、暗に後の月との闘いに敗れる事を暗示しているシーン。

    マッドハウスは小畑が表紙やったから「人間失格」読んでたんだろうね
    Posted by at 2009年11月06日 15:48
  203. 走れメロスの感想が見たい・・・
    Posted by at 2009年12月06日 22:25
  204. 確かに、走れメロスはこちらでは大好評だったから、向こうの反応は見てみたいな
    Posted by at 2009年12月18日 09:06
  205. 韓国や海外の作画が主になってるなんてのはにわかアニオタの大嘘。
    ほとんとが日本人の補佐的なことしかやってないし、その補佐の物量が多いだけで
    1話の大事なところなんて触らせるわけねーよ。
    Posted by   at 2009年12月30日 20:04
  206. 堺さんに合う役柄だね。
    上手だし。
    前も何か声優してなかったっけ?
    Posted by at 2010年04月16日 12:34
  207. 映画「人間失格」も堺さんが演じればよかったのに
    原作ファンの自分としては、イメージにすごくピッタリくる俳優なんだけどなぁ
    その分、アニメで声優に起用した人は本当にGJ

    甲賀忍法帖もアニメは最高だったのに、映画で散々だったな…
    邦画にはトラウマしかないや
    Posted by   at 2010年04月30日 20:44
  208. 青い文学シリーズは走れメロスが最高傑作だったな。
    誰もが知ってる話だというのを逆手に取っていい演出をしてた。
    劇中劇ってのは考えたもんだ。そのお陰で境の演技もちゃんとハマってたし。
    Posted by at 2010年06月25日 07:41
  209. 太宰治は戦中から戦後にかけて、統制されて失いかけた日本文学を強じんな精神力で確かにつなぎ止めた人ですよ。あの太宰嫌いだった志賀直哉も、太宰の死後、世界における日本代表を一人選ぶなら太宰治しかいないと言ってますしね。
    Posted by at 2010年07月29日 21:43
  210. コスプレ衣装、ウィッグ、アイテムの専門店で、既成服種類の多さと安さは自慢です。
    アニコス衣装以外に、製服コス衣装、イベント衣装、またパニエ、ソックス、天使の羽根など付属品も揃います。
    コスプレヤ−活動、演出、イベントなどを応援します。
    大量注文、また、ご提供のサイズに合わせてセミオーダーを承ります。
    ご提供の写真などに基づいてオリジナル衣装のオーダーメイドをご相談承ります。
    ご質問、お問合わせ、ご感想投稿などは、次のメールアドレスへお願いします。
    E-mail:nrk36467@nifty.com
    ホンページ:
    http://www.bidders.co.jp/user/16630088

    Posted by balsam at 2012年07月03日 10:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
雑記ですから

08/03/22

ブログの参考にしてる面白い本ランキング。

1位
オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史
外人さんがアニメを中心とした日本のオタク文化を本にしたものは珍しくなく なってきましたが、その中でもこの本はダントツで理屈抜きに面白い。 何が良いって、著者のパトリック・マシアスが、アメリカで育った本物の ギークだって事に尽きる。子供の頃から、ゴジラやウルトラマンなどの特撮や バトル・オブ・プラネット(ガッチャマン)やスター・ブレーザーズ(宇宙戦艦 ヤマト)に夢中になり、アメリカのTV会社のいい加減さに翻弄されながらも、 オタクであり続けた記録が、微笑ましいやら楽しいやらで最高です。 内容にちょっと触れると、黒人やヒスパニックの危ないお兄さん達がドラゴン ボールのアニメTシャツを着てたりとか、リン・ミンメイにアメリカの少年たちが 「デカルチャー」しちゃったり、ガッチャマンのパンチラシーンで性に目覚め ちゃったり、ガンダムWでアメリカの十代の少女たちがヤオイに走ったりとか、 もう興味がない人にはどうでもいい話ばかりなんですが、ファンには溜まらない ネタのオンパレードで一気に最後まで読ませる魅力がある、というか魅力が溢れ まくってます。
自分が知る限り、彼以外のオタク本を書いてる外人さんは、アニメを楽しんでると いうよりも評論しているので、どうも上から目線の様に感じてしまいます。 スーザン・ネイピアさんの本を読んだ時も、そんな印象を受けましたよ。 日本を良く研究されていて、あ〜そういう考え方もあるのかあと、感心する一方、 彼女には、アニメに対しての答えが既に出ていて、その持論を補強するためのアニメ だけを例に挙げるので、ちょっとそれは違うんじゃないかと反発したくなる。 翻ってマシアスは、アニメを見る目線が自分とほぼ同じなので、共感できるんですよ。 ただ単純にアニメや漫画を楽しんで感じたままを書き連ねてる。学術的には価値が無い のかもしれませんが、自分にとっては凄く価値のある本だったりします。

2位
「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)
「ニッポン社会」入門 英国人記者の抱腹レポート (生活人新書)
図書館で借り直してまた読んでみた。
やっぱり面白い。
地球の裏側にある全くの異文化で育った人の感想や考え方って、日本人には 想像できないような意外性があるし、普段は気にもしなかった事を指摘されると あ〜確かにそうだなと思わず納得させられる。 この作者のコリン・ジョイス氏のように10年以上日本で暮らし日本語がペラペラ になったイギリス人が、日本語の巧みな言い回しや表現・ユーモアに感心し楽しん でいると書いているのを読むと、単純に嬉しいし興味深い。 コリンさんは「猿も木から落ちる」という諺がかなり気に入った模様。 英語での「Nobody is perfect」なんて足元にも及ばないと言ってます。 この方は、ニューズウィーク日本版の記者を経て今はイギリスの高級日刊氏 テレグラフの東京特派員をしてるのですが、日本で「全米が泣いた」というフレーズ が流行った時は、それを記事にして送ろうとしたほど気に入ったそうです。 残念ながら、他の記者に先を越されてしまったようですが、まさか「全米が泣いた」 が既にイギリスで紹介されてるとは意外というか、そんな重要性が低い記事も 書いてるのかとちょっとビックリ。
他にも、プールに日本社会の縮図を見ちゃったり、美味しいけど味がどれも変わらない日本のビールにガッカリしたり、イギリスは紳士の国と言われて驚いたりと色々な面白エピソードが満載でした。 この面白さの半分でも見習いたんもんです。^^;

3位
中国動漫新人類 (NB online books)
中国動漫新人類 (NB online books)
目からウロコが落ちました。ボロボロって。 この本の趣旨の一つに「反日で暴れる中国人がどうして日本のアニメや漫画を楽し んでいるのか?」を考察するというものがあるんですが、正に自分が常々知りたいと 思っていた事なので、本当に楽しんで読めました。 著者は中国で生まれた日本人であり、大学で中国からの留学生を教えていたりもして るので、彼らの生の声を通訳など通さずにそのまま文章にされている所が魅力です。 スラムダンクが中国でもの凄いバスケブームを起こしたり、大人気のクレヨンしん ちゃんをパクッた中国アニメが中国人の小さな子供にも馬鹿にされてたりとかも 面白いネタだったんでが、コスプレイベントが中国の国家事業として企画されている という事実にビックリ。もちろん、何で反日教育をしてる中国政府が、日本アニメ 大好きの若者が日本のアニメキャラに扮するコスプレを自ら開催するのかという理由 も、著者なりに一つの解を示してくれています。他にもアメリカで起きた反日運動の 裏側など、アニメ以外の話題にも触れており読みごたえ十分な内容でした。 管理人同様、今の中国はどうなってんの?と思ってる人は是非読んでみて下さい。

4位
世界の日本人ジョーク集
世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)
内容はタイトルのまんまで、世界中の日本人を扱ったジョークを集めて紹介しながら 著者の海外経験を通して海外の人が持つ日本人の印象や実態とは少し違う固定観念などを面白おかしく、時には真面目に語ってくれます。 著者はルーマニアに2年間在住しており、その時に「キネーズ(中国人)!」とほぼ 毎日声をかけられたそうです。親しくなったルーマニアの友人に、何故東洋人を見かけ ると中国人だと言うのかと聞くと、「あの豊かで優秀な日本人がこんなルーマニアなん かに来るわけがない。中国人に違いない。って思うんだよ。距離感が違いすぎるんだ。 日本はずっと上過ぎてね。」と言われたとか。リップサービスを差し引くとしても 他のルーマニア人にも同様の意見が多かったと述べてます。 何か読んでてこそばゆくなってきますが、こんなのもあります。 アメリカが日本人を動物に例えると何かというアンケートが実施されて、一番多かった 答えが「FOX(狐)」だったとか。どうやら「ずるい、ずる賢い」という意味だそうですが、狡猾・卑怯者ぐらいに思ってるのかもしれませんね。 真珠湾から安保のただ乗り(と向こうは思ってる)、湾岸戦争でのお金のみの貢献に 日米貿易摩擦あたりでこういう印象になってるそうです。 とまあ、こんな風にちょっと顔をしかめたくなるようネタも載ってます。
全体的には面白い内容のネタが多いし、巻末の辺りでは世界中で愛されるアニメや 漫画のジョークもあったりするので、ここの読者さんならかなり楽しめると思います。 この本が話題になった頃は、よく2ちゃんねるでもこの本に載ってるジョークがコピペ されてたので、あーこれがネタ元かあと膝を打つ人もいるでしょう。 単純な面白さで言うと前回紹介した「ニッポン社会」入門―英国人記者の抱腹レポート よりも上だと思う。まあジョーク集だから当たり前なんだけど。^^;

5位
萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか
萌えるアメリカ 米国人はいかにしてMANGAを読むようになったか
今やアメリカのMANGA出版社で1人勝ち状態になりつつある、VIZの創設メンバーである堀淵 清治氏が、アメリカでの漫画出版における艱難辛苦を当時を振り返りながら語っています。ご存知の様にVIZは小学館と集英社の共同出資による日本の会社です。だから自分はてっきりこの堀淵 清治氏も小学館か集英社の人だと思っていたんですが、さにあらず。 VIZを立ち上げる前は、アメリカに住んでるただの漫画好きなヒッピーだったようです。 VIZの立ち上げ直後はアメコミの会社エクリプスと組んでその販路を活用するも、アメコミの流通経路や販売方法に限界を感じ、尚且つVIZ単独での漫画出版の野望の為にエクリプスと袂を分かつ。その時の葛藤や苦労、その後のもう駄目かいう苦境にある女性漫画家の作品に救われたりと VIZの成長物語がとても楽しく読める。 アメリカにおける漫画黎明期をその直中にいた生き証人とも言うべき人の回顧録。 興味がある方は是非。

6位
私の部下はイギリス人―アングロサクソンが世界を牛耳っているわけ
私の部下はイギリス人―アングロサクソンが世界を牛耳っているわけ
これは面白かったというよりも先に、はあぁ〜とため息が出た。 ある程度分かっていたとはいえ、現地で何十年も働いた人から人種差別の実情を 語られると重みが違う。ほんと彼らは有色人種を差別することが骨の髄まで染み 付いてるというか、遺伝子に書き込まれてるんじゃないかって感じですよ。 しかし、その差別も年代によって少し様子が違うという所にイギリスの歴史が 垣間見えて興味深かったです。 著者はある日本の電気メーカーの現地法人社長をされてたのですが、イギリス人 社員のくせもの振りに随分と辛酸をなめさせられたようです。日本人の常識から すると、キチ○イ認定されそうな人が普通にゴロゴロいるってのが凄いですよ。 性善説で動くと悉く失敗し、自らのお人よしぶりを痛感させられたとありますから。 ほんと改めてイギリス人てこんな人間なのか、イギリスってこんな国なのかと 驚かされました。テレビなどで英国に良いイメージしか持ってない人にはかなり ショックな内容かしれません。 本筋の現地オフィス関連の苦労話は文句なしに面白かったですが、少し話しが それる部分はちょっと退屈だったかも。
とにかく良い意味でも悪い意味でも心に残るネタが多かったです。 ビジネス書ではなくエッセイなので、そういう問題に対処する方法が詳細に書いて ある訳ではないですが、英国の負の部分を実体験に基づいて書かれた本は意外と 少ないと思うので、是非一読してみて下さい。

7位
僕、トーキョーの味方です アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由
僕、トーキョーの味方です アメリカ人哲学者が日本に魅せられる理由
これで4回ぐらい読んだと思うけど、いつも読後に妙な気分になる。 面白かったーと喜んだり、何じゃこれと失望したりという激しい感情じゃなくて、 慣れ親しんだ東京の話のはずなのに、何か知らない別の街を題材にしたおとぎ話を 聞かされたような、まったりした感じ。 きっとこれが、哲学者だという著者のマイケル・ブロンコが書く文章の力だね。 普通の外人さんと違い、異文化に驚くだけで終わらず、そこに哲学者らしい解釈を ちょぴり詩的に加えてるのが印象的だった。 大袈裟に褒める訳でもなく、手厳しく批判するでもなく、彼独特の言い回しで東京 の一部を切り取ったエッセイの集合を、退屈と感じる人もいるかもしれないけど、 自分にとっては、味わった事のない感慨を与えくれる貴重な本です。 ま、そんな曖昧な紹介はこの辺にして内容に少し触れると、著者は宅配便の便利さ にいたく感銘した模様。ほとんど奇跡だとまで言ってます。^^ 日本人にしたら当たり前の事だけど海外では違うんですかね? 面白かったのは、やっぱりTシャツのなんちゃって英語は最初凄く気になったみたい ですよ。女性が胸の位置に「ロッキー山脈」とか「天国の門」とかプリントされた Tシャツを着てると思わず視線が胸に吸い込まれると言ってます。^^ まあこれは定番ネタですね。でも彼の場合は、呆れるだけで終わらずそこで哲学 しているのが売りです。

8位
クール・ジャパン 世界が買いたがる日本
クール・ジャパン 世界が買いたがる日本
これはもうタイトル勝ちというか、日本人なら思わず手に取りたくなるでしょ。^^ でも、ちゃんと中身も充実してますから問題無しです。 2年ほど前の本なので、内容に新鮮味は欠けてますが、ホンダが二足歩行ロボットを 創る際、法王に神への冒涜にならないかお伺いをたてに行き、それもまた神の御心に かなうとお墨付きを頂いたとか、フランスで日本色丸出しのアニメめぞん一刻が 大人気だったというのを読むと、理屈ぬきに楽しくて堪らないのですよ。 著者はデジタルハリウッドの学長さんだったりするので、そういう世界に広がる オタク文化をビジネスや産業と絡めて解説されてもいます。

9位
シュリーマン旅行記 清国・日本
シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))
トロイの木馬で今日でのも有名なトロイアの遺跡を発見したシュリーマンはみなさんご存知でしょう。 しかし、彼が日本へ来ていたことを知る人は意外と少ないようです。もちろん自分も知りませんでした。^^  タイトルからも分るように、この本の1/3は清国(万里の長城や上海など)に割いてます。 しかし、残りの全てがあのシュリーマンが書いた日本見聞録。それだけでもう必読ものでしょ。 amazon顧客リビューのずらっと並んだ高評価ぶりを見て頂ければ自分が言う事は何も無いです。

10位
誰も書かなかったイラク自衛隊の真実―人道復興支援2年半の軌跡
誰も書かなかったイラク自衛隊の真実―人道復興支援2年半の軌跡
amazon内容紹介 : イラクと日本で何があったのか!最も危険をともなう撤収は、いかに行われたか?なぜ、一人の殉職者も出さずにすんだのか?10次、5500人にわたる自衛隊史上最大の任務―その人間ドラマと緊迫のドキュメント。
当時のマスコミ報道は本当に酷かった。今でも大して変わらないですけどね。^^ だから、自衛隊の活動は実際の所はどうだったの?という方には是非読んで貰いたい。